« 余は如何にして浦和支持者(さぽーたー)となりしか その1 | トップページ | 腹減った~! »

余は如何にして浦和支持者(さぽーたー)となりしか その2

 続きます。

 さて、確かヴェルディ川崎対横浜マリノス(今となっては、どっちも当時の名前、だな。)から遅れること1日。
 ガンバ大阪との開幕戦は1-0で、負け。しかし全然サッカーの試合を、見るなどと言う概念のない私でも、「ひっでーへたくそな試合」というしかありませんでした。

 しかも、本当の苦難はここからでした。

 激烈に、弱い。
※93年のサントリーシリーズ(ファースト)18戦やって勝ちが3。しかもアウェー勝ちがない。
 そのユニフォームは、今考えても「あるまじき」デザインだったから仕方がないが・・・・。
(フィールドプレイヤーが、青基調と、名がレッズとは思えない、なに考えとるんじゃデザイン。)
※確か、DFが武田とラモスのヘディングにもてあそばれた。
※珍しくも、鹿島に先制したら、喜んでる間に追いつかれた。
※連れてきた助っ人選手が、ほとんど全部使い物にならなかった・・・・。
(モラレス&フェレイラに始まって・・・・)
※93・94の順位は、10・10・12・11位(つまり、最下位)

 ブロードキャスター(TBS)で、それでもサポートする浦和市で、当時マクドナルドで、浦和勝利後コカコーラを10円で売る(当時は、どっちもヴェルディのスポンサー。)ネタをやって、「儲かってしょうがないんじゃないの」という某福留氏のコメントもありました。

 応援拒否も、相手チームの応援までも始める、ファナティックなサポーターも、結構新聞や雑誌のエサになりましたね。「狂信者」と言われるのは毎度のことでしたし。最近、新潟のサポーターの皆様に「PRIDE OF URAWA」の大合唱をして、「何かの新興宗教か?」とまで思わせた、というのを、掲示板で見て懐かしくも思ったりして。

(ただ、新潟の運営方針が、浦和のここに勝る、というのは、ファミリー層の獲得。(コアサポからは、ニワカ、といわれ叩かれる対象ではありますが・・ただ、今後は裾野の広がりも欲しいですし。)
 個人的意見だけど、埼スタのSBかSC指定席で、ファミリー席として子供連れ優遇措置があったほうが良いかな。Aのゴール裏には子供料金設定はあるけど、あそこは「観戦」ではなくて「戦闘」のためにある訳で。子連れで「観戦」する環境がないのは、どうかなぁ、と。)

 で、私は?「こんなどーしょもねーチーム、サポートしてやらないで、どうする?西武ライオンズ?あれは、ほっといても勝つし、向いてる方向は東京。噂じゃ、お台場に新球場作って逃げる、とまで言われてるし。」

 そして、ボロ負けの94年セカンドシーズン。ここで浦和の歴史に1つめの「紀元」が付けられることになりました。

|

« 余は如何にして浦和支持者(さぽーたー)となりしか その1 | トップページ | 腹減った~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/889613

この記事へのトラックバック一覧です: 余は如何にして浦和支持者(さぽーたー)となりしか その2:

« 余は如何にして浦和支持者(さぽーたー)となりしか その1 | トップページ | 腹減った~! »