« だれもねてはならぬ(Nessun dorma) | トップページ | 始・この旅が終わると次の私が始まる。 »

世界のトヨタへようこそ 続報

6/12(土)対浦和レッズ戦での『横断幕問題』の措置について

その内容はゲームに関係のない事項で、対戦チーム側を揶揄するものでした。上記のサポーター精神からみて、対戦チーム側を無用に中傷した「アンフェア」で、他人の心の痛みへの配慮のない「モラルに欠けた」行為であり、許しがたい行為と判断します。この「アンフェアなモラルに欠けた行為」により、多くの方々に不快感を与え、ご迷惑をおかけしたことはクラブとしても残念でなりません。また、横断幕がサポーター席の中央で掲出されたことは、サポーターの総意と間違って受け取られ、グランパスサポーター全体のイメージを傷つけたと言う面でも問題と考えます

 厳格な措置に感謝致します(棒読み)。

(本音:なんだこれ?要は名古屋が不快感を与える横断幕を出したことが、格好悪いので、お詫びする、というわけか。別にレッズやサポ、そしてなによりも、この事件で困っている関係者(三菱自動車をマジメに作った人々も、トラブルを秘匿されたことで、被害にあった人々も。経営者のタコさかげんは批判されるべきではあるが。)に対してお詫びする、という趣旨ではないわけか。この際、新潟サポならずとも「この街、味噌く(ry)」とでもやっておくか?) 

|

« だれもねてはならぬ(Nessun dorma) | トップページ | 始・この旅が終わると次の私が始まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/925759

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のトヨタへようこそ 続報:

« だれもねてはならぬ(Nessun dorma) | トップページ | 始・この旅が終わると次の私が始まる。 »