« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

アテネ五輪名言集・ラスト

金、繰り上げの室伏選手

 アテネ五輪が終わってしまった・・これでやっと寝られるな・・・。

 さて。競技以外で追っかけたのが「名言集」
でした。
北島選手の 「気持ちいいっ!!超、キモチいい・・」、
刈谷アナの 「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ!・・・・・(大歓声)・・・・・勝った!・・・日本・・勝ちました!!」
山本先生の 「20年かけて銀だったんで、もう20年かけて金を狙います」
(しかし、福原選手に言わせると、お酒大好きのおじさん・・あ。そういえば教え子と同じくらいか。)
浜口選手の「金メダル以上のものを経験させていただきました」(父親の「気合いだー!」も捨てがたいが・・)
福原選手の「(??)!!」(??)内は聞き取り不能。ターとサーとヤーのどれかが微妙な割合で混ざってる、はず。

 これが、今回の名言?て事になりましょうが、最後にこれ・・。

「真実の母オリンピアよ。
あなたの子供たちが競技で勝利を勝ち得た時、
永遠の栄誉(黄金)を与えよ。
それを証明できるのは真実の母オリンピア。

古代詩人ピンダロス」

室伏広治が金メダル緊急会見の際に用意した、メダル裏面に刻印されている詩、だそうです。

 不正(ドーピング)をやっても、お天道様はお見通しだ、というメッセージをこの詩を使って告げたかったのか。

 戦争中で、試合できないと棄権した選手もいましたし、正直でかくなりすぎた故の弊害が見事にあるけど・・それでも、オリンピックの可能性を信じる私は、オメデタイヤツなのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ネネ、来襲!

浦和レッズ/試合結果
 

ネネは「サポーターが素晴らしい。浦和の選手は一人ひとり個人技がある。これからしっかりトレーニングしていきたい」と、9月4日のナビスコ杯からの出場を目指していく。

 来るのか?契約はどーなった??
 ・・どうやら、ビットーリアからの「移籍」ではなく、ビットーリア「契約解除」のうえ浦和「新規契約」という扱いで、移籍期間条項をクリアさせるとか。

 しかし、この写真・・「坪井が派手に日焼けしていないか?」な風貌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷部、神がかる。

2ndステージ 第3節 
浦和 vs 磐田
  3 - 2
15' エメルソン (浦和)
30' 山田 暢久 (浦和)
44' 前田 遼一 (磐田)
81' 西 紀寛 (磐田)
89' 長谷部 誠 (浦和)

 長谷部ー!!すっげー心臓に悪いよー。89とはなってるけど、これ、ロスタイム4分の30秒前・・。決まって良かったよ・・。これで3連勝首位キープ!

 もっと愉快だったのは2点目のキャプテンのゴール・・・・なのか?

続きを読む "長谷部、神がかる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこのこーのこげんきのこ

 鉄子、なる言葉があろうとは。
 電車に乗るのがひたすら好きな女性、という、定義なのですが、正直あまり聴いたことがありません。

鉄子と駅男 関東版―電車でひゅるるん無人駅
すずき さちこ

おすすめ平均
のんびりいきましょう!

Amazonで詳しく見る4844357573

 あの「ホクト」のキノコの絵の人は、実は「鉄子」だったのですねー。結構電車のイラストもよく見ていて、重大な間違いはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手団513人で確定

Yahoo!スポーツף??ポーツナビ アテネオリンピック特集 - ニュース

 どういうこと?とおもったら、上のタイトルバナーにもろに関係がありました。

近代五種で斎藤の繰り上げ出場ならず=日本選手団513人で確定〔五輪〕
 【アテネ25日時事】アテネ五輪の近代五種で男子の補欠になっていた斎藤英之(警視庁)の繰り上げ出場がなくなったことが、25日までに決まった。国際近代五種連合(UIPM)が24日の監督会議で、出場権を持つ32選手を変更しないことを確認し、同日夜にスタートリストが発表された。バルセロナ五輪以来3大会ぶりの日本選手出場はならなかった。
 これにより、アテネ五輪の日本選手団は513人(選手312、役員201)で確定した。

 要は、補欠枠で行っていたけれども、ついに枠は空かなかった、ということらしいです。家にはBSないから観るも撮るも出来ないけど、これでダイジェストも観られないかぁ・・・・。ちょっと無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和美園大花火大会

 花火師は、エメと永井雄一郎と、山瀬功治。アシストは、山田暢久キャプテンと、エメルソンでお送りしました。

 浦和 (2勝0敗) 7-0 東京V(1勝1敗)
前11分 エメルソン    前26分 三浦
前14分 永井       前42分 平本
前21分 永井
後19分 永井
後24分 山瀬
後28分 山瀬
後38分 山瀬

 全く・・三浦のゴールは、あのフリーキックはどうしょうも無いけど、2点目は・・守備の綻びを見透かされたわけで、猛省対象。
(もっと言えば。三浦のフリーキックを与えたファールも不用意。)

 今日のキモは、開始早々の永井のドリブル突破→あれ?ヴェルディの守備がおかしいぞ?・・あとは、もうエメは走る走る、永井のドリブルはキレキレ(2点目がヘディングって?)、キャプテンの放つ球は、まさに「どうぞ決めてくださいね」状態。山瀬も、相性の良さはあるとはいえ、ここまでカモにするとは。気がついたら、永井と山瀬のダブルハットトリック。

 あれ?森本は出ていたの?

 ついに永井の眦(まなじり)が上がったか?簡単にはスタメンは明け渡さない、という決意表明とみて、よろしいか?キャプテンと永井が、ふたたび青いユニに袖を通す日が来るのか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

五輪与太話

1:ピーター・ファンデンホーヘンバント・Pieter van den Hoogenband 水泳の選手だというのは、百も承知。でもこの名前で思いついたのが、体操。

 もし、ファンデンホーヘンバントばりの長い名前の体操選手がいて、しかも技に名前を残していたとしたら・・(コバチとか、モリスエとか、トカチェフとか)
「伸身のコバチから、ふぁんでんほーへんばんと!」・・・・しゃべってる間に次の技が出てるな。

2:名言集
 北島康介選手の「気持ちいい!超、きもちいいっ!!」。NHKの刈屋アナの 「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」。アーチェリーの山本選手「20年かけて銀だったので、もう20年かけて金(メダル)狙います」。
 今のところは、このあたりでしょうか。

 迷言ならば、前回の男子サッカー予選の船越アナのこれ(注記:音でます)でしょう。
 何しろ、被害は日テレどころか、BSで同時中継していたNHKにまで苦情電話がかかったとか。今回「のーもあ ふなこし」とばかりに、アナを相当厳選したのも頷けよう。
・・・・しかし、ゲストも厳選しろって。今のところ、日テレのさんまとテレ朝の松岡修造の両氏に、俺的ポイント5.0がついています。(そろそろ4.5に降格)

続きを読む "五輪与太話"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マジで欲しいです!

 Jリーグピープル、「みやこDAYS」で見つけた記事。

 J2ユニを着た可愛い女の子たちがたくさんれ・・・マジ欲しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギクリとする看板

 どくとるマンボウシリーズや、楡家の人々などで知られる、北杜夫先生は、昔トーマス・マンに心酔したとか。(杜夫なるペンネームも、トニオ・クレーゲルから、杜二夫とするところ、ゴロが悪いので杜夫にしたとか)
 ある時、街の中で、突如ギクリとした。初めは何でかわからなかったが、看板を見て納得した。

「トマト・ソース」

 たけやす駅長の日常茶飯事や、たけやす すてーしょんの管理人で、全くの一般人のたけやすは、言うまでもなくレッズサポである。
 ある時、大宮ルミネ2の中で、突如ギクリとした。初めは何でかわからなかったが、看板を見て納得した。

 ブライダルドレスコレクション エメBRIDAL DRESS COLLECTION AIMER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百分率は語る・浦和レッズ

Jリーグ:2004 Opta・浦和レッズスタッツ

 Optaの浦和レッズ分析データだったりもします。

 これによると、ドリブル・ランとシュートうぃ使う回数はJ1で1位。ブロックで止める率は2位。逆にクロスとインターセプトは最下位で、ファウルも15位。

 シュート・ゴール・ドリブル&ランが異常に飛び抜けた、いびつなレーダーチャートですが・・要は、
「選手・ボールともに、原則縦への素早い動き。その代わりクロスを上げられても、頭であわせられる選手がいない(上に、空中の競り合いが弱い)ので、戦術からますます横方向への意識が無くなる」。

 つまり、浦和のサッカーに一番近いのは、これか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題

日本、イタリアに敗れ、予選リーグ敗退が決まる

 シンジの激怒、大久保と闘莉王の落涙、そして・・このマンガが私を代弁してくれている・・・・。

 今のうちに書いておこう。戦犯捜しなら、ガーナ戦終わってからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おててのフシとフシをあわせて、フシアワセ。おだぶつ~

写真ニュース・巨人 渡辺オーナーが辞任 明大・一場投手に裏金

 もう少し、良い写真をチョイスしろって。まるでこれでは、遺影みたいではないか。はっきり言って、不謹慎・・・・・・だけど笑ってしまう私も、不謹慎。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8.15

増補版 時刻表昭和史
宮脇 俊三

発売日 2001/06
売り上げランキング 115,101

Amazonで詳しく見る4041598087

 報道2001のごく一部を見てしまった。竹村健一氏、ライターにもテレビ写りを気にしてくださいませ、あれは100円ライターだったぞ。(いや、「公」たるテレビ番組で、ゲストの都知事や櫻井よしこ氏にことわりなく、たばこを吹かす行為そのものが問題ではある。)

 テーマが「歴史」。そういえば今日は8.15。オリンピックにも、開催国返上をやってしまったり、五輪そのものが戦争で中止になってみたり、復帰までしばらくの時間がかかったり。
(しかも、最近では「問:太平洋戦争において、日本はどこと戦争をやっているか?」に答えられない事態があったと言うし。私自身、あの大ブーニングでその名を知る羽目になった、重慶爆撃そのものを知らない。勿論、それとサッカーとを結びつけるいわれはなく、あれはむしろ正々堂々と「フーリガン」と称してよろしかったかな。)

 8.15の名文とくれば宮脇俊三先生の「時刻表昭和史」の米坂線終戦当日の話だろう。
「放送(=玉音放送・たけやす追記)が終わっても人々は黙ったまま棒のように立っていた」
(中略)
「時は止まっていたが汽車は走っていた」
(中略)
「汽車が平然と走っていることで、私の中で止まっていた時間が、ふたたび動き始めた。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2ステージ開幕だ~

神戸vs浦和

 神戸   2-3浦和
播戸・河本    長谷部・長谷部・エメ

 試合見ていませんので、結果だけ。エメ、風邪引きで点滴+寝不足だったとか。

 しかし2-0というスコアで恐怖を感じるのは、これっきりにしてくださいませ。>ギド監督

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入場行進だ~

 え~訂正です。開会式の鳩飛ばしセレモニーは、オリンピック憲章にて、次のように決められておりましたので、中止はあり得ません。謹んでお詫び致します。

1.11 オリンピック・聖火が走者たちのリレーによってスタジアムに運びこまれる。最後の走者がトラックを一周し、オリンピック聖火に点火する。聖火はオリンピック競技大会の閉会式まで消されてはならない。聖火への点火につづいて、平和を象徴する鳩が解き放たれる。

 さて本題。

 202もの国と地域があるとは・・ギリシャの旗手の人も飽きちゃうんじゃないかな、と思った私も問題か。
(発祥国への敬意で、入場行進は常にギリシャが1番なのだけど、)
 感想乱れうち
※セレモニーの男性裸像は、カメラもアングル取るのはやっかいだったろうな・・。
※ギリシャの旗手、重量挙げの選手だそうだけど、まさか片手持ちホルダー使わずとは・・落としたら「恥」だろうし・・・。
※アンティグア&バブーダの衣装、かわいい系だ、と、NHKにまで言われとる。
antigua.jpg

 日本選手団のケンゾー芍薬ですが、ここ数年では、良かった方か。ついでに、レプリカなら私も保有。ユニクロで1000円だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これぞ三山の落城に、その名聞えしワンマンマン。

 本日のネタとして、「韓流っていうけど、そういえば韓国のお茶って聴かないな」「ご当地食品第一弾」等を用意しておりましたが、全て延期といたします。

【プロ野球】巨人・渡辺オーナーが辞任-スカウト活動で金銭提供

 何か裏があるんじゃないだろうか・・・・?院政しいて変な影響力を及ぼさないだろうか?

明大の一場靖弘投手に対し

とあることは、まさか星野さんが・・?

 あああ。訳がわからなくなったぞ、これで。ただ言えるのは、これで「たかが」と抜かす輩がいなくなったことが、球団再編問題によい影響を与えればいいのだが・・。あ、勿論もはやオーナーではないので、発言は「分をわきまえて」頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無念で、ございます~ハッスル音頭で、ゴ-ゴゴー

男子サッカー、日本はパラグアイに敗れる

 あああ。全く最初の入りのミスが、残り時間を支配したような・・でも、イタリアvsガーナが、運良く引き分けだ。次じゃ、次!!

「息子よ、がんばった」

戦う男、聖地でほえる

 前者は、闘莉王父=パウロユウジさんの記事で、後者は、宗像マルコス先生の話もあります。

「街の人たちの応援の気持ちをすべて持ってきました」とパウロさん
(中略)
パラグアイに敗れると、うつむいてしばらくタオルで涙をぬぐい続けた。 涙の理由を尋ねられると、パウロさんは「息子が初めて日本の代表で試合に出たうれしさと、試合に負けた悔しさです」と説明。「でも、頑張った。早く切り替えて次の試合に臨んでほしい」と話していた。

 父も熱いぞ。次こそはがんばれ~。

・・・・ただ・・・オリンピック用のプロフィールだけど、これ、ギャグですか?

アテネオリンピックへの抱負
がんばろう!
応援しているファンへ一言
3,2,1 ハッスル、ハッスル。

(追記)

闘莉王父、えらい写真を撮られちゃったな~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

合併問題

 Jチームで、開幕時代と現在とで、運営企業が変わったり、親会社が変わった所は、決して少なくもないし、経営難や大スポンサーの撤退にあったチームも、決して少なくはありません。
(清水・鳥栖(フューチャーズ)の大赤字から始まって、最近でも神戸の倒産(→楽天が購入)、鳥栖(サガン)の経営危機、札幌の大赤字が、まだくすぶっています。)

 浦和はJ2に落ちたところでも、「残留だから残る。降格だから撤退する、等というマネは出来ない」と、埼玉縣信用金庫だったかが発言したが、これはむしろ異例か。
(仙台がメインスポンサーのカニトップ失って、減額してアイリスオーヤマに変更になった等々。)

 最悪の年は、1998年でした。平塚(現・湘南)がフジタの撤退で経営危機&フリューゲルスが佐藤工業の撤退で崩壊&マリノスへの合併&ヴェルディの大赤字発覚と読売の撤退、と、まさにどん底が待っていました。

続きを読む "合併問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハトガデマスヨ!

 今晩、事実上アテネ五輪が始まります。
(開会式はまだ。女子サッカーの予選が、日付変わってすぐのところで開幕。)

 メダルの皮算用や、この間のアジアカップでクローズアップされた、「グッドルーザー」たらん(・・小川=ハッスル・ハッスル=直也氏には、申し訳ないが・・。)にはどうすべきか等々がありますが(準優勝した自分たちのチームをサポできないというのは、不幸。)眉間にしわ寄せて考えるのは、始まってからにいたしましょう。

 さて。オリンピックの過去の名場面・・というよりは迷場面を思い出せば、とくると、長野の時、アルペン競技だったか、スタート直後ビンディングが壊れ、即刻失格とか、シドニーのモウサンバニ選手とか(ソープ選手なら2回ゴールしてるわい、という、すさまじい悪いタイムでゴール)が挙げられそうですが、あとは、これか・・・・。

ソウル五輪開会式

 松下電器のページからの引用ですが、動画を参照してください。明らかに・・・・鳩が何羽か「ヤキトリ」と化しているようです。
 そういえば、これ以降、オリンピックで鳩飛ばしセレモニーやっていませんね。ここはやはり、M.I.2(ミッション=インポシブル2~トム=クルーズのスパイ大作戦2)のジョン=ウー監督にプロデュースしてもらって、もう一度鳩を使ったセレモニーが見てみたいような・・・・。

追記:迷場面次点は、やっしーの前の長野県知事に進呈しましょう。スピードスケートの「ミズスマシ」失言に対してですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポニチアネックス アテネ五輪 好奇心

スポニチアネックス アテネ五輪 好奇心 闘莉王「大和魂」原点

 闘莉王語録を作ったら、猛烈にアツイ(熱い)本になる、というネタを作ったけど、どうやら、祖母照子さんからして、猛烈に熱い一家のようで・・。

★照子さん 私自身が小さい頃から家庭で大和魂を大事にしなさいと教育されました。だから子供たちにもまじめで、正直で働き者であればきっといいことがある、自分の努力で欲しいものは勝ち取りなさい、苦労するからお金のありがたみが分かると教育してきました。そんな田中家の気質が孫にも受け継がれています。

 女性誌によれば、相当に苦労して一時はすごい実業家になるも、長男(闘莉王父の兄)が、不治の病となり、その治療費のために全てを失った事もあるとか。最終予選の頃にガンが見つかって手術することになったり、と、こりゃ、いつみても波瀾万丈、か、知ってるつもり?のネタにはなるな。

 闘莉王父も、お金の大事さをわからせるため、と、夜学に通わせて昼間は働かせたとか(経済的に苦しいというわけではなく)。
 こりゃ、宗像マルコス先生(渋谷幕張の先生)からの教え「フェイジョンコン アロース(直訳で「定食を食え」。意訳で「傲るな」)」も身に付いてるわけだ・・・・。

 しかし・・・・家族写真が、一歩間違えると映画のイタリアンマフィアに見えるのは、何故?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和、DFネネ獲得ならず 元代理人が支障に

浦和、DFネネ獲得ならず 元代理人が支障に

代理人を2人抱えるネネは、現代理人からは移籍承認書を発行してもらったが、元代理人とは一切連絡が途絶え、移籍に必要な書類をそろえられなかった。日本サッカー協会へ移籍承認書を提出する期限が8月7日だったため、浦和はこの時点でネネの獲得を断念していた。

 ネネの獲得が駄目そうだ、と、いう第一報の時には、「まさかエジムンド状態にでもなったか?」と思ったが・・契約のもつれか・・・・。ややこしいな。

 せっかく契約する気だったネネにとっても、ちょっと可哀想な事態になってしまいました。
 
 これで、現有勢力で頑張らねばならない・・ということだそうだけど・・・・森GMのこと。まだ隠し球があったりするのか?

 他チーム状況・・え?神戸に平瀬智行?しかも、ボマもやって来る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココリンピック

 ここの大家さん、ココログがアテネ五輪に対応し「ココリンピック」なる企画を初め、ついでにタイトルバナーを用意していただいた、ので替えてみました。

 一応レッズネタが多いページではありますので、サッカーだろ?という考えもありますが、こういうときにしか出ないマイナー競技(失礼!)が良かろう、と言うことで、「近代五種」を選びました。

 何でも、
「射撃」「フェンシング」「水泳」「馬術」「ランニング」を1日ですべて行う、超人的とも言える競技である。
19世紀、フランス兵が戦果を報告するため、馬で移動し、銃と剣で戦い、泳いで海を渡り、走って丘を越えたという故事に由来しており、近代五輪の創始者ピエール・ド・クーベルタン男爵がこの競技を、率先して五輪種目にしたことがよく知られている。

なんだそうな。しかし、日本での競技人口は100人くらい。代表権はどうなった・・?のかな。BSでも放送はあるのか?
 そしてあまりのマイナーさに、サマランチからは目の敵にもされたとか(元はもっと日程に余裕があったはずが、1日に短縮)。

 近代五種に、アイを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アシモフの、トリビアの泉

アシモフの雑学コレクション
星 新一, アイザック アシモフ, Isaac Asimov

おすすめ平均
無駄な雑学★
トリビアの泉の種本とも噂される
ためになる

Amazonで詳しく見る4102186042

 テレビ=「トリビアの泉」で、タモリに「人間は、無駄な知識が増えることで快感を覚える唯一の生き物」なる台詞の元になっただけのことはある。

 さて、先の記事で、心配するなと記したのは、こういう事。

 トリビアの中に、こんなのがあります。
「最近の若者は、なんだ。目上の者を尊敬せず、親に反抗。法律は無視。妄想にふけって街で暴れる。道徳心のかけらもない。このままだと、どうなる」

続きを読む "アシモフの、トリビアの泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣られたっ!!(笑)

ものかきや控え室

 前に、「トンデモ本だ」と書いてしまった「なぜ売れる?アキバ系商売のしくみ」
の著者が、blogやっていたとわ。

 それによると、あの本は、

ひとつは、「ビジネス書だ」と偽りながらアキバに巣食うオタクの実情をかなりデフォルメしておっさんを笑かす本で、(中略) 嬉しいというか何というか先の本の方には、茶化されて怒ったオタクの方の非難がちょっとだけ集中し、販売サイトの書評欄には、「本格派のトンデモ本である」などという評価をいただくことができた。

 見事に釣られた。しかし、十二分にオッサンの年齢とも言え、ガンダム世代でも、現役でもオタクと言える私にとって、あれほど的はずれの本はそうそうないが・・しかし「自覚しているトンデモ本」はトンデモ本では無い、という定義では、釣られたのは、この私。やられたっ!

 ただ、釣られて悔しいわけではないが、どうやらご自身が「オタクであることに無自覚」かつ「若いオタクの鼻っ柱は、先輩が意地にかけてへし折っておく必要がある」なる「オタクは極端な階級社会」を証明するような文言がそこかしこにあるのが、鼻につく。

で、そういう過去を持ってはいたが、今では何とか滑り込みセーフで嫁などを貰い、子供も作って人並み(?)な生活を送ることができるようになった。そういうオヤジからしてみると、かつての自分と同じように道を踏み外しかけている若いオタクどもが不憫でしょうがないのである。何とか人間としてまっとうな道を歩ませるために、手を差し伸べてやりたいと思ってしまうのである。

とはいっても一般的なオタクは「その年でそれはねえだろ」というような根拠のない自信に満ちあふれているので、そうしたオヤジの差し伸べた手を「うざい」と払いのけてしまうのだ。不幸な話である。

・・・・高安さん、心配はいらないでしょう。(その理由は、次の記事に記す。)
 加えて俺らの時代では、「マンガは日本人の頭を駄目にした。アニメなんて(以下略)」と言われてはいたが、バブル潰れてかろうじて日本人の面目を保ったのは、コンテンツ産業としてのマンガであり、アニメでありまする。

 それよりも、どうやら変名で18歳未満御禁制のノベルを書いたらしいけど、どんなものやら。
 加えて801小説を書こうと言うが・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ((((

続きを読む "釣られたっ!!(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

運賃格差

JR運賃:
割安の特定区間「埼玉、神奈川より高い!」 知事、社長に直訴へ

 

埼玉県民は神奈川県民より高いJR運賃を払っている。そんな不満から埼玉県民が怒っている。割安の「電車特定区間」の適用距離が神奈川県内に比べ半分以下と短いためだ。埼玉県議会でも取り上げられ、上田清司知事は9日、格差是正をJR東日本に直訴する。

 オマケに、八高線(北線はともかく、南線)は見事に電車も走る地方線(運賃約1.1倍)。
 加えてJRになってからも他線に比しスピードアップがなされていなく、そのせいか、埼玉県=通勤時間が長く、睡眠時間も一番短い県、という統計まであったか。

 ただ、どうなんでしょう。この記事を見ると、
電車特定区間(旧・国電区間)と
特定運賃(私鉄と競合している区間に、割引の運賃が適用。たとえば、品川~横浜等)
とが、ごっちゃになって論じられてるという不満もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誰の台詞だったか見事に忘れた。

「ファインセーブを決め、敵サポーター共の溜息を聴くのが、快絶だ」

 まさかこの方法で、アジア杯を観戦するとは思わなかった。
 しかし、と、同時に、コインブラ氏の選手起用法に疑問符が増えるのは、なんでやろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3はすべて主な

 かるび&くっぱさんの、かるび&くっぱのHP(ひっとぽいんと)で、「日本_アジア杯の2004」を見て、もしも、山田キャプテンが参加していたらどういう事になっていたか、興味がある、というのがありました。

 というわけでやってみました。
 まずは浦和のチームプロフィール中国語化させます。

 はー。馬克思で、「マルクス」と読ませるんか~、恩格斯・・は、ゲルト=エンゲルスか。

 さて本題(続きます)。

続きを読む "3はすべて主な"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »