« 久しぶりの、敗北のグダグダから1日 | トップページ | 浦和のサッカーは、大観衆の目を釘付けにする。その答えは、10月2日 »

浦和版黒歴史

Nayu-bits Talk(Type-R)さんのところで「黒歴史」というものを知る。

そこで、黒歴史浦和版を考えてみました

※93年のフィールドプレーヤー・アウェイ用青いユニ
確か、勝ち星がほとんど無かったはず。

※モラレスとフェレイラ(93)
その後慌ててとったラーン・ルル・ミロがいずれも翌94年で契約を切られているし・・・・。

※エジムンド(03)
こちらの方は、長谷部の急成長に助けられ、「あ、居たの?」級の笑い話ですんではいるが・・。

※鹿島戦で、珍しく先制して喜んでる隙にゴール前がら空きのところをあっさり追いつかれた。
※ヴェルディ川崎戦で、ラモスとビスマルクにヘディングでもてあそばれ、武田に決めれれる。
↑詳細は間違ってるかも・・

※ア・デモスにおける、1999 11 27の采配(・・・・泣)
※その試合でVゴール勝ちするも、事態を理解できずに喜んでしまい、大将に振り払われる、池田学(ロボ)
↑これは、黒歴史にせずに、墓場の中まで持って行くぞ。

※2000 11 19、対サガン鳥栖戦で、一発レッド&PKを与えてしまった、室井市衛のプレー
↑地獄の淵が、見えましたとも。この一瞬だけくっきりと。

※2001年、小野がいなくなって、その代わりに川崎Fのエメルソンをとる、と発表になったときのサポーターの反応
↑「いらねーよ!むしろいるのは、球出しの出来るMFじゃないのか?何枚FWがいると思ってるんだよ?」
これ、当時の私の反応。

※2002年10月19日 対名古屋戦の大将のヒーローインタビュー「負けな(以下自主規制)!」

|

« 久しぶりの、敗北のグダグダから1日 | トップページ | 浦和のサッカーは、大観衆の目を釘付けにする。その答えは、10月2日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/1516055

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和版黒歴史:

» 疲れています。 [Nayu-bits Talk(Type-R)]
アド街で浦和の回でしたが、 何故、駒場が1つも映らなかったのでしょうか? 前にでもやっていたのでしょうか? 以前に紹介された「黒歴史」ですが、浦和版も作成され... [続きを読む]

受信: 2004.09.25 23:56

» 疲れています。 [Nayu-bits Talk(Type-R)]
アド街で浦和の回でしたが、 何故、駒場が1つも映らなかったのでしょうか? 前にでもやっていたのでしょうか? 以前に紹介された「黒歴史」ですが、浦和版も作成され... [続きを読む]

受信: 2004.09.26 00:00

« 久しぶりの、敗北のグダグダから1日 | トップページ | 浦和のサッカーは、大観衆の目を釘付けにする。その答えは、10月2日 »