« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

ドキッ!記録だらけの浦和レッズ

浦和レッズ1-0サンフレッチェ広島
得点者:闘莉王(51分)
観衆数:52,330人
◆エメルソン得点王獲得!!◆
・今シーズン最多勝点獲得62点
・シーズン最多得点70得点
・セカンドステージ最多勝点記録37点
・セカンドステージ最多得点記録40点
・セカンドステージ最少失点
・ホーム入場者数:549,903人(クラブ記録更新)

 あと、エメの得点数も、セカンドステージ15試合制では新記録。

 写真が完全に失敗に終わったのですけど、セレモニーで最初はセンターサークルに、次はゴールに、アルピニストよろしくファンクラブのLフラッグ立てたシーンが印象的だったけど・・ 「まだ」終わった感覚がない・・当たり前か。

 CSが残っている。年間勝ち点2位vs年間勝ち点1位の試合で、どちらもチケット完売=2戦で10万人は軽く突破するだろう。テレビもゴールデンにある。CSの歴史の最後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝記念タオマフ

やっと入手できた。 予想以上にいい出来。 優勝はやはりいいもんだ。041128110312.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念タオマフ並び

なんじゃこりゃー041128084158.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支援画像の趣旨に合わせてみる

 先にこれを出していれば、と、今更ながら。タイトルがこれなら、まさにうってつけの絵があるではないか。 mach.jpg

元ネタは、蛇足ながら、これで

  1. CGを使いません
  2. ワイヤーを使いません
  3. スタントマンを使いません
  4. 早回しを使いません
  5. 最強の格闘技、ムエタイを使います

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ありえねー。

カンフーハッスルしてもしょうがないか。

スポニチプラスの、チー・シンシャウ・・もとい、馳星周氏の 「浦和の祝福を、その評価に戒めを」

そのいい例がF東京とのナビスコ決勝だろう。
4231のモダンな攻撃的サッカーでサイドを執拗に攻めてくるF東京に対してレッズの両翼は引かざるを得ず、
前線と守備のラインの間があいて効果的な攻撃はほとんどできなかった。
あれで「超攻撃的」とは笑わせる。F東京の方がよほど攻撃を指向している。

 すみません。なぜ4バックだと攻撃指向フォーメーションなのか・・早い話が、私はシステム無知!どうか、私めにご教示を~。(マジ)

 別に、攻撃指向はしてはいないはずだけど・・キャッチフレーズは「早く 激しく 外連味なく 」ではあるが。

<追記>

 お母さんの為のフォーメーション講座

 「3バック・4バック論に終止符を」

で、ようやく理解。

  • 3バックの方がボール保持よりも、素早く攻める指向→それじゃ、俊足FWぞろいの浦和を生かすのに優れたフォーメーションとも言えるのでは?。
  • 「カテナチオ」の定義?は、両ウイングバックとダブルボランチがDFラインに入って7人で守り、残り3人の個人能力で得点する。 →個人能力で得点は、半分あたり。苦しいときの戦術はエメなのは事実だし。WBとボランチがDFラインにいたか、については、「?」。
  • イビチャ=オシム市原監督曰く、

無数にあるシステムそれ自体を語ることに、いったいどんな意味があるというのか。大切なことは、
まずどういう選手がいるか把握すること。個性を生かすシステムでなければ意味がない。
システムが人間の上に君臨することは許されないのだ。

結論。4バックであるべきと言う主張は、いわゆる”グローバルスタンダード教”みたいなモノ、か?世界標準にこだわるのはいいが、それがあまりにも教条的になりすぎて、自分のモノにしていない、というか、和魂洋才の魂に欠ける、というか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

5年目の真実(?)

 今日は11/26。5年前の今日、「勝てば良いんだよ・・90分で勝ちさえすれば・・・・。」とテンパっていたであろう、浦和サポの皆様、今晩は。私もテンパっていました。

 20日の優勝記念番組で、本人望むことなく散々出演しまくった元・浦和選手と言えば、文句なく彼、池田”ロボ”学でありましょう。

 そう。90分で勝てなければ、どうなろうとも降格の運命は決する、と言うのに、Vゴールを決めた大将に抱きついてしまい、振り払われるシーン。

Jリーガーの妻として というblogに、真実が語られていました。

 今回の優勝に伴って?
以前のJ2降格時の主人の失態写真・・・(汗 
が新聞などでも
掲載されていたようでございます。。。。(汗、汗

(略)

これについて
本人曰くは
『降格決定って知らされていなかったんだよぉぉぉぉ~~』
とのことでございまして。。。
シュートが決まったときには行ける!っと思ってしまったそうであります。。。

だよぉぉぉぉ~~ と言うあたり、やはりロボも後から思えば、穴があったら入りたいぞ状態だったんでしょう。

そのときの写真が掲載されたことが
我が家では昨日も話に出ました。

昨日「も」、というのが、怖いなぁ。何度もネタに出たのだろうか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルJドリーム!

藤枝東・赤星、浦和入り内定


 J1浦和は25日、静岡・藤枝東高から18歳以下日本代表のMF赤星貴文(18)の来季新加入が内定したと発表した。

 うわー、来てしまったぞ!山田キャプテン&長谷部の後輩・・と言うよりも、赤星鷹・背番号0かぁ?

(↓赤星鷹選手近影(嘘)。J前夜の浦和に飛び込み入団をしている。)

Jドリーム (1)
塀内 夏子

講談社
2002-03
売り上げランキング 327,383
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近藤や萌、赤星まで採ってしまったのは、これって優勝の効果?うれしいなぁ~!

高校選手権ページへ。下から2番目に赤星が。その二人上に萌が紹介されてます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌がやってきました!

【新加入選手】 細貝 萌 (ほそがい はじめ)

 先に近藤 徹志の入団が発表されてるし、昨日デビューの大山も、そのまま入団。そしてとどめに赤星タカ・・もとい赤星貴文を獲得出来れば・・柱谷コーチ、大忙し決定!とにかく上手く育成出来れば・・黄金時代を引き延ばせられる(もしくは、低迷することがあっても、軽度ですむ)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【柏vs浦和】実態は0-4以上?

柏 ● 0-4 ○ 浦和
得点:0-1 室井市衛(前4分)
得点:0-2 エメルソン(後5分)
得点:0-3 エメルソン(後17分)
得点:0-4 エメルソン(後38分)

この試合の課題は、(あくまでも私の勝手な想像ではあるが)

1)相手は負けたら非常事態→引いて守ってくるだろうから、それを崩す方策を練る。
2)疲労激しいメンバーの休養(キャプテン+長谷部が累積出場停止)
3)対CS・天皇杯控えメンバーの見極め(闘将も気が気じゃなかった?)
4)エメの得点王を確実にすべく、野人・永井王子・達也はそれをサポート

かくして、メンバーは

(GK)
23 都築 龍太 
(DF)
5 室井 市衛
20 堀之内 聖
19 内舘 秀樹 

(MF)
13 鈴木 啓太
7 酒井 友之
14 平川 忠亮
30 岡野 雅行
 
(FW)
11 田中 達也
9 永井 雄一郎
10 エメルソン 
(SUB)
28 加藤 順大
26 南 祐三
22 小林 宏之
34 大山 俊輔
27 横山 拓也 
 特に、DFが「いっちー うっちー ほりのうっちー」の旧浦和市出身者にごっそりと入れ替わり、試合終わったときには・啓太・酒井・岡野が交代でいなくなり(ついにデビューの大山・今季初登場の小林・二度目の登場・横山"カニ")、成果は、

1)それ以前に4分で市衛が得点を決めたので、それどころではなくなった。
2)完遂。
3)柏が降格決定戦危機で、テンパッていたとはいえ、十二分すぎる成果。大山の初陣が良い形で出来た。
4)エメハットという、これまた十二分すぎる成果。エメの2点目は、
達也1対1→
ふかそうが、止められようが、バーに当たろうが、シュートで終えるが浦和の芸風?
なのに、エメにパス。

 さらに、徳重健太はトップデビューをC大阪で果たし、1点を取られるも勝利。まさか「入れ替え戦への恐怖のシナリオ」が、浦和によって書かれようとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Prince NAGAI:奥様研究会発足記念!

 El Golazoも浦和優勝モード。もう浮かれるのは止めるけど、中にあったとうこく りえ氏の漫画で、永井が王冠を被っているのは?と探したら、元ネタはニッカンか。

prince.jpg 

 永井、似合いすぎ!!

oku_sama.jpg

 今朝送りつけられてきた、spamですけど、タイトル大笑い。「奥様研究会発足記念!」で、このリンクを開けると・・奥様が 佐伯日菜子あの方とか、横浜Fマリノスの キャプテンとか、同14番とかの研究が・・あるわけもないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CS支援画像・・らしきモノ

 前のエントリーで音を上げていたら、日本活動蹴球倶楽部のkojya さまから、

> そう言わないでせっかくのマリサポさんの好意にはお返ししましょう!

urawa_cs.jpg 

 私、萌えて(←違・燃えて)まいりました!

で、出来たのは良いのですが・・・・。

 元ネタはニンテンドーDSソフト「きみしね(きみのためなら死ねる)」。(リンク先は音が出ます。)このコピーは、オフィシャルの題字をクリックして出る文章のもろパクリ。予想以上の難工事になってしまい・・トホホ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

絶賛大募集!CS壁紙もしくはポスター!

 下の画像と、内容とは一切関係がありません。またここはあくまで浦和系・・と言っても誰も信じそうもないなぁ。

(元は浦議のお絵かき掲示板にあったものでっす。)

勝利の女神?

 True Faith さまで、FマリノスのCS支援画像が上げられていますが・・困った。今回ばかりは、思いつかない。まさかFC東京よろしく「初めてなの・・やさしくしてね」等と出来るわけもなし。どうしたモノか。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

これは、夢じゃないんだよな?

三菱自動車広告

笑ったよ!三菱自動車!!これは、スポーツ新聞の1面広告。

待っていた!

埼玉新聞の0面広告。この日が来るのを、の下には、1993年開幕以来の「泣きが入りそうな」成績が・・。右下には三菱マークと、浦和サポの象徴、ハート12。

<追記>

  • ニッカン 1~4面+社会面にさだまさし氏のコメント
  • スポニチ 1~3面+終面に犬飼社長の紹介と記事(AERAのそれに似てるか?)
  • 報知 1~3面 大将の寄稿もあり
  • デイリー 1・6・7面 野人の寄稿あり(サインプレゼントもあるそうだけど、そのサインには「ただいまー!」と)
  • サンスポ 終面と6・7面 競馬一面(やってくれちゃったな・・)イレブンのサインはあるが、基準不明(出場選手にしては、内舘のがあるし、では都築は?と思えば、これがない・・?)
  • トーチュー 1面と6面の一部 終面は、ビッグスワン分をたっぷり摂取した新潟がでかでかと。4失点したのは・・・・ どこでしたっけ?

トーチュー

サポーターが掲げるチェアマン杯(本物)。この写真、GJ!前に身売り記事をトップに持ってくるは、そもそもFC東京の指定新聞の割には、良いのを使ってますなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (7)

号外と特設ページと

gogai.jpg

浦和駅前からの戦利品。読売・埼玉・サンスポ・スポニチ・ニッカンの各紙号外。他もあったんだろうけど、これが限界。駅前の商店は、そりゃあもう。駅前の薬局(だっけな?)は、栄養ドリンクの安売り、飲み屋さんでもモツ煮100円、東口の書店でもREDS系をワゴンで大売り込み。

 nikkan.jpg

ニッカン特設ページ。バナーも赤いぞ!それにしても、 優勝までの12年、サブタイトルの「低迷」「模索」「地獄」「飛躍」は・・笑えん。

(今、頭の中で1999年の 「あの写真」の逆が浮かんだぞ。・・敗戦で憮然とする池田ロボに、G大阪の敗戦の情報をいち早く教えてもらって、目・口全開で喜んでいる大将が飛びついてくる図が。)

nikeのスクリーンセーバーが、凄いことになっていました。実際には紙吹雪が舞っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和駅前

urawafw.jpg

 浦和FW3人衆。えーめー、と、あれっすながいあれー、と、たなか たつや れぇーおぉーのコールが、伊勢丹から次々と。 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

我来たり、我見たり、我負けr。

浦和 1-2 名古屋

退場者がでたチームに弱いというのは、どゆこと?でも、ついに成し遂げた・・・・。のどはつぶすは、埼スタPVでは、試合中にG大阪の敗北がコールされたので、試合終了前に歓声という、変なパターンになるわ。

今日のPV、写真を撮るのを忘れたので、正確ではないけど、確か8000人だったとか。

涙でるかな、とは想像したけど、意外にも冷静だったな・・大宮もついにやってくるし、ついにさいたまダービーが成立する。

Fマリノスには、これで去年の完全優勝アシスト(鹿島を勝たせなかった)の貸しは返してもらった、のかな。さあて、次はCSで・・・。

PRIDE OF URAWA!!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時は、来たれり!!響け我が凱歌。

BGM:日本活動蹴球倶楽部さまのトップ画像に仕掛けられた、「威風堂々」

12年・・。思えば当時は、俺も、紅顔の美青年で(嘘)・・・・ではなくて、たったの1勝しただけで、まるで優勝したかの騒ぎだったし、負けは毎度のことで、負けの悔しさって、何?状態。

「いったい、どうすれば良いんだ?」「赤星鷹でもトップに入れるしかないんじゃないの?」

(注記:塀内夏子氏の漫画「Jドリーム」の主人公。)

「なんど試合やりゃあわかるんだ?もう、サポ辞めた!!」「・・・・次の試合まで、だろ?」

 いざ決戦の場・・・・と言いたいけど、申し訳ない。チケットないので、埼スタから念を送らさせていただきます。

※スタジアムへ来場されるファン・サポーターの皆様へ
Jリーグの試合においては、お客様がスタンドからピッチ(グランド)へ飛び降りる行為は禁止されております。
先般、鹿島スタジアムでスタンドから飛び降りた鹿島サポーターに対しては、厳しい処分が課されており、また、Jリーグから鹿島アントラーズに対しても制裁金が課されております。
浦和レッズを応援し、一緒に戦って頂いている皆様におかれましては、いかなる場合も、決してスタンドから飛び降りないようご協力をお願い致します。

オフィシャルより。 戦って、という表現、浦和の偉い人、GJです。

録画準備良し、グッズ良し、体調美貌万全!(ばきどかぼこ)さあ行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pride of URAWA

浦和Vは信頼が演出、警備増員なし!

 ちょっと待ってくれ?発煙筒事件数知れず。対新潟大敗時には、タマゴも投げた。シジマール(昔、清水にいたGK)を土下座させた。逮捕者も出た。去年のナビスコ杯決勝で、ゼリッチのメダルは行方不明のまま・・。かつては、

  • 「オウムよりはマシな”狂信的”集団」
  • 「場外乱闘でしかスポーツ紙一面を飾れない」
  • 「贔屓の引き倒しの典型」

とまで、ヨタ記事ではなくて大手版元の雑誌で書かれた(この見出しは、豊田充穂氏の「REDSサポーター戦国史」月刊REDS系2004・6月号からの孫引き)俺たちは、正直おとなしい集団などではないぞ?。

浦和の運営担当は言う。「浦和は、常にサポーターと歩んできた。そのサポーターと、勝てば駒場で優勝を祝うことができる。そんな時に、スタンドにあいさつに行く選手とサポーターの間に警備員をズラリと並べるようなことはしたくないんです」。

 また、涙が出てくるではないか・・。

 改めてカレンダーを見ると、今日は11/19。2000年の今日、Vゴールから始まった悪夢が、Vゴールで晴れたあの日。それから4年。今・・愛するチームが、盾を掲げる瞬間が明日に来ることを信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tulio Type-R 広告

 セレッソ系blog、O lunatic amou no footballの西中島南方さまが、闘莉王のもの凄く格好いい「広告」が出ていました。

 ええぃ!難しい事抜き!見に行ってください!

 これと良い勝負なのは・・Club Redsのナンバーワン、雄一郎(ホストクラブのホスト紹介風・・)てのをどこかで見たような・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙吹雪は2000万枚?

 埼玉新聞の記事だけをソースに。

  • 20日、「その時(山田キャプテンが盾を掲げる・大宮が2位を確定させる)」が来た時点で、浦和・北浦和で号外を配布する。
  • 翌日の埼玉新聞には「0面」を用意する。通常の新聞に、もう一枚重ねる形で4面増加させる。その0面は、埼玉国体でもやっていたけど、まるでスポーツ新聞のよう。
  • そして12/23。さいたま市内でパレードをする・・予定、だとか。

 さらに。ROSSO・BIANCO・NEROの紹介記事まであって、それによると、撒く紙吹雪の枚数は2000万枚目標だとか・・一人あたり1000枚強かぁ(アウェイを考えに入れていませんので、それ以上)・・・・。さあ、紙吹雪の用意だ。PV組は駒場経由で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょ、正気かぁ~?

天皇杯次の試合の要項発表・・ですが・・・・マジカコレ?

・12月12日(日)13:00~
東京V vs 名古屋 @豊田スタジアム
鹿島 vs 川崎F @県立カシマサッカースタジアム
横浜FC vs G大阪 @愛媛県総合運動公園陸上競技場(※1)
浦和 vs 湘南 @岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム(※2)
大宮 vs F東京 @鹿児島県立鴨池陸上競技場
札幌 vs 大分 @熊本県民総合運動公園陸上競技場
群馬FCホリコシ vs 磐田 @ヤマハスタジアム
・12月15日(水)19:00~
横浜FM vs ザスパ草津 @仙台スタジアム

※1=G大阪がチャンピオンシップに出場した場合は12月15日19:00試合開始
※2=浦和がチャンピオンシップに出場した場合は12月15日19:00試合開始
※Jリーグ入れ替え戦に出場するチームの試合は12月15日実施

・・・・やっぱり、今回の天皇杯って、 リベンジマッチとなるのか・・ではなくて、どうやって水曜日に岡山まで行けと?帰る足は、サンライズでも使え?と?

鹿児島まで行く羽目になった、大宮&FC東京や、札幌から熊本って・・とか、いやー凄まじいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和駒場ピンポイント天気予報

11/20午後4時ごろ限定で、駒場スタジアムだけに大雪注意報を発令いたします。なお、歓声が数多く発生した場合は、自動的に警報に引き上げます。このほか、浦和美園でも、さいたまスタジアム2002に歓喜の涙の大雨注意報が発令されました。

浦議からの転載。

 

紙ふぶきによる応援についてのお知らせ
投稿日:2004/11/15(Mon) 20:15:11 [130.158.117.238]  投稿者:ROSSO BIANCO NERO

 

皆さんこんばんは、ROSSO BIANCO NEROです。先日の駒場での紙ふぶき作成には、多くの方が参加してくださいました。ありがとうございました。しかし、史上最大規模にはまだまだ紙ふぶきの量は足りません。決戦まであと1週間を切りました。引き続き紙ふぶきを作ってください!

名古屋戦当日は自分で撒く分の紙ふぶきをお持ちください。
それ以外にスタジアム中のサポーターに配る分まで紙ふぶきを作っていただける方は、当日、以下の場所まで持ってきてください。(コンビニ袋に小分けして持ってきていただけると助かります)

20日 駒場スタジアム東側入場口、または西側入場口付近
    午前9時(開門2時間前)まで

試合当日も紙ふぶき作成のご協力をお願いするかと思います。時間に間に合わない場合は、当日の作成分を回収にくる人に託してください。

■紙ふぶきの目安サイズ:はがき程度の大きさ
■一人分の紙ふぶきの量:コンビニ袋一つ程度
■スタジアムで配る分の紙ふぶきの量:史上最大(アウェイ席以外のすべてで撒きます)

最大規模の紙ふぶきになります。試合後の紙ふぶきの片付け作業についても、多くの方の協力のもと、最後までしっかり行いたいと思います。皆さんのご理解・ご協力をお願いいたします。(ほうき・ちりとり・ビニール袋などがあると便利です)

■指定席の方へのお願い
当日はいつもより早めの来場と、自分で撒く分の紙ふぶきの持ちこみをお願いいたします。これまでに集まった紙ふぶきを配る用意はしていますが、それを活かし、さらに史上最大規模で選手を後押しするためには、一人一人の紙ふぶきの持ちこみが重要です。チームを勝たせるための最高の舞台を、みんなで作りあげましょう!

※この件を、みなさんの仲間内でも広めてください。また、ホームページやブログをお持ちの方は、広く転載していただけると助かります。長文失礼いたしました。

続きを読む "浦和駒場ピンポイント天気予報"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日臨時休業:勝ててよかった:AERAとYW

 本日、休日出勤の代休にて、お休み。現在秋葉原の某喫茶店にて更新中。無線LANのホットスポット経由にてアップの予定。

(どこか?の答えは、「昨日、森本毅郎氏が固まってしまった」ということで、お茶を濁す。)

 さて、昨日の天皇杯、無事勝利。スポーツニュースのダイジェストが頼りなので、選評どころではないけど、

浦和 3-1  福岡
【浦】永井2、長谷部
【福】増川 

 これで3年ぶりの天皇杯勝利で、次は湘南・・城定 吉野ロボもいるし、コーチングスタッフにはさんもいるのかぁ。そういえば、前園もいて、監督が加藤久さんで・・(以下、昔話に終始しそうなので、省略)

 今度は03年の緒戦で負けたところ。きっちりと借りは返しましょう。でも・・12月11日に、2004サントリーチャンピオンシップやる予定なので、試合は15日。疲労(祝勝会やテレビ出演、取材の)が心配です。(←え?)

 もう一つは、表題のとおり。AERAとヨミウリ ウイークリー。

 AERAの車内吊りにも登場したるは、豪腕社長の脱三菱なる見出し。

 犬飼社長の履歴と手腕の紹介。興味深いのは、焼酎「浦和の涙」の星2つバージョンが用意されているとか、来年の補強費は特に必要なく、その分のお金はレッズランドに使うとか。(強いていえば、補強は、坪井と山瀬・・?)

 YWの記事は、FC東京の守備に隠された、浦和レッズ攻略のヒント・・要は、スペースを埋めろ、ということだけど・・・・話そのものが抽象的にすぎるような。・・え?後藤健生・・?? 却下じゃ、却下!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネガに走りそうな、天皇杯

ジャイアントキリングと言う言葉を知っていますか?

いわゆる「格下」が格上の相手を一泡吹かせることです。

 実は、浦和のある意味得意技でして(受ける側で)、一昨年は大将の現役最後の試合を穢してますし、昨年は湘南に負け、叩かれる用意をしてはいましたが・・ それ以上の事態発生して、逃げ切れました。

 ここまでの結果・・ですが。

C大阪 1-2 草津   ←!去年の準優勝チームが・・
名古屋 3-0 Honda
川崎F 3-2 神戸    ←!
横浜FC 1-0 広島  ←!
札幌 2-1 市原   ←!
甲府 1-2 大分  ←!
山形 1-2 横浜
京都 1-2 東京V
水戸 0-1 鹿島
鳥栖 1-3 G大阪
湘南 3-2 新潟  ←!というか、これは処方箋:ビッグスワンでの充電が・・。
清水 0-1 大宮  ←!
仙台 0-1 FC東京
柏 0-1 群馬FCホリコシ ←!!!(JFL7位)
佐川急便SC 2-3 磐田  ←前半終了までは!

最後に壮大なオチを付けてくれそうで・・怖い・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして歓声は、駒場から美園から大宮から。

駒場&埼スタ!浦和2つの本拠で初V祝う

 チケット難民に、朗報です。どれだけ集まるんだろうなぁ、埼スタ。「その瞬間」が来たら、駒場と時間差で歓声大爆発するんだろうなぁ。大宮も、昇格決めたら、やっぱり大騒ぎ確定だろうな。

 お巡りさんとガードマンさんにとっては、とんでも無い日になるんだろうな。もしも、「その瞬間」が来てしまったら。

 フランスのリオネル・レコルベ氏は、「その瞬間」が来るのを待って、浦和の原稿を上梓するんだろうな。

(もちろん。リオネル・レコルベ氏は、酒見賢一氏が「後宮小説」書くに当たって参考にした、という「素乾国正史」の記録官と同じ世界の住人であることは、承知の上。)

 力の社長、何かしでかす、と、雑誌のインタビューに答えてたけど、その答えが明かされるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清尾淳さんのコラムを見ていると、涙が止まりません!

MDPはみだし話 最新コラムより。

 11月20日、駒場で優勝してほしい。あと1勝になるまでは言うべきではなかったけど、今なら言える。多くの人もそう思っているようだけど、駒場がいい。

 この後の話は、涙が止まらない。

 もうこんな勝つ気も何もない、何も見えない、どうしょうもない、浦和なんてチーム、サポ辞めてやると嘆いたこともあった。次の試合寸前には、「え?浦和サポ辞める?そんな馬鹿なこと言ったっけ?俺?」と、前言撤回は毎度のことだったけど。

 ブロードキャスターで、浦和が勝利すると、コカコーラを10円で売るマクドナルドの店の話題が出て、「そんなにソンすることはありませんね」と言い放たれたこともあった。

 1999 11 27の大悪夢もあった。2000 11 19のJ2脱出Vゴール。「世界で輝け小野伸二」弾幕。

 私は名古屋戦のチケットはない。だけど、やっぱり「盾」を掲げる場所は、駒場しかない。

・・やばい。かつての浦和選手の顔が次々と浮かんでは消えていく・・。もはや・・続きは書けません・・・・。前が見えなくなる前に、これだけ書かせてくれ・・・・。

 神よ、微笑んでくれ。かつて、サガンのルシアノPKを失敗させてくれた、駒場の神よ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はーい、はーい、はいはいはいはい!!

 マリノス系blogerの皆様によると、CSチケットに加え、もう一つの懸案事項が出来たとか。

 ガッタスとF・マリノスクラブ会員による一般女子チームとのエキジビションマッチを行います。フットサルに挑戦し続けるガッタスメンバーの熱い戦いにご期待下さい。

このガッタスというフットサルチームって?

・・ハロプロの方々の、チームだったのね。監督が北沢豪さんだけに、ただの顔だけ、という事もなさそうだけど、確かにこれでは腹も立つ。

※ ガッタスの試合だけでなくマリノスvsアルビレックスの試合ご覧になれます!!

「も」とは何だ、「も」とは!!更に悪いことには、ガッタスのチームカラーは、アルビのそれとほぼ同じ・・・・。

どういう事態になるか、想像すると怖いが予想図なら提供できます。この先は、心して開いてください。

 

続きを読む "はーい、はーい、はいはいはいはい!!"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

大原へ行ってみた

alpy.jpg

 さいたま新都心駅から大原の途中にあったお店。フランス料理のお店らしく、アルピーヌルノーから採ったんでしょうけど・・アルピー(= アルパイ・オザラン)の菓子屋(ギャラリー)という、ミスマッチな代物を一瞬想像してしまったぞ。

 本題。やっぱり優勝目前とあってか、相当の人数が。真っ先に登場したアルパイ、子供の声援に3度ほど振り返る。礼儀正しいぞ。ネネは・・不調?早めに引っ込んでしまった。

 今日はクールダウン&サブ・サテ組のミニゲームで終了。坪井が黙々と、タイム測りながらランニング。

 そして、昨日出場組のうち、永井だけ結構ランニング飛ばしていたし、クールダウンでエンゲルス他の面々がいなくなった後も、黙々一人壁打ち。

kodomo 

 やっぱり子供が多いなぁ。ええことじゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

CS開催確定、チケット争奪戦勃発?

 昨日、浦和が勝ち点3を積み増したことにより、Fマリノスの完全優勝の確率は消滅=これで最後のCS開催が正式に確定→横浜国際のチケットを用意しなくては、と、思案したところ、このようなページが。

横国は俺達の聖地だ!

 

 どうやら、Fマリノスのファンクラブ会員に頼んだか、あるいは、スパイと化したか、恐ろしい勢いで横国を赤が浸食しているとのこと。

横浜刹那主義さまでも、次のように警告はしているようです。

 ホームジャックって言葉知ってますか?
アウェイのチームが、相手ホームスタジアムを乗っ取る。
つまり、まずは人数でアウェイチームサポがホームチームサポを凌ぐ、圧倒してしまう事・・・そして応援でも圧倒する、事です。

 もう一つ。移動においても、相手を威圧する強力な手段を用いる、が、必要か。

(対鹿島戦=バス60台。対フリューゲルス戦=船・クイーンメリッサ。これは新潟だけど、新幹線貸しきり。)

 想像図・・でも、浦和のゴール裏から見たら、まだまだ大甘ですね。ゲーフラの枚数が少なすぎ、タスキは使わない、デカ旗はまだまだ用意する・・・・。それどころか、「横国?駒場、埼スタ、国立霞ヶ丘、味スタに続く第6ホームみたいなモンだろ?」と豪語するものも少なくはないこともオワスレナキヨウ。

【追記】

spec-Rのけるびさま。イメージ図の訂正、ありがとうございました。他サポながら、少々オーバーに描いた方が、より危機感をあおれるかなー、と、老婆心出してしまい、挑戦的な物言いになったことをお詫び致します・・私もチケット難民になりそうだ・・トホホ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

浦和vs清水 Final Fiveはラジオでも

 昨日は見事に休日出勤でしたので・・浦和対清水は、移動中のカーラジオで聴いていました。余談ながら、ニッポン放送は(清水戦を加え)浦和の残り6試合(!)を放送すると言っていたような(記憶曖昧)。解説が水内猛、ハーフタイムコメントは河野正( 埼玉新聞)の両氏と、ツボ押さえまくり。

 さて本題。

 とにかく、ハーフタイムの「ナビスコ以来、165分得点無し!」がきつかったなぁ・・。失点したと言っても、「ありゃ?マークがずれたか?・・ま、攻めてるし大丈夫だろ。」 ええ、これも大甘。流石に後半も20分過ぎたらいやーな感じがしましたよ。

 この試合、途中交代の岡野がチャンスメーク。酒井が啓太の出場停止の穴を見事に埋め・・加えて同点弾。カニ=横山拓也(何故「カニ」なのかは、 こちら参照。)ついにトップ初出場。(除・ボーダフォンカップ 対ボカ@オールドトラフォード。) 闘莉王の決勝ゴールのアシスト付き。

浦和 2-1 清水

前半27分(清水) 太田 北嶋
後半23分(浦和)   酒井
後半39分(浦和) 横山 闘莉王

 これで次のリーグ戦まで2週間。ナビスコの悪い感じを引きずらずにすんだ。(FC東京もジャーンの出場停止はともかく、茂庭以下4人も入れ替えする事態、というから、やはり凄まじい死闘だったのか・・。)

 キャプテンが盾を掲げるマジックは、3(勝点計算)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レッズサポが後ろから撃たれるエントリー タンカを呼べ

 今日職場に行った。話題は昨日の結果だった。空気が重かった。昼は昼で、全国紙と埼玉新聞と、買い込んだスポーツ紙持って、職場のレッズサポ共々「大反省会」繰り広げた。余計、鬱がひどくなった。

 しかし、このままではいけない。そう。リーグ戦は目下2位とは勝ち点差7付けて首位。目前の清水戦に控え、気合いを入れ直し、今度こそ我らが山田キャプテンに、杯の予定が盾になっちゃったけど、持ってもらおうじゃないか。

 そこで!昨日の敗北を糧にし、再度エネルギーを充填するために、あえて敗北の新聞記事やらFC東京サポのBlogやらを引っ張ってきて、思いっきり鬱になろうという、我ながらむちゃくちゃな療法を思いついた。

 タイトルの元ネタは、こちらついでに、浦和美園からの埼玉高速で、困った女性を助けたレッズサポが、その女性をゴール裏に引きずり込んで、彼女もサポ化させる・・話も思いついたが、それじゃ「電車男」の盗作だ。

 さて本題。

続きを読む "レッズサポが後ろから撃たれるエントリー タンカを呼べ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ユルネバに屈する。

東京0-0 浦和
          4(PK)2

以上!!

11人の選手のチューニングのぶれが共振して、思い通りの試合を出来なかったのが、浦和。

ジャーンが抜けて、10人の選手のチューニングのぶれを見事に修正して、130%の力を出し切ったのが、FC東京、と言うことか・・・・。

20発以上のシュートを打っても、入らなけりゃ一点にはならない、ってことか。

CSのマリノスは、これ以上に守りが上手いチーム。監督、修正頼む。

最後に・・・・。

PRIDE OF URAWA!!

WE ARE REDS!!

続きを読む "ユルネバに屈する。"

| | コメント (3) | トラックバック (3)

ナビスコ杯ニューヒーロー賞

今年のヤマザキナビスコカップ、ニューヒーロー賞は長谷部誠選手(浦和)に決定!

浦和オフィシャルより。

長谷部誠選手コメント:
本当に光栄だし、うれしく思います。
レッズもFC東京も攻撃的なチームだし、両チームのサポーターも攻撃的なサッカーが見たいと思う。そんな中で、レッズらしい攻撃サッカーで勝つ事ができればうれしい。
明日は、最高の舞台で、最高のサポーターとプレーできる。熱い応援をよろしくお願いします。

 坪井・達也に続き3年連続受賞は、タイトル防衛の前祝いか。それにしても「最高の舞台で、最高のサポーターとプレー」なんて、サポの心わしづかみ発言ではないかい。

 よーし、気持ちよく釣られて、明日は精一杯・・国立へはいけないので、念を送ります。

ランランララララランラン、長谷部誠~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々々・のりしおか。チーズオニオンか。(直リンを受ける)

 あの、うすしおか、チーズオニオンか、の画像が、FC東京系の 「弾けよう!飛田給!!」さまに、紹介されておりました。

tobita_1.jpgべつにFC東京サポに持って行ってもらっても、問題はありませんが、無断直リン、というのは流石にどうよ?と、 軽く虫の居所が悪くなりましたので、さっそく差し替えさせていただきました。

現状は、このとおりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナビスコ杯臨戦態勢。各々方、心に槍を、そして盾を纏われよ!

11/3ナビスコ杯

STADIUM LIFE -Greatfull Red blog-さまよりお借りしました。

さあ、盛り上がって参りました!

さらに、ほとんどまともな情報無いこのページをみるまでもなく、すでに目にされていると思いますが

浦議から転載

皆さんこんばんは、ROSSO BIANCO NEROです。私たちは、デカ旗やビニールシートを使ったビジュアル応援の際に、中心となって活動しているグループです。

いよいよ今週の水曜日に迫った、ナビスコカップ決勝のビジュアル応援に関して、広く呼びかけさせて頂きたくこちらに書き込みさせていただきました。

今回の決勝は、ディフェンディングチャンピオンとして、負けられない戦いになります。本来であれば大掛かりなビジュアルで後押しするところではありますが、あえて特別なことはせず、あくまで平常心・自然体で戦うこと、そうしたスタジアムの雰囲気を作ることが、リーグ戦を見据えた上でも重要だと考えました。そこで、みなさんに呼びかけたいことがあります。

Lフラッグや、ゲート旗など、思い思いの旗を、それぞれ国立へ持っていきませんか?そして、それを皆で掲げませんか?

一昨年のスタンド一杯のLフラッグに、感動を覚えた方は多かったと思います。席種に関係なく、バックスタンドも、メインスタンドも、もちろんゴール裏も、浦和レッズを再び優勝させるために、国立を思い思いの旗で赤く染め上げましょう!

賛同していただける方は、当日、赤い旗を持って、スタジアムへお越しください。そして、選手入場の際にそれを一斉に掲げてください。

サポーターにもっとも重要なものは“自主性”です。一人一人の気持ちを持ち寄って、選手を強力に後押ししていきましょう!

※この件を、みなさんの仲間内でも広めてください。また、ホームページやブログをお持ちの方は、広く転載していただけると助かります。長文失礼いたしました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »