« Prince NAGAI:奥様研究会発足記念! | トップページ | 萌がやってきました! »

【柏vs浦和】実態は0-4以上?

柏 ● 0-4 ○ 浦和
得点:0-1 室井市衛(前4分)
得点:0-2 エメルソン(後5分)
得点:0-3 エメルソン(後17分)
得点:0-4 エメルソン(後38分)

この試合の課題は、(あくまでも私の勝手な想像ではあるが)

1)相手は負けたら非常事態→引いて守ってくるだろうから、それを崩す方策を練る。
2)疲労激しいメンバーの休養(キャプテン+長谷部が累積出場停止)
3)対CS・天皇杯控えメンバーの見極め(闘将も気が気じゃなかった?)
4)エメの得点王を確実にすべく、野人・永井王子・達也はそれをサポート

かくして、メンバーは

(GK)
23 都築 龍太 
(DF)
5 室井 市衛
20 堀之内 聖
19 内舘 秀樹 

(MF)
13 鈴木 啓太
7 酒井 友之
14 平川 忠亮
30 岡野 雅行
 
(FW)
11 田中 達也
9 永井 雄一郎
10 エメルソン 
(SUB)
28 加藤 順大
26 南 祐三
22 小林 宏之
34 大山 俊輔
27 横山 拓也 
 特に、DFが「いっちー うっちー ほりのうっちー」の旧浦和市出身者にごっそりと入れ替わり、試合終わったときには・啓太・酒井・岡野が交代でいなくなり(ついにデビューの大山・今季初登場の小林・二度目の登場・横山"カニ")、成果は、

1)それ以前に4分で市衛が得点を決めたので、それどころではなくなった。
2)完遂。
3)柏が降格決定戦危機で、テンパッていたとはいえ、十二分すぎる成果。大山の初陣が良い形で出来た。
4)エメハットという、これまた十二分すぎる成果。エメの2点目は、
達也1対1→
ふかそうが、止められようが、バーに当たろうが、シュートで終えるが浦和の芸風?
なのに、エメにパス。

 さらに、徳重健太はトップデビューをC大阪で果たし、1点を取られるも勝利。まさか「入れ替え戦への恐怖のシナリオ」が、浦和によって書かれようとは。

|

« Prince NAGAI:奥様研究会発足記念! | トップページ | 萌がやってきました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/2053443

この記事へのトラックバック一覧です: 【柏vs浦和】実態は0-4以上?:

« Prince NAGAI:奥様研究会発足記念! | トップページ | 萌がやってきました! »