« The End and the Beginning, or "Knockin' on Heaven's Door" | トップページ | 2004 J.LEAGUE AWARD »

うーん・・・・

浦和 1-0 横浜FM(19:30/埼玉/59,715人)
 得点者:76' 三都主アレサンドロ

※2戦を通じて同スコアのため、延長戦を実施。
浦和 0-0(PK2-4)横浜FM

 戦前横浜FMのCS支援画像の、(ゴッドファーザーな、あれ)岡ちゃんの台詞が、今となってはきつくのしかかるなぁ・・。

 成熟度や守備への意識度が素晴らしいし、よく考えたら1stの怒濤の日程を伊達にくぐり抜けてはいないと言うわけだ。岡ちゃんには、完全に手のひらで転がされた。中澤にはMVPおめでとう(あとプレートの縁で手、切ってないか?)

 相手をクサしたら、その相手と試合をやった自らもクサす事になる。罵倒合戦はつまらんし、俺の哲学&Jぴーぷる参加時の声名「(俺は浦和サポだけど) 試合当日の相手チームのサポでない限りは、お仲間である」に反する。もっとつまらんのは、横浜FMサポが中西レッドへの異議やエメの河合ボコ蹴りへの批判やるのは、勝者の権利として、 やむを得ないし、反論不能なのだが、それに便乗して騒ぎ立てる輩。ちょっと今、浦議や2ちゃんなどの掲示板系のページ、あまりにも変な発言多すぎで見るどころではない。)シナリオは一足飛びには書けない事が判った。

 悔しいなぁ。でも、これが今の浦和の精一杯と言うことか。(欲言えば、エメゴールとゴールパフォーマンスCSスペシャルは見たかった。)でもリーグ2ndも取ったし、勝ち点も1位まで上り詰めた。オマケに監督は浦和監督歴=監督歴=今年。戦力外選手が誰になるのかの恐怖も無いどころか、坪井・山瀬の復帰を楽しみに待つこともできる。(+新人君達の成長、もか。)2度も相手の優勝を見せつけられるという変な?経験も出来てしまった。神のお告げは「まだまだ甘い」ということか。

 往生際の悪い一言を許してもらえれば、天皇杯取って、ゼロックス杯で横浜FMにリベンジ・・かぁ?

 PRIDE OF URAWA&WE ARE REDS!

 あ。それから、ラスト。

横浜Fマリノス、ACLがんばってこい!易々と帰ってこられたら、倒された俺らもCS2戦であれだけの試合出来たことを誇れないではないか。

|

« The End and the Beginning, or "Knockin' on Heaven's Door" | トップページ | 2004 J.LEAGUE AWARD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーん・・・・:

» 今季当初に書いたコラム [横浜刹那主義]
この2週間、とても充実した時間を過ごせました。 何より、この結果で締めくくる事が出来て、言う事なしです。 11日は、帰宅が深夜の1時半を過ぎていまし... [続きを読む]

受信: 2004.12.13 22:26

« The End and the Beginning, or "Knockin' on Heaven's Door" | トップページ | 2004 J.LEAGUE AWARD »