« 年賀状エントリー。 | トップページ | どうするどうなる、守備担当。 »

浦和レッズクロニクル

 昨晩の録画をようやっと見ました。

 番組は、殴り合いでも、改名披露でも、歌番組でもなく( 堀尾正明アナの今後が、実に不安になる大失態があったとか、 氣志團のバックのヨン様隊に驚いたとか等と言うことは・・大いに有り。)テレビ埼玉で流れていた「浦和レッズクロニクル」です。

 感想は・・Fマリノスサポで、CS1戦「鯖作戦」を敢行された(支援画像で、鯖作戦を当てこすったネタやってるな。俺)、 横浜門旗のmonkeyさまにも、のように。

当時を知らず、他サポである俺でも楽しめた(浦和がめちゃくちゃ弱くて)。

カッコ内は勘弁!(以下、アップ不能の文言が続くため、省略)

 (;´Д`)ハァハァ・・失礼致しました。流石に全部は無理で、節目節目の試合とゴールを登場させていましたが・・浦和2nd優勝時に流された「お荷物時代」の笑えないネタもありました。それまで見られたら、どう考えても弁護不能。

 このクロニクルで一番面白かったのが、チームの呼び名が変わるところ。

 もちろん浦和レッドダイヤモンズというマスコットネームが出来る前とはいえ、さもそれが当然だったかのように三菱の名が出て、レッズの目的が、地域密着よりもむしろ、三菱自動車の名を轟かせる事にあったのではと思わせるふしが。

(もっとも。三菱自動車FCは、元々神奈川のチームで、等々力や三ツ沢を読売や日産に押さえられ、ホームタウンジプシー状態になっていて、縁もゆかりも無いけれど、Jチームを欲しがっていた浦和に流れ着いた、という歴史もその理由か。)

 それがだんだんと、浦和市にとけ込まれ、浦和にあってこそのレッズ、という所まで来、今年ユニのメインスポンサーを降り、資金援助に頼る事も無くなる所までたどり着くことになるのですが。

 もう一つ。リーグ2戦にしてすでに、入場曲は First Impressions で、応援歌のレパートリーの中にすでに「浦和レッズカンペオン」が入っていたのも、改めて見ると驚きでしたね。

|

« 年賀状エントリー。 | トップページ | どうするどうなる、守備担当。 »

コメント

2004年11月21日ニッカン4面によれば、

・日本で初めて選手入場曲を使用(91年「ダイヤモンドは永遠に」、93年以降「ファーストインプレッション」)

だそうです。

どうりであの曲を聴くと反射的に血が騒ぐはずです。

投稿: 不埒な輩 | 2005.01.03 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/2441232

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズクロニクル:

» 浦和レッズクロニクル [不埒な輩(furachi-na-yakara)]
   テレビ埼玉にて放送された「浦和レッズクロニクル」を録画しておいたので、チェ [続きを読む]

受信: 2005.01.03 23:22

« 年賀状エントリー。 | トップページ | どうするどうなる、守備担当。 »