« ウソをウソと見抜けないと、(掲示板を)使うのは難しい | トップページ | テレビ観戦者の戯言 »

浦和DFラインで飛び交う言語

 故障やら出場停止やらで、まるで浦和のDFラインが日替わりです。

 ところで、何語が飛び交うんだか。浦和選手の使用言語を考察してみると・・

◆チーム内会話の使用言語(母語を含む)◆
・葡語
エメ・ネネ・三都主・闘莉王サントス山岸(少々)
・英語
アルパイ(プレミア出身)闘莉王(少々) ・監督
・独語
監督・ゲルト・永井王子(堪能?)・ネネ(ブンデス出身)
・日本語
ゲルト・日本人選手・エメ(少々?)・サントス(日常レベルは問題なし?)

(川崎戦まで)闘莉王が「通訳としての給料くれ」という冗談を言いたくなるのも解るような。

 でも、どうする?次節大分戦で、英語で指示出来るのは・・いたか?内舘か堀之内か・・。


 

|

« ウソをウソと見抜けないと、(掲示板を)使うのは難しい | トップページ | テレビ観戦者の戯言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/3492959

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和DFラインで飛び交う言語:

« ウソをウソと見抜けないと、(掲示板を)使うのは難しい | トップページ | テレビ観戦者の戯言 »