« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

聖地を穢す愚か者は、誰だ~!

 わらわの名は、ミソノ(仮)。人呼んで「埼スタの勝利の女神」じゃ。

 日本代表も、浦和レッズも大宮も、勝利を積み重ねている。(浦和には「えめる尊」というまた別の神がいて、「えーーめーー、えーーめーー。」という祝詞も用意されているようだが・・それはおいておこう。)

 思い起こせば、一昨年の浦和最終戦。浦和に仇なす者共の方に「勝利の女神」が横浜から来たのを、即刻追い返してやったこともあった。そういえば・・(以下、ミソノ様の思い出話が延々と続くので、大幅に略)

 昨日も非常に危なかった。しかし、「じいこ」なる者、「代表戦はせいんぴすたで」等と、わらわにとってうれしいことを言ってくれるではないか。つい肩入れしてもうた。勝利を呼ぶはずが、相手へ「ミス」を呼ぶことにしてしまったのが、苦しいところだがの。

 ところが、である。何じゃ、昨日の「さぽーたー」の行状は!この「ぶろぐ」なる電脳日記帳の管理人、たけやすとかいう暇人が、 赤ネコ観察日記: バイト目線のバーレーン戦を見て、激しく憤っておった。故に、たけやすなる者の意識を乗っ取って(「ちゃねりんぐ」とも言うらしいが)、ここに記す。

 わらわの聖地を汚す者に災いあれ、とまでは言わぬが、せめて畏敬をもて!確か「彼らは彼らではなく、彼らは我らだ!」が、いかなるチームを応援しようとサポーターの共通の、意識。ゴミは拾え。頼んだぞ!

 


・・・・。居眠りしてしまったか。あれ?なんだ?このエントリ・・?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

テレビ観戦者の戯言

日 本 1-0 バーレーン

(オウンゴール 後半26分)

 選評は、オレよりも現地組の方々にお任せした方が良さそうなので、徹底して三のセンねらいで。


 ニッポン放送(ラジオ)→NHKBS→(ハーフタイム)→テレビ朝日の順序で観戦していました。(前半途中までは、年度末と言うこともあり、帰宅中)

 サッカーのラジオ観戦(?)は、最近では昨年の2nd対清水戦(と、言うわけで、リアルタイムでは、酒井の鬼ミドルは埼スタはおろかTVでも見ていない。)以来かな。

 野球だと、視野がテレビのそれよりも広い上に、ベンチサイドリポーターがいて、適当な「間」がある間にベンチやブルペン情報をしゃべられて、オマケに解説の人もテレビ受けはしなさそうだけど、経歴も凄いし話も地味だけど聴かせるタイプ→実はラジオの方が面白いという、変な話。

 サッカーだと・・これは厳しいですね。対清水戦でも頭の中で、作戦盤の上で、背番号書いたマグネットが走りまくる感覚でしたね。これが浦和戦ならば、名前→背番号への変換はスムーズでしたが、代表戦では・・厳しかった。

 帰宅後はNHKBS-Hi。いやー、画面の16:9ってやっぱ見やすいです・・・・が。何か調子がのらない。何のことはない、ノイズマイクがかなり絞られていて、全然臨場音がない。

 ・・で、やや不本意だけど、テレ朝に引っ越し。角沢アナも、応援の声の方が強くて上手い具合に目立ちすぎていない。セルジオ・松木の両氏もかき消され。ただ・・カメラワークは選手のアップが長すぎで、切り替えが今ひとつ。ロングで写らないだけに全体はどうよ?てのがつらかったな~。


 オマケ。サンスポオンライン版より。

 ジーコジャパン強運アラカルト

 ★03年4月16日の韓国戦

 ★04年2月18日のW杯1次予選オマーン戦

 ★04年7月31日のアジア杯準々決勝ヨルダン戦

 ★04年8月3日のアジア杯準決勝バーレーン戦

 ★05年2月9日のアジア最終予選北朝鮮戦

・・すご・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浦和DFラインで飛び交う言語

 故障やら出場停止やらで、まるで浦和のDFラインが日替わりです。

 ところで、何語が飛び交うんだか。浦和選手の使用言語を考察してみると・・

◆チーム内会話の使用言語(母語を含む)◆
・葡語
エメ・ネネ・三都主・闘莉王サントス山岸(少々)
・英語
アルパイ(プレミア出身)闘莉王(少々) ・監督
・独語
監督・ゲルト・永井王子(堪能?)・ネネ(ブンデス出身)
・日本語
ゲルト・日本人選手・エメ(少々?)・サントス(日常レベルは問題なし?)

(川崎戦まで)闘莉王が「通訳としての給料くれ」という冗談を言いたくなるのも解るような。

 でも、どうする?次節大分戦で、英語で指示出来るのは・・いたか?内舘か堀之内か・・。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウソをウソと見抜けないと、(掲示板を)使うのは難しい

 我が家で、愛・地球博行くか計画が勃発。もし行くのであれば、トルコのパビリオンに行ってみたいぞ。民族料理も食する、という、しょーもない理由でも かまわなかろう。

(05年レプリカは、ついにナンバーを入れた奴<オレ。それもアルピー兄いの「3」)

「鉄」としては、リニモと自動運転バス(名前が出てこない。)、JR東海のリニアは見てみたいし、「足」としてでも、8両オーバーって、新幹線くらいでしか見たことがない(名鉄で8両だったかな。マキシマム。)

 食事場所の甘さは聴いていたが、「ぼった」という話までは、どうもそうでもなさそうだ、という話も出てきて混乱してる。とはいえ、「電通の回し者」メールまで出るようじゃ、勝負ありか。

 ついでに言えば。名古屋人ネットワークは厳しく、ボッタやったという噂が出れば、その勢いは下手なネット掲示板以上だとか。(基本的に性格はケチだが、ここぞと言うところにお金を使う。しかも製品は質実剛健)

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

M&Aを、思いっきり卑近に考える

(大注記:M&Aの新語があまりにも多く、自分自身を整理するために、用語を卑近なネタにしてしまえば、ワケがわかるのではないかと考えたシロモノで、関係者ご一同を誹謗中傷・茶化するモノではありません。)

 Yahoo!辞書-新語探検- に結構な数のネタが出てるけど、最近はM&Aネタが多くなってる。そこで、「試合チケット」に置き換えて考えてみました。仮定で「チケットゲットのためなら、暴虐?の限りを尽くす対・浦和サポへの対抗策を練る、営業部」とします。

ポイズンピル=タダ券を配布し、敵サポに落ちるチケットを物理的に減らす。但し、真っ当にチケット代払った自サポ(特にシーチケ持ち)に対し不公平を生じさせ、不満を増しかねない諸刃の刃。

クラウンジュエル=アウェイ入場口での配布物イベントを消滅させ、魅力を減少させる。(・・って?)

ホワイトナイト=これを使わなくてはならないのが大宮でしょう。岩槻区の誕生で、岩槻区住民を上手く大宮サポ化させ、対浦和ダービー対抗させる。

パックマンディフェンス=逆にアウェイジャックを仕掛ける。これで、ファンクラブ先行販売があれば、スパイ的にチケットを買い漁る。(そもそも。先行販売が無い場合は、どーするんじゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま市の一番長い日・First quarter

でぃびっとそん あれさんどろ 闘莉王 雲井にまがふは 名前なりけり

(一心寺本院前軽薄大安吉日)

 訳:・・・・は無く、ディビットソン純マーカス・田中マルクス闘莉王・三都主アレサンドロと長い名前が多く、マッチアップの時には、選手名をアナウンスする厄介ぶりを、実況アナが詠ったもの。(ついでに。一心寺本院は、駒場のあたりにある実在のお寺。( 参考))実は元ネタの作者の名前が、小倉百人一首中、最も長い。

(元ネタ=76:わたの原 こぎいでて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

(法性寺入道前関白太政大臣)

 


 本題。

浦和(2勝0敗)  2-1 大宮(1勝1敗)
 
前半15分【浦和】田中
前半23分【浦和】エメルソン
後半19分【大宮】冨田

(え~、チケット取れず、テレビ埼玉観戦のため、的はずれはご容赦)

 前半と後半の勢いが違いすぎ・・都築ナイスセーブが無ければ・・・・。去年の前半戦、「2-0はセーフティーリードどころか、不安」を思い出す羽目になったぞ。造形作家なたわごと」のタグチテルヒコさまの、 替え歌に大爆笑

(40は切ってるけど、実は昔やっていたアニメ=みどりのマキバオーで、 オープニングで、歌詞一部改変されて、F・MAPこと福井謙二・三宅正治・青嶋達也の3アナが唄っていた。)

 エメ達の得点感覚が戻りつつあるのが、幸いか。ネット=JsGoalのスコアボードに「悔しい。覚えてろ」と書かれてるあたり、ダービーだなぁ。今後、世界有数のダービーになると・・いいなぁ。

 


 前に記した、デイキャッチの内容。私は聴けなかったけど、はいぱさまにコメントを書き込んでいただき、更に。 番組オフィシャルでも。

 

今度の土曜日、さいたま市が真っ二つに割れるってホント?
山田智之


実は、今年からさいたま市では「浦和レッズ」と「大宮アルディージャ」の2つのJ1チームによるサッカーの「さいたまダービー」が実現。その初戦が今度の土曜日に迫っていて、市民が真っ二つに割れるという噂があるんです。浦和と大宮は、隣町で人口もほぼ同じ。昔から様々な面で対立してきた歴史があります。サッカーのダービーでもライバル心はかなりありそう。ただ、去年のリーグ覇者・浦和と昇格したばかりの大宮では人気も実力もかなり差があります。でも大宮はあまり気にしていない様子。実は4月に合併する岩槻市からファンを沢山獲得できそう。さらにJ1でも最も充実したサッカースクールなど下部組織の育成で、子供のファンが増えつづけているそう。何年か後には、全く同等の激しいダービー戦が期待できそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

球団名

ニャホ・ニャホタマクロー!(挨拶)

 つい先だって、プロ野球活性化の珍アイディア本を立ち読み(・・すみません。本のタイトルなどが全く思い出せません。)。その中に「プロ野球はチーム名を短く!Jリーグの名前を見習おう」と言うのがありました。

・・・・なるほどなるほど。そういえば、阪急からオリックスにブレーブスが移ったときに、「オリックス」と正直長い名前なので(ソフトバンクに抜かれるが、後のこと)ブレーブスと言わさせないように、「ブルーウエーブ」にマスコットネームを返させた・・という噂があった、かな。

 プロ野球12球団中、モロ地元密着なマスコットネームは、広島城の別名=鯉城からとった、カープ。

 親会社を連想させるマスコットネームは、旧国鉄のフラッグシップトレイン(旗艦列車)、つばめ号から採った、スワローズ。

 後の10球団は・・すみません。美称と語感ではないか・・と。

 翻って、Jは?愛称がないFC東京(マスコットネームそのものがいらないと言うことか、付ける対象が無いと言うことか?)・横浜FC(マリノス預かりになっている「F」を返還・奪還するまでは、という意志か?)は当然除き・・。

・・と、やってみたところ、地元密着形マスコットネームは、一ひねりがあるのを合わせれば、18。事J2は、熊ん蜂(アビスパ)と、横浜FC除けば、全チームがこのカテゴリーに飛び込んできます。また、分母は29(例によって、フリューゲルスをカウントしてるため)なので、見事に過半数ですな。

続きを読む "球団名"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・走れ、浦和者

 神戸への遠征記を更に読む、オレ。

赤アカ あか+赤+アカぶろぐ 華月 法里 さまは、飛行機+神戸市営地下鉄「ヴィッセル選手号(仮称)」でした。市衛のクリムゾンユニは、どうも複雑ですが・・。

 

 

 

浦和レッズのアウェイゲームにいってきた!! 浦和レッズのアウェイゲームにいってきた!!の、 mitsuk さまも飛行機。行きが伊丹、帰りが関空・・懐かしいですね。南海ラピート。昔飛行機に乗らずに、関空行ったときに乗りました。スーパーシート取って、差額取り返しと称して、フリードリンク飲みまくって・・(その後。タダのみが続出して、今は無し)

 「スルッと関西使うヤツはマニアらしいですよ」・・とまでは言わないけど、今はICOCA は、こっちのSuicaと共通になっていますし、使い出がこっちのパスネット以上ですからね~(バス共通カードとも合体されてる。) 今、 スルッとKANSAIの発展形として、PiTaPaが阪急と京阪で使われてるけど、いずれはIcoca とも合体するとかしないとか。

與野レッズBlog 與野レッズBlog  與野市民さまは、自家用車。渋滞避けるためとはいえ・・オレには無理だ。

(オレの場合、車の運転は300キロまでが限界・・。)

 

 

kick KICK!-Weblog kei さまは、ながらの定期便。何でも同行された、Smile Redsうおっちさまは、小田原からの自由席争奪戦に参戦したとか。

 ながら自由は、本格的オンシーズンになると、名古屋まで誰も降りないんじゃないか?てな程の阿鼻叫喚状態になりますし。 最後の手段は「D寝台」という名の、「床に新聞紙でも敷いて寝る。」

(注記:寝台車は、基本的にはAとBだけ。C寝台は「ムーンライト山陽や、急行能登のラウンジ部分のソファで寝る。」)

  きんぐくんのBLOG king07さまは、遠征ついでに和田岬線制覇されたそうです。

 確かに制覇する難易度は、結構高いです。

(一番きついのは、今はないけど、「北海道の石勝線=最晩年の楓駅に、列車で乗り付ける」ですか。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走れ!浦和者

 結局遠征していないわ、TV観戦もしてないわ、そんなオレがこんなエントリして良いのだろうか?

 夜中に移動→走れ!歌謡曲ってあったなぁ→フェスタの岡野の「走れ!正直者」を思い出して思い出し笑いのまま、続けましょう。

tenjyoin_fukushima

 まずは、熱血添乗員 福島大輔の浦和レッズ観戦日記福島添乗員様。


 言うまでもなく、阪急交通社の0泊3日弾丸ツアーの添乗されています。


 そして、そこに現れた「自称・見習い添乗員」は・・・・?

nishino


 西野努さんだった・・・・。


 鉄道移動組は、RHBの中の人たちは、あらかた18切符でながらの中の人の模様。


kioku


 記憶と忘却の部屋管理人さまは、定期便で。

 え~、ここで鉄ヲタの習性で、申し訳ないエントリーをば。


不思議だったのはデッキに人が溢れてること。全席指定のはずなのに。

 定期ながらは、全席指定なのは小田原までで、そこから先は一部自由席(名古屋から全席自由)。とはいえ、自由席争奪戦に小田原から参戦しても、座席争奪戦に勝てるとは思えませんが・・。

kisaki

 True Faithのkizakiさまは、臨時ながら(通称:救済臨)。


通称「大垣ダッシュ」には不参加


 臨時の方が、遠方に移動するにあたり有利、ですが、それでも定期ながらよりも早い移動。

urawagoten

 浦和御殿の紅い雪だるまさま・・・・そこって・・?

 皆様、お疲れ様です。

 TBSラジオで、昨日の予告で(番組忘れたけど確か「荒川 強啓 デイ・キャッチ!」だった?)「今週末、さいたま市まっぷたつ!」といってたが・・これ、次のナビスコ杯予選浦和対大宮のさいたまダービーのことではないか・・な。

 ダービーだ。下から読んでもダービーだ。だーびーだ・・だーびーだ・・だびだ、こりゃぁ!(昔、キムタクのJRACMで、こんなのがあったです。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Air from Overture No.3 BWV.1068

決定版!!メガダンス
オムニバス

インディペンデントレーベル 2005-01-19
売り上げランキング : 10,830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
SUPER EUROBEAT presents INITIAL D BATTLE STAGE(CCCD)

 いきなり、クラシックのタイトルぶつけて(邦題:G線上のアリア)ついでにダンスコンピレーションのアルバムジャケットで驚かれたかも。

 この18曲目、「Everything's Gonna be Alright」が、こないだの鹿島戦Go Reds Goのオープニング曲(プラグがぐさぐさ刺さるCGアニメ付き)だと、川崎戦直前に、ようやくここ、MTY'S company Official Home pageで見つけ(遅いぞ<オレ)、やっと到着。

 曲の元ネタが、言うまでもなく「G線上のアリア」。アリアと聞いて、たいがいはこれを連想するかな?(本当は、オンブラ=マイ=フとか、蝶々夫人の「ある晴れた日に」とかが、正当なんだとか。(参考
 まれに、フィットベースの、2.5ボックス輸入車を連想したり、その他どうもよくわからんモノを引っかけたけど。)

 クラシックのおいしいどこ取り、と来れば、ザ=ピーナッツの「情熱の花(=エリーゼのために)」とか、山下達郎の「クリスマス=イブ(=間奏部分に、パッヘルベルのカノン)」、近きでは平原綾香「ジュピター(=ホルストの「惑星」より「木星」(※))」とかが思いつくところですが。

 ところで・・・・関連商品が"SUPER EUROBEAT presents INITIAL D BATTLE STAGE"って・・これはレッズサポか?このCD買ってる人は?
(イニDの3曲が、今年GRGのラインナップに加わったとも、MTY'S company Official Home pageにあった。)

続きを読む "Air from Overture No.3 BWV.1068"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナビスコ杯ですよ、奥さん!

poster2005_l

 しかーし!神戸にまでは流石に遠征不能の上、スカパー!の契約もまだ。
(実は、これを見たさに、今オフ中BS&CS110度
アンテナは立ててあるので、あとは、「踏ん切り」という名の契約だけなのだが・・。)

 解ってるのは結果だけ(神戸1-2浦和)なので、選評は云々しませんが・・「勝てて良かった」。
 次はさいたまダービーが待っているみたいで、そろそろ「完膚無きまで叩きのめす」元の姿を待ってます。
(「初物には弱い」クセして、「J2昇格1年目や、降格危機相手には徹底して情け容赦なし」)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マジか・・・千島。

オフィシャル

 鶴アイコンの用意か・・。で、「距骨」とは。

 このページによれば、すねの骨と土踏まずを接続する位置にあるようで、ここの具合が悪いと起こりうるという病変が、

恥骨筋炎内側ハムストリングス断裂・内転筋断裂・前十字靭帯損傷・内側側副靭帯損傷・鷲足炎・内側腓腹筋断裂・
シンスプリント・有痛性外脛骨炎・足首外反捻挫・足底筋膜炎・有痛性踵骨棘・陥入爪・ランナーズニー・外側側副靭帯損傷・外側腓腹筋断裂・足首内反捻挫・偏平足・外反母趾

さらにからだ全体の筋肉や関節に影響を及ぼします。

 去年から見た、サッカー選手のケガの名前のオンパレード。(ヒデに、坪井に、小野に、山○に・・・・。)

 うむむ。これはきちんと直すしかないか。仁賀先生、よろしくです。しかし・・トップ下いねーぞ状態で、ケガでリタイアとは・・・・。

05.03.14 千島 徹 選手について

 

千島選手は「右足距骨軟骨損傷」のため入院・手術を行いました。なお、復帰までは約6ヶ月間かかる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

播戸とエメの点取り屋対決&山田キャプテンの愉快な日記

・・エメ早く調子戻してくれ。

神戸オフィシャルに「東西点取り屋対決」とあるのはいいのだが・・。


 山田キャプテンの「暢久からのメッセージ」更新されていた。

Q:山田選手には好きなスタジアム、嫌いなスタジアムはありますか?

A:ない。

・・・・キャプテン~、お世辞でも良いから「駒場」「埼スタ」って言うのかと思いきや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けなかったのが幸いか。

川崎F 3-3 浦和

前半5分【川崎F】 ジュニーニョ
前半21分【浦和】 酒井
後半7分【川崎F】 我那覇
後半19分【川崎F】アウグスト
後半35分【浦和】 岡野
後半44分【浦和】 闘莉王

 今回の試合参戦を望んだ理由。あれだけ煽られては、受けて立つしかないじゃないですか・・というのもありますが、もう一つ。

エメルソンDVDバイオグラフィー
エメルソン

日活 2005-03-21
売り上げランキング : 1,970

おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このDVDは、エメゴール(札幌時代から始まってる)集なのですが、そのエメが一チームだけ、ネットを揺すっていないチームが一つあります。それはどこでしょう?

・・・・言うまでもなく、川崎です。ここで決めれば、エメは全チーム(除:2005年参入組の草津と徳島)から得点を奪うことになる。これは前人未踏、是非みたい!

 結論から言えば、不発でした。遅刻爆弾が見事に響いてるし、ジュニーニュにがこれで今期2点目・・心中穏やかには参りません。坪井も帰ってきましたが(90分リーグ戦で試合に出れば、アイコンを撤去する、と声名出していましたので、後ほど)これまたコミュニケーション不足で結果3失点

 3-1になったところで、(酒井のゴール、上手く入ってくれた、と、アウェイ側からは見えたのだけど、鬼ミドルだった)こりゃブーニングか、静観か、負けも覚悟してたら・・内舘の死守(後でVTR見たらまさに。自分がゴールするおまけが付いたけど)、カニと岡野の「野人組」のワンツーで、こうなったらどーなろーと、PRIDE of URAWA唄ってやれ・・でもロスタイム3分・・ダメか・・?決めたよ!!と、まるで勝ったような・・・・と言いたいけど、落ち着いたら今日の試合は負けないのが幸いと言うことか。

続きを読む "負けなかったのが幸いか。"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

意識サレマシタカナ

MDP は、表紙ジュニーニョ…はいいとしても、インタビューコバって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南新宿ライン、ウゴカネ~

 予定では、渋谷駅にいるはずなのに・・・・。

 誰だ?池袋駅構内に降りたやつは~(泣)

 

 明らかに浦和サポあちこちにおり。(19番タオマフや、UBの紋章、スポーツオーソリティのビニール袋と来た日には。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸市営のヴィッセル電車

 熱血添乗員 福島大輔の浦和レッズ観戦日記の福島添乗員さまが、間近に迫った「対神戸アウェーツアー」の事前調査で、神戸に行かれたそうな。

 凄いですね。播戸や、市衛や、とにかく神戸の選手・顔と足形とプロフィールが電車に貼られてるですか。早速盗難にあったカズ、流石の貫禄というか。

(窓ガラスに貼るのは、地下鉄だけどどうよ・・とは思うけど。あと、車内側では、このステッカーはどうなってるんでしょうか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浦和鉄研、一不名誉会員の、妄想竹

 エルゴラッソ3/11・12号は・・エメとジュニーニョの「恐怖!得点王どうしの大激突」・・も気になります。加えてこの二人、 プーマのイカナという「同モデルスパイクダービー」が発生・・するも、そのへんは他の方にお任せ。

 今回の記事で驚きなのは、安藤正純「日本VSドイツ。スタジアムアクセス対決」前編

 要は、2006年独W杯の時に、スタジアム渋滞が起きないか?美園状態にならないか?というQに対し、

「独にはトラムがある。ダイアグラムは、「客をさばききるまで。」時々骨董品すれすれの電車が来るがご愛敬(おおっ!2軸単車だよ!台車がブリルだ!!多分)。チケットにはトラム代が入ってるので、検札無し。」

 すっげー羨ましいです!埼スタへ作るというLRT、是非ともこれを採用出来ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エメは全く漢なり

 あの件については、一件落着。暴走するに至る過程は、酒と考えが浅すぎの誹りは免れないが、これだけ早く事態が収拾出来た。あのままほっとけば、悲惨な状況になるところだった。

(鉄ヲタのオレにとっては、「鉄道ジャーナル編集長筆禍事件」が頭によぎった。)


 本題。

エメルソン26億円より浦和
カタールのクラブの破格オファー蹴っていた

26億円・・1円玉なら26億枚・・アルミ地金で2600トン(全く見当が付かない)

全額埼玉県信用金庫レッズ定期に入れて、優勝したときの(税抜き)利息=260万円

カブドットコム証券の株券=7200株強

(この後、浦和戦における、さいスタチケット全部買い占めたら等々、暴走。)

  エメルソンは昨季のJ1チャンピオンシップ横浜M戦での屈辱を晴らし、日本最高のサポーターと歓喜を分かち合うことを選んだ。

 両目から激しく汗が出てくるじゃないか!

浦和まで 行けどもエメの 折悪く 人づてならで 言ふよしもがな

有三塁

63・今はただ 思ひ絶えなんと ばかりを 人づてならで 言ふよしもがな・左京大夫道雅 より。

エメ獲得に、浦和までやって来たアル・サードの代理人。しかし、エメは首を縦に振らぬばかりか(当時)まだブラジルで、直接逢って訴える事が出来ずに困ってしまっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

其の御名の長さ雲ゐにまがふほど

 大野氏の一件は、先刻2つ下の内容と大意変えずに 株式会社レディオパワープロジェクト あて文章作って記名の上、送っておいた。以上。


 では、まずは、アルパイ兄いの「やってもうた」一件について。

アルパイ選手(浦和レッズ)の処分を下記のとおり決定いたしました。

【処分内容】
2試合の出場停止

【出場停止試合】
2005年3月12日(土)開催
2005J1 第2節 川崎フロンターレvs浦和レッズ

2005年3月19日(土)開催
2005Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Aグループ第1節
ヴィッセル神戸vs浦和レッズ
※出場停止期間中に行われる2005Jサテライトリーグ1試合についても出場停止

J’s GOALより。

 正直、こりゃ2試合の停止が追加=3試合停止か・・とも覚悟はしたが、どうやら、赤もらって、引き上げる際の暴力行為について、停止試合1追加、ということか。クラブからの罰金はなしだそうだし、比較的軽い処分ですんで良かった。

(いや。「金持ち喧嘩せず」と言う言葉もあるし、エメじゃないけど「試合に出られてナンボ。無駄なカードもらわんよう、審判との関係を保つ」知恵もいるか。)

 「多くて7割、少なくとも半分以上はスタンドが青に染まるはず」

asahi.com : MYTOWN : 神奈川より。

・・・・え~皆様お騒がせ致しました。私、次の川崎戦参戦が確定致しました! Republic of URAWAのyasさま。感謝感激雨霰。

 確かこの試合、 鯆組Blogさまのこのエントリ2枚目の写真でも、相当に煽られていますなぁ。しかーし!相当の対策を取ったとはいうものの、7割はどうかなぁ・・・・。(CSで、マリノスファンクラブに入ってまで、切符を買い漁るような、とんでも無い奴らですぜ。その末席を穢してる私もその一味だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂歌・落首の本

江戸のパロディー もじり百人一首を読む
武藤 禎夫

東京堂出版 1998-12
売り上げランキング : 451,736


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 例の浦和古典ネタ繋がりでゲットしました。

 やっと8番・喜撰法師までは読んだ。んで、一句。

 我が席は 美園の辰巳 ばくすたの よをぬるさぽと 人はいふなり

南回帰線法師

(さいたまスタジアムの辰巳(南東)が、定位置のサポ。応援が温いぞー、と言われているが、応援してる気持ちは変わらないぞ、という半ば反骨半ばヤケ。)

大注記:本当のおいらの定位置は、なるべく北よりのSC。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

まさか、このジャンルエントリが、発生しようとは。

 何だかなぁ・・。どうもろくな話がない。

 大野氏は暴走するし(これは後で記す)、 kabu.comのる~さ~ 常務執行役さまのblogが、筆禍事件元で猛烈に荒れるし(これも後で記す)、止めに 田邊代理人のblogは、完全に「逆ギレ」(これは記す気にもなれない)。

 まず最初に。どのような考えを持ったサポがいても、選手がいても、主義主張思想問わず「浦和人」と考えている。

 だけど。浦和のエンブレムが背負うのは、フットボールクラブとしてのプライドだけで十分。政治だの思想(チームとしてのスタイルを超えるモノ)だのは背負い切れない。背負わせるべきでもない。

(つか・・こないだの対北朝鮮戦で、「政治とスポーツは別物」と言ってきたばかりだっての。アルパイ兄い捕まえて「クルド人難民問題」語らせるとか、ペトロ兄いに「あのときのNATOの攻撃についてどう思うか」語らせるとか位の、強烈な違和感だな。いや、それどころか、右翼あたりが過剰反応して埼スタ駒場大原にがなり立てに来られたら・・。)

 ・・・・。つか、正直なところ。

サッカー場で浦和レッズ以外のこと、考えるの、タリー(`~´)

(今回コメント&トラックバック殺してあるのは、リアルでは思想が左なので。「政治的意図でREDSの名を使うのは反対」以上の意見ととらえられると、オレの本意ではなくなる。申し訳ない。)

 


 今回の筆禍事件でる~さ~常務執行役の事を初めて知った。というか・・実はオレ、kabu.comの口座持ちなんだよね・・。1万円づつ、ちまちまと投資信託につっこんでいるだけの、ショボい客だけど。

 要は、サポがスポンサーさまになり、土曜日の大荒れ試合を見て、暴走した。と、言うことだが、

ちなみにリーグ対戦時はぶっ潰しますので。

位ならともかく、匿名での2ちゃんねるスラング丸出しの文章は・・かなり痛い。kabu.comつかわねーよとわざわざ表明するのも、要は「ナニがイイタイの」だし。

 はぁ~(溜息)。

 にしても。スケールのでかい話だなぁ・・。どこかで「『金を出すから、浦和のサポを辞めろ。』と言われたら、なんと答えるか」というネタがあったけど、一番大笑いした答えが。

「3億円以上。サポ辞めて、スポンサーになって浦和を支援する。」

|

阪急交通社 熱血添乗員~福島大輔さんの、浦和観戦日記

 阪急交通社の「赤い稲妻大作戦2005」がらみで、コメントを頂き、改めて見つけました。

熱血添乗員~福島大輔 さんの、

熱血添乗員 福島大輔の浦和レッズ観戦日記

 草津のプレシーズンも、鹿島戦でも・・今回の鹿島戦に関しては、ボーイズマッチから、レッズバーに犬飼社長登場まで。これは恐れ入りました・・・・。

 と言うわけで。私も毎試合参加とはいきませんが、浦和のいくところ、ニアミスしてることは間違いない。それにあれだけ茶化したエントリで、おしかりを受けなかったのはありがたい話。まだアウェイ戦はどうするか未定ですが・・機会ありましたらよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたよみは へたこそよけれ あめつちの うごきだしては たまるものかは

 URAWA Rails {ウラワ系鉄道研究会}に加盟してみた(浦和歴よりも鉄歴の方が、どう考えても長い)と思ったら、今度はこれ。

浦和歌壇浦和古典

浦和御殿の紅い雪だるまさまが、小倉百人一首・浦和狂歌をとりまとめる事になり・・何故か乱入しては見たものの、実は伊勢物語。

(何しろ捻ったのが、北越谷行きバス待ちの並びの中で、携帯電話から。)

次のネタを探しましょう。出来れば、気持ちよく勝った後に。

 


 百人一首パロディで、検索かけてみて私的にヒットしたのが、これ。

蜀山先生 狂歌百人一首

大爆笑! 流石に「九十九は、選び一は ひねるなり」は入っていないか。

(注記:百人一首は、一作だけ選者・定家の歌があるので。)

 

 


 もし、出来ましたら、エントリーを。え?不出来?良いんですって。このエントリーのタイトルのとおりですってば。

(意味と解説:「歌人は下手くそで十分だ。いちいち「感動した!!」と天地に動かれたら、俺たちゃたまったモンじゃない」

元々、土佐物語ではネカマになってしまった、紀貫之の古今和歌集序文に、 「力をも入れずして、あめつちを動かし、目に見えぬ鬼神(おにかみ)をも、あはれと思はせ、男女(おとこをんな)の中をも和らげ、たけきもののふの心をも慰むるは歌なり。 」とあるのを踏まえてます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな日もある、試合もある。

 浦和 0-1 鹿島

・・・・いや、敗戦は時の運もある・・と言いたいが、何じゃこれは?

警告

三都主 (1)  ネネ (1)  闘莉王 (1)  酒井 (1)
アルパイ( 前半44分即退場)

フェルナンド (1)  青木 (1)  大岩 (1)  新井場 (1)

「外連見なく」が身上の浦和にとって、あれだけやられて負けというのは、腹立つなぁ。(挑発に乗る方も乗る方だ、という突っ込みは当然だが・・・・。)



で、下のエントリーに続きます。

続きを読む "こんな日もある、試合もある。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけやすココロの一句

かく負けし
帰路につづきし
辛き道
罵倒も出来ずに
ただ涙かな。

準急業平橋

伊勢物語ならぬ偽物語050305162035.jpg

続きを読む "たけやすココロの一句"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

て、敵地(笑)

050304173506.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野駅と言うより…

もーにーわ!! 茂庭っ!! 注記 ここは浦和系BLOGです。050304170839.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の埼玉新聞

え〜あえてノーコメント。 職場の反応。 「広告かと思った」050304130423.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Voderphone x REDS

 この壁紙吹き出し書きてぇー。

ギド     「エメ、もう風邪大丈夫だろうな?タイーゼさんによろしくな。開幕は3/5だぞ!」

新人君たち「あ。俺。今度ヴォーダフォンの広告出るから。見てね。」

土田コーチ「土田だ。山岸がケガしてしまった。至急リハメニュー送れ。」

 

・・・・不発。それよりも、長谷部スマイルが異様にさわやかなのと、山田キャプテンの「いずれプリン頭」が気になって気になって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年マガジン最終話(We are Diamonds~ うぃーあーだ~いあも~ん)

 永井王子の悪人顔化の心配は解消されるも、今度は野人の類人猿顔が・・・・。ネタ的には、既出のものだったのですが、やっぱゴールを決めた後の、コーナーポスト掴んで「おらおらぁ~!」パフォーマンスは、絵になるなぁ~。

 ここに来て、エメの絵がこなれた・・のは良いけど時すでに遅し。

 ・・・・ところで・・・・、2003年ナビスコ杯の時に、内舘が杯を口に突っ込まれてる絵があったのだけど・・あれは現実だったのでしょうか?

 

 それよりも気になるのは。塀内先生の後記。「川崎のホーム開幕が、なんと浦和戦。目指せ、勝ち点1!」

 赤星出せ~、と笑えない冗談言った頃から、はや13年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »