« 意識サレマシタカナ | トップページ | 播戸とエメの点取り屋対決&山田キャプテンの愉快な日記 »

負けなかったのが幸いか。

川崎F 3-3 浦和

前半5分【川崎F】 ジュニーニョ
前半21分【浦和】 酒井
後半7分【川崎F】 我那覇
後半19分【川崎F】アウグスト
後半35分【浦和】 岡野
後半44分【浦和】 闘莉王

 今回の試合参戦を望んだ理由。あれだけ煽られては、受けて立つしかないじゃないですか・・というのもありますが、もう一つ。

エメルソンDVDバイオグラフィー
エメルソン

日活 2005-03-21
売り上げランキング : 1,970

おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このDVDは、エメゴール(札幌時代から始まってる)集なのですが、そのエメが一チームだけ、ネットを揺すっていないチームが一つあります。それはどこでしょう?

・・・・言うまでもなく、川崎です。ここで決めれば、エメは全チーム(除:2005年参入組の草津と徳島)から得点を奪うことになる。これは前人未踏、是非みたい!

 結論から言えば、不発でした。遅刻爆弾が見事に響いてるし、ジュニーニュにがこれで今期2点目・・心中穏やかには参りません。坪井も帰ってきましたが(90分リーグ戦で試合に出れば、アイコンを撤去する、と声名出していましたので、後ほど)これまたコミュニケーション不足で結果3失点

 3-1になったところで、(酒井のゴール、上手く入ってくれた、と、アウェイ側からは見えたのだけど、鬼ミドルだった)こりゃブーニングか、静観か、負けも覚悟してたら・・内舘の死守(後でVTR見たらまさに。自分がゴールするおまけが付いたけど)、カニと岡野の「野人組」のワンツーで、こうなったらどーなろーと、PRIDE of URAWA唄ってやれ・・でもロスタイム3分・・ダメか・・?決めたよ!!と、まるで勝ったような・・・・と言いたいけど、落ち着いたら今日の試合は負けないのが幸いと言うことか。

 さて。あとは。

※フロン太君、八面六臂。
 試合前のイベントで、コナン君(着ぐるみ)と一緒に歩いていたのがまず見た初め。
 次は、スチャダラ=アニの始球式。

 始球式。浦和でやったことはないので、おそらくは、
「選手入場→バックスタンド側から試合球を持ったアニがやって来て、『頑張れフロンターレ!』とでも言って、主審に渡す」
と想像していたが・・勘違い。
 ハーフから、ドリブルで走り込んで、シュートする・・・・だけ。(GKはふろん太君)

 ハーフタイム。浦上壮史さんの引退セレモニーで、花束贈呈で現れる。

 試合終了後。選手バス前にやって来て、引き上げる選手とともに、パニック起こさない程度にやって来る。
(がなはー!という声援を確認)

|

« 意識サレマシタカナ | トップページ | 播戸とエメの点取り屋対決&山田キャプテンの愉快な日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/3276191

この記事へのトラックバック一覧です: 負けなかったのが幸いか。:

» 3/12 川崎vs浦和戦 レポート [sattiのサッカーコラム 〜TAKE OFF TOGETHER NOW!〜]
3/12 川崎vs浦和 15:30キックオフ    浦和スタメン           川崎スタメン       都築               下... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 23:13

« 意識サレマシタカナ | トップページ | 播戸とエメの点取り屋対決&山田キャプテンの愉快な日記 »