« まさか、このジャンルエントリが、発生しようとは。 | トップページ | 其の御名の長さ雲ゐにまがふほど »

狂歌・落首の本

江戸のパロディー もじり百人一首を読む
武藤 禎夫

東京堂出版 1998-12
売り上げランキング : 451,736


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 例の浦和古典ネタ繋がりでゲットしました。

 やっと8番・喜撰法師までは読んだ。んで、一句。

 我が席は 美園の辰巳 ばくすたの よをぬるさぽと 人はいふなり

南回帰線法師

(さいたまスタジアムの辰巳(南東)が、定位置のサポ。応援が温いぞー、と言われているが、応援してる気持ちは変わらないぞ、という半ば反骨半ばヤケ。)

大注記:本当のおいらの定位置は、なるべく北よりのSC。

|

« まさか、このジャンルエントリが、発生しようとは。 | トップページ | 其の御名の長さ雲ゐにまがふほど »

コメント

珍しく鉄色なし。しかも「鹿」を絡めなかったところがいいですね(^^)

投稿: 紅い雪だるま | 2005.03.07 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/3210393

この記事へのトラックバック一覧です: 狂歌・落首の本:

» たまには文化のかほりを [ヒマジャーノンに札束を]
ご存知かとは思いましたが、地口(じぐち)尽しの百人一首というところで、TBさせて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2005.03.08 17:56

« まさか、このジャンルエントリが、発生しようとは。 | トップページ | 其の御名の長さ雲ゐにまがふほど »