« 勝ちたい・・たとえ審判がショボくても | トップページ | ロマンティック浮かれモードになってたまるか、引き締めじゃ&10,000ゴール »

【お詫び】トラックバックスパムの件について

 この件について、TBスパムをやってしまった、被害BLOGオーナーの方々に、深くお詫び致します。悪意は決してありませんでしたが、不注意によるものです。以後、匿名さまの指摘されたエントリを熟読の上TB打つ際には良く注意いたします。

 本来ならば参上してお詫び、と、言うところですが、このエントリにてお詫びさせてくださいませ。

・・・・やっぱり、頭に血が上った状態での、エントリは辞めとくべきだった。

 


 さて。今回の事故に際して、「遅れなんて、どうでも良い」という論調が、結構出てるけど、オレは、完全には同意致しかねる。

 勿論、今回のような(報道が正しいモノとして)パワハラとしか言いようのない「日勤教育」の恐怖によって、定時運行させるのは論外だが。

 客が「この電車は遅れずに目的地まで運転してくれる。」と信頼する。その信頼を、プロとして(運転士はそうそうなれるモノでもないし、なる以前に身体的適正で断念せざるを得ない人もいる)力と誇りに変えて頑張る運転士がいる。遅れても良い、とは、なるほど運転士へのプレッシャーを緩めるかもしれない。しかしそれは同時に、運転士への期待と尊厳をスポイルすることになりやしないか?期待と尊厳の集合体。それこそが「安全神話」といわれるモノ。

 浦和系BLOG風の書き方をすると、こうなる。

 トップの試合で、ダイヤと星雲と桜草と校舎のエンブレムを選手として装着できるのは、交代要員足してもたったの16人(GKは別色デザインだろ、という突っ込みは甘んじて受けます)。

 そして、16人の選手は、浦和レッズのサポの勝利への渇望を。いかなる不利な状態であろうとも、最後の最後まで諦めない責務を。その双肩に担っている。そう、赤いユニと、エンブレムにかけて。サポが諦めたら?それは、選手への期待と尊厳を傷つける事、そう、自ら愛する選手を愛していない、信じていない事への裏返し。

|

« 勝ちたい・・たとえ審判がショボくても | トップページ | ロマンティック浮かれモードになってたまるか、引き締めじゃ&10,000ゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/3930775

この記事へのトラックバック一覧です: 【お詫び】トラックバックスパムの件について:

« 勝ちたい・・たとえ審判がショボくても | トップページ | ロマンティック浮かれモードになってたまるか、引き締めじゃ&10,000ゴール »