« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

ネット番長望年会

 第二回ネット番長望年会・ ・を前になすべき事がある。お約束のゴミ拾い。

 失敗だったのはゴミの仕分けが、埼スタなどと違って3種だった事。結局、空き缶は通路にまとめておき、シミズオクトの人に 「空き缶は集めきれなかった。すみません。」とだけ言って、後をお願いするハメに。

 しかし・・椅子とコンクリートベースの間にゴミ袋をねじ込むのは、本当に勘弁してくれ。ついでにどこかに引っかけたらしくて、 左手親指から流血したまま会場へ行くハメになってしまったではないか。

 それにしても、先の東京V戦でのウイスキー&烏龍茶に続くとんでも無い物を拾いまして・・(ここ伏線)。


 

 会場には今見てきた試合延長前半部分のVTR。

「あーれー!やまだー!ららーらららららー、やまーだのーぶひさー!  ひーうぃーごー!」

まずは、山田暢久チャントの大合唱。長谷部ゴールシーン直前には、

「オィオィオィオィ・・・・・うぉ~・・・ オイ!!(ドリブル中~シュートと同時に「オイ!」)  さあ決めてくれ俺たちの長谷部~!!」

さらに鍋が出たら出たで、

「鍋~、ララララーララ。ばーもー、なーべ、ばーもぉー。なーべー、なーべー。」

(全部、エメチャントの替え歌)

 オマケに、"You' ll Never Walk AGAIN"唄ったバカが・・この私。


 

 yas 様には再会を果たし、ほとんどは初めまして(埼スタでゴミ拾いしたときに会った、方もおりました。)でしたが、 そりゃあ楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 mao 様、 ポストカードありがとうございました。都築の尻尾に大笑いさせて頂きましたとも。
 kojya 様、 またいつか支援画像合戦やれる機会ありましたらよろしくです。(+モテコ忘れた・・_| ̄|○おかげでカエル君にかまれまくりました。)
 かつフト男様、紹介スライドありがとうございました。・・・ 本家鉄道系のページもなんとか立て直します。

文句があるのはただ一つ。
「飛田給とまんねぇ~!」じゃなくて
「伊勢崎線終電早すぎ!」

(千駄ヶ谷10時に出ないと終電無いって、どうよ?)

 新宿から宇都宮線方面乗り換えるの(`~´)タリーになってしまって、ホームライナー古河で帰宅(追加料金500円也)。 グリーン車でノビノビ帰宅させて頂きましたとさ。

(座るなり2席占領して爆睡するおじさんやら・・。)

 



(追記)
 ゴミ拾いの戦利品は、下のカレンダー。・・・・でもなんで、ジァイアンツカレンダーが、浦和側指定に???

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【国立競技場】天皇杯準決勝 大宮vs浦和

 立ち上がるはクロアチア国旗と、クロアチアチェック!
 タイトル?ビッグクラブの証?ACL? それよりも「侍」マリッチと決勝に行き、「もう一度」ここで試合をするために、勝つ! そういう熱い奴らが、ここにいる。巨大クロアチア国旗は撮れませんでした。

 テンションは上がってます。指定席からは相当の数のカメラがここに向けられた。

 パジェロとボーダフォンの両デカユニそろい踏み!

 試合はお互いの長所潰しまくり・・というか、2-0-8システム状態で、どうやって点を取れと?セットプレーしか思いつかないぞ・・ と、ここはコーナーからマリッチの頭にドン。しかし、すぐに大宮にセットプレーで点を取られ、1-1で前半終了。

 後半突入、長谷部ゴール。1-2のまま85分も経過した、チャントもPride of URAWAになった。 後はタイムアップを待ってWe are Diamondsになだれ込むだけ。

 そんな甘い考えでは、蹴球の神鳥、烏(八咫烏)に罰を受けるわけだ。 (後半烏が飛びまくっていて、サポへの集中欠いてしまった時間帯有り。勿論、脚は2本しかありませんけどね。反省。) 上背のない浦和選手では、ハイボール見失ったらああなるわな・・同点。

 ここで思いっきりネガるのが浦和サポの悪いクセ。

 延長→決着つかず→PK戦→敗退。

 しかしそれを破ったのは、我らが山田キャプテン。ループで決めて勝ち越し・・でもまだ心配だ。 その心配と大宮のDFを振り切ったのは長谷部の暴走ドリブルシュート。あの瞬間は、エメか永井か達也か、 ジョージ=ベストもかくや、か。

(注記:実はジョージ=ベストのプレーは、映像では知りません。)

 そしてゴールを決めた選手に寄りそうは、マリッチ!

 かくしてトータルスコア2-4で、決勝進出!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【国立競技場】全日本ユースサッカー選手権 決勝

(今回のエントリは、ちょっと数が多くなります。)

 天皇杯 大宮対浦和の試合の前、全日本ユースサッカー選手権 決勝、 FC東京U15深川vs浦和レッズジュニアユース戦からすでに国立に入っています。

 ホーム側ゴール裏。この時点では大宮のサポはまだあまり到着しておらず?FC東京との「呉越同舟」状態でございます。しかも 「ユルネバ」まで持ち込んでるときては。"ALONE"のところで"AGAIN"をかぶせようかな?とは思うけど、これは中学生の試合だ。 ぐっと押さえる。
 FC東京のサポさんたちは、ちゃんと名前までコールしているではないか。しかも電光掲示板は一つしかない=電光掲示板を見る術がないのに。 さすがである。案の定、ここんところをFC東京側から指摘されてる。

 (余談ながら。ここはバック側上段の指定なるも、遂に写真のオレンジ色の部分(大宮側)は埋まりませんでした。)

 更に余談ながら、こちらがハーフタイム時点での浦和側G裏。数の圧力とでもなんとでも言え。

 試合は結局0-2で、浦和JY優勝・・だけど、実際には点差以上の凄まじい強さを発揮。間違えてユースが入っていないよな? それどころか、トップが混じっていないか?級の、末恐ろしい中学生たちでした。

 公式記録によればシュート数東京深川5に対して24本。 高橋君(7番・MF・CAP)がガンガンドリブルで上がり、パスは気持ちよく流れるがごとく繋がり、挙げ句の果てには「エメ風時間稼ぎ」
(↓参考図。ボールを「おーれ、取ってみろー」とばかりに晒しておいて、取りに来たところで後ずさりする、あれ。)

マルセイユ=ルーレット」 をかます選手まで出る始末。

 表彰式の際、下の方で多分名取さんが飛び跳ねていたような。(後で、名取コールまで飛びだしていました。勿論、 浦和レッズカンペオンも。)

 驚いたのは、高橋君がカップをG裏に持って行って渡したこと。
「岡野にでもなったつもりか~(笑)」

 G裏からは、「これだけ良い試合見せてもらったんだから、トップにも頑張ってもらおうぜ!」と言う意味の?(聞き違いご容赦) リーダーの声が飛び、天皇杯準決勝まであと1時間となったのでありました。

(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キタ━━━━(Д゜(○=(゜∀゜)=○)Д゜)━━━━━!! 

05.12.21   ワシントン選手 加入のお知らせ
2005シーズン、 東京ヴェルディ1969に所属しておりましたFWワシントン選手(30歳)が浦和レッズへ加入することになりました。 来年1月に実施するメディカルチェック終了後に正式契約となります。

 身長189cm・・達也との身長差21cm。ゴール後にひっつくと、まさに「電柱のセミ」状態になる・・と言ったら怒られるな。

 加えて、西谷の札幌移籍が発表されたので、選手動向の確定版はこうなるか。

【IN】
◆坂本 和哉
◆堤 俊輔
◆西澤 代志也
◆小池 純輝 (以上 新入団)
◆ワシントン(←東京V)

【OUT】
◆マリッチ(契約満了)
西谷正也(→札幌)
◆小林宏之(川崎レンタル中・トライアウト参加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年のナビスコ杯予選グループ・・

 ●Aグループ (4チーム):
浦和/F東京/横浜FM/福岡

「ま た F C 東 京 か ?」
もっとも、それは東京も同じ事。今頃「また浦和か?」と叫んでるだろうな。

結構きつそうな組に放り込まれた気がするな。横浜とは相性よろしくないし。とはいえ、G大阪がシードされている以上、 2位抜けは確実な方法ではないワケで・・ぜってー決勝リーグまで出る。国立行く。


 

 アウォーズ、 ベストイレブン=闘莉王だけか・・。

 ●DF: 田中マルクス闘莉王選手(浦和):
「2年続けたベストイレブンに選ばれて、本当に光栄です。これは選手、スタッフ、サポーター、みんなのおかげだと思います。
来年もこの賞を取り、 そして来年こそ浦和レッズのチームメイト全員でJリーグアウォーズに来ることができるように頑張っていきたいと思います」
※田中マルクス闘莉王選手は欠席でしたが、コメントが寄せられました。

 去年、「ヘッドが決まっていたら、ここに監督を立たせることが出来たのに」といった意味のことを言っていたし、来年も頑張ろう。

 


 

 来期試合日程・・。 冗談抜きで東京V、どう選手を54節+6試合回していけば良いんだか・・日程表見れば見るほど、頭がくらくらしてきた。J1でも、 HOT6級の日程が組まれてるし・・W杯イヤーだけあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和ネット番長望年会参戦


詳細は『The Republic of URAWA』のyas様です。

 日時: 12月29日午後6時開始
     (JFAが空気を読んでくれたので決定)
 場所: 秘密(都内某所)
 会費: 4000円(飲み放題)

 何をどうしたものか、突如参戦を決意致しました。

日本活動蹴球倶楽部』のkojya様のところに参加される番長様の面々・・がありますが、 完全に末席穢すこと間違いなし。

普段、スタジアムではお会いしてもお話する機会がなかなかなかったり
ネット上でしか交流のなかった方々とお話できたりすることを楽しみにしております。

まだ参加を迷われている方がいらっしゃいましたら、参加をよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと整理させてください・・?

浦和ストーブリーグ状況

【IN】
(すでに新入団発表済の4選手は除き)
高松大樹(大分)→交渉中・からり具体的な話はしている模様。
ワシントン(東京V)→交渉中?
小野伸二(蘭・フェイエノールト)→クラブ間合意・小野自身が不同意?
相馬崇人(東京V)→契約交渉参戦発表

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入れ替え戦2題

【1】採点9.0

 サカダイ・エルゴラで、バレーに付けた採点が、これ。

 なんですか?9.0って?

 中坊コラムさまのコラム、サッカーにおける採点 その2- 高採点-によれば、「8.0が常識的上限。8.5は非常識な変態プレー(例: 2004年2ndの永井 70m暴走ドリブルゴール+ハット)にしかつかない。」とあり、9.0に至ってや中坊さまの考えに当てはめると、

試合条件=
勝てばJ1昇格。(成立)

プレー内容=
・見ている観客達を興奮のるつぼに巻き込み、固定ファンを数百人新たにつかむようなプレー。(成立)

・ノーミスは当たり前。警告もなし。つまらないシュートミス、トラップミス、ドリブルミス、一切無し。

・ゴールはハットトリック以上。(成立)

・ゴール自体も永久保存版と言える様なレベルのものでなければダメで、もちろん、コーナーからのセットプレーやPKでは不可。 (2点目はPKだけどそれ以外は流れの中だし、3点目が凄すぎたので成立)

・サッカーの素晴らしさを、サッカーの美しさというものを私達に再確認させるようなプレー。(成立)

・スタジアムからの帰り道、あまりの凄さに放心状態となる。
(多分、甲府サポ&中立の方々はそのとおり。柏サポも逆の意味でそのとおり。成立)

・今日このスタジアムにいた事を誇りに思い、感謝し、涙が止まらない。
(甲府サポの皆様はそのとおり。掲示板やブログに「今日オレ、勝ち組!」とエントリーするだろう。成立)

・あまりの凄さに興奮し、「おい!今すぐTVつけてこの試合見てみろ!」 と、瞬く間に広がり、視聴率が急上昇。
(視聴率はともかく、興奮間違いなし。成立)

・2chでは祭りになり、関連のスレッドが乱立。該当のチームスレも祝いカキコの嵐。
 また、やられた側のチームスレは恒例の「 こ こ で す か ? 」 の嵐。
(国内サッカー板丸ごと大騒動。柏スレは「ここですか?」「m9(^Д^)プギャー 」でスレがもの凄い勢いで蒸発。 1000スレと新スレが繰り返し立った様子有り。成立)

・節度ある実況・解説の人でもテレ朝の角沢・松木 黄金コンビ並みに絶叫。
(絶叫はしなかったけど、完全に柏選手を叱りとばしていた。)

・・・・ホントに数年に一度の椿事と言うことなんだろうな・・・・。


 

 あのニッカンのスコア、 予言になっちゃった。そういえば、浦和対横浜FMのCSも2戦目だけはあたった。 (2-1の浦和=現実は1-0浦和。三都主のFKまで当てた)・・何かH&Aでやる重要な試合無いかなぁ・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/10のワタクシ

朝。
 5:00起床。W杯抽選会を見る。結局ブラジル・クロアチア
オーストラリアに決する。
 まあ正直度の程度の強さか解らないが、戦力分析をする活字の中で、
すでにどうなるか予想のついてるものがある。

「日刊ゲンダイ」は必ずや、「0勝3敗」を予想するだろう。
…もっとも、チー=シンシャウ・・もとい「少林サッカー」周星馳ならぬ、馳星周も似たようなことを
言っていたか。

 ま、あのお方は、「バルサ大好き。ジーコ嫌い。(でもトルシエ時代はジーコにしろと言っていたような・・はて?)
3バック=守備的・4バック=攻撃的=バルサ他スペインはこれが主流=現代的。(去年のナビ杯決勝のネタ。
記憶が確かなら、ジャーンが退場くらって3バックにして攻め立ててたはずなんだが・・・?)」
と極めてわかりやすい価値観での言動だからな。

 11:00。クイックマッサージの店で肩をやってもらう。骨を抜かれる。

 13:00。J's GOALのテキスト速報で、天皇杯の結果をおう。マリッチ・山田さんのゴールで2-0勝ち。
 原監督、お疲れ。ラスト試合が浦和とは、これも因縁だったか・・?
 浦和にとっては嫌な監督だったが、FC東京のどこかのブログで、
「??年後、爺さんになったサポ2人が、味スタ前にあるアマラオとヒロミの銅像前で昔話をするが、孫に、
『なんでこの銅像、カエルジャンプしてるの?』とヒロミ像を指さされる」
というネタがあって笑った記憶がある。

 …これも去年のナビ杯敗北後だった・・・・。
 チー=シンシャウ氏はそういえばFC東京大好きなんだよな。どうするんだろ?後任監督が3バック選択したら。

 15:00。パソのモニタで入れ替え戦を、TV本体で天皇杯を同時に見る。
 なんですか?バレー×6って?あんな柏・・・あの達也負傷後の戦意喪失状態にも見えたぞ。
(そして、ベンチワークが全くの無策だったことが、ドシロウトのオレにも解ったというのまで共通。)
 気持ちよく甲府が柏をやっつけていく図、途中解説の人も何度、「どっちがJ1なんだ?」と言われる始末。

 バレーの採点はどうなるんだろ?去年の永井対東京V80メーター大暴走ドリブル&ハットで8.5だから・・
やっぱり最低8.5。試合の重みから鑑みて9.0もあるかも・・とか、東京Vに引導を渡したラモスの胸中は
どうなんだろ?とか。

 最後は、日本活動蹴球倶楽部、kojyaさま風に。

koukaku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【入れ替え戦】甲府対柏 4-0で甲府先勝(フィクション)

 Jリーグプレーオフ、J1J2入れ替え戦、甲府対柏は、 4-0で甲府先勝しました。

・・と、この後架空実況中継する予定でしたが、調子が乗りませんで、ヤメ。

 去年のCS1戦目同様、 架空スコアをダミーで入れた代物です。が、甲府のダミーデータがなんと鹿島のそれ。 甲府にアレックスミネイロや小笠原っていう選手はいないよな・・(鹿島のこないだの最終戦の戦績だろ?これ。)。

  というわけで、このエントリーはあくまでもフィクションであり、実在する団体、個人に関係はありません。 いたといても、 あくまでも他人のそら似です。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【BS】勝利の女神列島縦断【対 新潟】

 勝利の女神が、その時点で最も優勝に近い場所にやって来る、と仮定すると、こうなる。

14:07 桜1-0  桜 orz脚赤鹿千 (大阪長居)
14:09 赤1-0  桜 orz鹿千     ↑
14:12 鹿1-0  桜 orz千     約548キロ
14:17 脚1-0  桜 orz赤鹿千  
14:18 赤2-0  桜 orz鹿千     ↓
14:24 桜1-1  脚 orz桜    (川崎等々力) ←この間
14:42 脚1-1  赤 orz脚     (新潟大白鳥)  約346キロ
14:42 桜PK失敗赤 orz桜     ↑
14:50 鹿2-0  赤         約637キロ
--後半--             ↓
15:08 桜2-1  桜 orz赤脚  (また大阪長居)
15:15 鹿3-0  桜
15:15 脚2-1  桜 orz赤
15:21 脚2-2  桜 orz脚
15:22 赤3-0  桜
15:39 脚3-2  桜 orz赤
15:40 鹿3-0  桜
15:40 赤4-0  桜
15:42 千0-1  桜
15:43 脚退場  桜 orz脚       ↑
15:44 鹿4-0  桜         約548キロ
--ロスタイム--          ↓
15:49 桜2-2  脚 orz桜   (ここで、川崎等々力)
15:50 脚4-2  脚 orz赤
15:50 千1-1  脚
15:51 千2-1  脚

 締めて約2079キロ。時速1000キロオーバーって、ジェット戦闘機並みですがな。

新潟  0-4  浦和
 
前半7分【浦和】         (中)  3m  堀之内  (右足)  …  3号
前半12分【浦和】     FK直接  (左)  25m  ポンテ  (右足)  →  8号
後半16分【浦和】         (中)  6m  マリッチ  (右足)  …  8号
後半35分【浦和】  (右)  永井  ↑  (中)  15m  山田  (右足)  →  3号

 2年連続準優勝か・・天王山試合3つも落っことしたのは辛かったな。でも、一時は最下位まで落ちてこの位置か。 伊勢丹に準優勝盾見に行くかな・・。(本当はでかい盾が良かったけど。)
 現地組の皆様、お疲れ様です。風邪引かぬようお気を付けて。

 G大阪には、おめでとうといおう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さて明日か。

 一つだけ煽らせて頂こう・・。

 いつのかが解らないけど、GGRより。

「俺たちは、浦和レッズなんだよ!」
「忘れるな!」

 当日は念送、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずい・・変な欲が出てきた。

 来年のAFC組み合わせ抽選会が、すでに行われていました。

 このニュースに集中出来るのは、今のところ東京Vのみのはずなのですが・・グループDに、あのチームの名前が!

Al Sadd (QAT)
Al Arabi (KUW)
Al Quwa Al Jawiya (IRQ)
Al Shabab (KSA)

・・・・拙いです。優勝したい、エメとマッチアップする坪井や闘莉王が見たい、等々とんでも無い欲が出てきた・・。
(実際、同じ予選リーグには入らないので、予選勝ち抜けするしか、アルサドとあたらないんですけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督という職業

 勝利は選手のおかげ、敗北は監督のせい。
 奇策があたれば、選手の頑張り。外れれば監督の乱心。
 私が勝手に調べたところ、監督の退団は原則解雇。「勇退」という単語は辞書にない。

 歴代の浦和監督でも、「惜しまれつつも退団」はせいぜいオジェックくらい?(オフトの場合、「フロントのばか~!」の方が、 惜しむよりも先だったので。)しか思い浮かばないところに持って、Jで、最も愛された監督が「勇退」する。

  反町康治監督が退任会見 

 こりゃあとんでも無いモチベーションになるぞ。新潟サポは、案の定J.B.A.巡回したら 「反町監督の花道は、浦和戦の勝利だ!」と恐ろしいほどの盛り上がりよう。確かに、反町監督2年目終了最終試合で、やめるなコールして、 遂に反町体制でJ1に上げた挙げ句、その手みやげがJトータル最大の入場者数。

 勘違いするなよ、俺。今の新潟を舐めたら負ける。 ナマタマゴ買うことになるぞ!

 何しろ、今優勝可能性のある残り4チームから稼いだ勝ち点、たったの3。あくまでも望むは浦和の勝利、あわよくば・・というのは浦和サポたらんモノ当然だが、勘違いは怖い。というわけで、 優勝出来なくて泣く可能性は・ ・極めて低いと思う。

 それから、アルビサポの方々。むしろ赤い悪魔共は、反町監督の勇退記念コメントその他セレモニーを見て涙するに一票。

 ・・但し、試合には負けないよう、満身創痍の台所事情ひっくり返してでも、全身全霊であたらせて頂きます。
 ここで勝たないと、Jリーグ加盟以来の勝率5割に届くのが来年になってしまう。 今年中の負け越し解消を目指して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »