« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

ゼロックス杯

開始いきなりのオウンゴール(坪井)どうなることやら、気をもむのも束の間。

堀之内のゴール感覚は、今期も健在。ワシントンの号砲一発に後半はポンテ。
 浦和の4 ゴールでガンバ大阪を沈め……と言いたいが向こうは宮本温存していたし、
手のうち晒していないだけかもしれない。

今日のことは、小野伸二とワシントンの「お披露目」と考え、リーグに向け引き締めなおし。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

届いた!

 スポーツウェブショッパーズ様、感謝。今年は赤星ユニで参戦します。いざゼロックス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【贋作敵情視察】昨日の対印度戦における2点目コメント【市原千葉】

日本  6- 0 インド
前半32分【日本】  (中)  6m  小野  (右足)  …  1号
後半13分【日本】  (中)  長谷部  ↑  (中)  6m  巻  (その他)  →  1号
後半23分【日本】  (右)  CK三都主  ↑  (中)  6m  福西  (ヘッド)  →  1号
後半34分【日本】  (中)  佐藤  ↑  (中)  7m  久保  (左足)  ↑  1号
後半38分【日本】  (右)  加地  …  (中)  13m  佐藤  (左足)  …  1号
後半48分【日本】  (中)  小笠原  …  (中)  10m  久保  (左足)  …  2号


 

 サンスポの、伝説の木の下で吹石一恵が突っ立ってそうな (※)、偏頭痛大爆発のこのリードもあった、対印度戦。
(実は当初タイトルを「対印度戦(4evre wiz U)」にするか「対印度戦 (日本印度化計画対抗戦)」にするつもりで予定校書いていたんだけどなぁ・・。)

 前半寝過ぎで、ありゃキャプテンもセルジオも起こるわな、と言いたいが問題は2点目。小野のエンジェルパスから、長谷部!
「ばんざーい! らんらんらららららっら はせべまことー♪ (←長谷部チャント・チキチキバンバンの替え歌で。)」

 しかし・・ゴールは巻と判定され、初ゴールは悲しいかな消滅。1アシストになってしまいました。 如何なる反応をされているのか。市原千葉系のblogを視察します。

JEF(^ω^)BLOG jef6さま 2点目に関しては何も言わないでおこうwwwwww

長野からジェフ千葉! masaさま またレッズサポに恨まれそうだな

今日のインド戦の2点目は巻のゴールになるみたいですね。お腹に当たっただけなのに、、、。

まぁ、 巻のゴールになるのは嬉しいんだけど、そのシュートを打ったのが長谷部ってのがちょっとねぇ、、、。ただでさえ、 去年のナビスコ杯の準決勝のレッズ戦で疑惑のゴールして以来、レッズサポの巻の印象は良くないだろうに、、、。なんだか、恨まれそうな予感、 、、。

 恨みはしませんけど、すっきりしないというか、忸怩たるモノがあるというか。しかし、「戦犯」と言われるよりも良し。 お互い頑張りましょう。(でも出来れば、対浦和戦は頑張らないで・・ごにょごにょ。)

犬と馬。 きりこさま ヒサゴール! 巻ゴールぅ!?

そして先発出場した巻の方は
長谷部のシュートが身体に当たって
入った棚ぼたゴール…
あれは長谷部のゴールでしょう!
長谷部が可哀想だ…

長谷部も 「でも代表戦でそう簡単にゴールという記録はつかないと思った。」と異様なほどに冷静なので、可哀想がられるのは不本意・・ と感じているでしょう。でもサポから見れば・・「もったいねーなぁー。ゴール一つ、損したよなー。」

Kussy SIDE デイズ るうみいさま は、腹ゴール??(;・∀・ )

巻のゴルには
『んん?あれ、巻のゴルなの??』と・・・
あちこち見ても、公式記録は巻の得点になったようですね。

巻まき、 代表2ゴール目おめでとう!

長谷部、 初ゴル取っちゃってごめんね(;^ω^)

1ゴール貸しておくから、今度はアシスト頼む・・・・と言いたいけど、 独遠征メンバー、長谷部・巻共々落選。
呼んだだけかよ?コインブラ!(大怪我させなかっただけマシというところか。)

続きを読む "【贋作敵情視察】昨日の対印度戦における2点目コメント【市原千葉】"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【アジア杯】日本vs印度 キックオフはまだ

GK:23 川口能活
DF:21 加地亮、5 宮本恒靖(cap)、22 中澤佑二、14 三都主アレサンドロ
MF:8 小笠原満男、15 福西崇史、18 小野伸二、35 長谷部誠
FW:9 久保竜彦、36 巻誠一郎

サブ:41 下田崇、2 田中誠、24 茂庭照幸、25 村井慎二、31 駒野友一、4 遠藤保仁、 19 本山雅志、30 阿部勇樹、37 佐藤寿人

 


 

 都築と坪井がいねえ!

・・取り乱しました。失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選手名鑑【ネコパブ】

 今年の選手名鑑は、Jリーグ・ パーフェクトガイド2006ネコ=パブリッシング)をチョイスすることにした。

 ネコ=パブリッシングと言えば・・・・

【車好き】カーマガジンとかティーボとか出している会社。

【鉄好き】レイルマガジンやレイルマガジンモデルズ出してる会社。RMライブラリーシリーズでは、時々とんでも無いテーマの本を作る。 (草軽鉄道や西武鉄道所沢工場というのもあった)

【浦和サポ】ミスターレッズや浦議年鑑出した会社。

(私は当然、鉄好きの方から。)

※GOOD!
・車や電車の写真を扱うのになれているせいか、写真の選択や印刷が良い。
・導入部分のコラムも読ませてくれる。

※BAD
・J2のスタッツが省略がされてるのが惜しかった。
・選手のサインが間に合わず。
(余談:サインの(^^)、達也と闘莉王がまだ続けていたのと、カニのサインからカニが落ちていた)

 とはいえ、これらは小さな欠点。今年はこれに頼らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳内汚染とゲーム脳

 サンデー毎日2/ 26号を読もう!(挨拶)

 「脳内汚染」なる本がベストセラーになってるとは知らなかった。

脳内汚染

脳内汚染 岡田 尊司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 岡田尊司氏は京都医療少年院の精神科医と言うことで、虞犯少年を多く見てきている現場の方の意見なのか、と勘違いした。

「凶悪な少年犯罪、いじめ、不登校、ひきこもりが多発する原因は、コンピューターゲームとインターネットだと談じている」

 ゲーム脳の森教授がちらついたぞ。ところが、「内容的には僕と全く一緒」と述べておられるとか・・。
 ゲーム脳・・もはや消えたかと思っていたが、これで完全に息を吹き返したか。で、ここで挨拶に戻ります。 


 

 このサンデー毎日の記事の中で、櫻井芳雄京都大学大学院教授が

「一緒に変化している事柄でも、二つの間に因果関係があるかどうかは全くの別問題である」

とされている。

 そもそも科学的思考でやってはならない、「一方的なパラダイムの設定」やらかしているこの理論に、イマサラナニヲ? という気もするが。(参考

 CESAよりも先に、日本神経科学学会の方が先に動くのはどうよとは思うけど、と学会しか動かなかった3年前より、 相当腹に据えかねた行動なんだろうな。と。

 森教授の対・斎藤環氏への反論も、これが2ちゃんねるなら、

「必 死 だ な」

というカキコで埋められる頃だろう。

 参考:ゲイムマンのブログ: 砧公園秘密基地: みんなで「サンデー毎日」を買おう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖バレンタインデー

(BGM="Go REDS Go" 岩沢慶明さんの声で。)

8番!(ポジションは知らん)こくしょー さぁゆりぃー!(ズドガーン!!)

 と、この時期だけ「バレンタイン・キッス」がかかりまくる今日この頃、皆様におかれましては、いかがお過ごしですか。
(・・・・と思ったら、こんなのも)

バレンタイン・キッスby忍足ヴァージョンテニスの王子様 忍足侑士 With 氷帝学園中 [LIMITED EDITION] [MAXI]
忍足侑士 with 氷帝学園中

 

 

 

 ジャケ写もろ、くになま・・もとい、国生さんのそれカバーでないかい。

 さて本題。浦和サポにとっては、永井雄一郎の生誕27周年の日と言うことになるのですが、なにしろ今日本にはいない。そのせいか、 ネタに走る走るRHBの中の人(含・オレ)。

 一番凄まじかったのは、日本活動蹴球倶楽部 kojyaさま。吹きました。鼻血祭りになる人どれだけ出るやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

↑ゼロックス杯まで限定タイトルです。

【2006 02 10】 nikiのアオリ文句に、「慢心」が見えて不快になったので、変更。

|

トルコ・スイスへの両サッカー代表への裁定下る

対:トルコサッカー協会
※ホームで開催する公式戦6試合を、トルコ国境から500キロ以上離れている欧州サッカー連盟(UEFA) 圏内にある第3国において無観客試合で開催
※罰金20万スイスフラン(約1800万円)

対: オズディレク元トルコ代表コーチ
※1年間のコーチ業停止+罰金1万5000スイスフラン(約140万円)

対:アルパイ、 エムレ両選手
6試合代表公式戦出場停止+罰金1万5000スイスフラン(約140万円)

対:セルカン
2試合の代表公式戦出場停止+罰金5000スイスフラン(約45万円)

対:スイス代表フゲル選手
6試合の代表公式戦出場停止+罰金1万5000スイスフラン
対メイヤー=フィジオセラピスト
公式戦2試合の代表チームへの帯同停止+罰金6500スイスフラン(約60万円)


 とりあえず最悪の事態(トルコの国際試合締め出し&アルパイ兄い追放)は避けられたか・・。 兄いもこれでケルン一部残留へ力奮えられればいいか。
これによれば、 「どんな制裁が下されようと、私はその責任を果たす義務がある」と言っていたし。)

img_20051117T234526609

 

 

 

 

 

前にも書いたけど、この時ケリを入れられたシュトレラー選手がケルン残留のために今年移籍してきたとは、なんたる偶然。

 また、ここでも書いたが、 フゲル選手にも(先のエントリではフッケルと書いていた。)同様に処分がくだったか・・6試合となるとW杯相当勝ち進まないと出られんぞ。 img_20051117T234525250

 

 

 

 

 

ただ、トルコのサッカー協会の会長は、

観客がピッチに乱入したわけでもないのに、なぜ観客に制裁を下すのだろうか。制裁に対する必要な理由は、 まだわれわれの手元にはない。選手たちの間で起きた騒動だけで、このような制裁はあり得ない。これらのすべての返答を調査委員会に求める。 その返答に納得いかなければ、スポーツ仲裁裁判所(CAS)にもこの制裁への判断を求める。まだ、希望は持っている。 今後短い期間で素晴らしい準備をして、最も良い結果を得るためにやれることをすべてやるつもりだ

と言っていて、代表チームとしての騒動はまだ悶着ありそうだ。

(元はと言えば、スイスでの第1戦目、トルコの国歌をブーニングで侮辱したことが火種→
税関大妨害+麻薬犬けしかけ・「地獄へようこそ!5-0!!」弾幕・タマゴ攻撃・・・のトドメがこれだったワケで。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強の浦和についてこれるか。

nikiの新ユニ案内ページが上がっていた。

このたびのアオリ文句が、タイトルのとおり。

今回のユニのモデルになったのが、永井・闘莉王・山田・坪井・啓太・アレで、写真の並びから、
「永井のクロス」「闘莉王のロングフィード」暢久飛ばして「坪井のヘッドの競り合い」「啓太のパス」「アレのセットプレーからの上がり」 と言うイメージなんだけど・・キャプテンの写真がよくわからない。躰が空中なんだけど、 身体横向いてるからオーバーヘッドシュートとも違うし、タックル受けて吹っ飛ばされてる図とも違うし・・?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白い恋人たち

白い恋人たち
白い恋人たち

ドキュメント・ムービー クロード・ ルルーシュ

おすすめ平均
stars 一生記憶に残るメロディー「白い恋人たち」
stars ドキュメント
stars 男と女が好きなら
stars トリコロール
stars 雪と氷と人間と・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 オリンピック間もなく開幕、とくれば、これをネタにするしかないだろ。

(本当はトニー=ザイラーの「白銀は招くよ!」とどっちにするか悩んだけど)

 この映画の監督は「男と女」もやったクロード・ルルーシュ監督(♪だーばー、だばだばだ、だばだばだ、だーばーだー)。。 そして音楽はフランシス・レイ。(代表作:先述の「ダバダバダ」・・もとい「男と女」。そして「白い恋人たち」 (たららららららー♪たららららららー♪「アイスクリームください!」)←この元ネタ解る人、ハッキリ言ってトシです。)

 このタイトルで何をやったのかと言えば・・冬のフランスを舞台にしたロマンス・・なわきゃない!

 1968年のグルノーブルオリンピックを元に、作られた、ドキュメント・・とも違うな、バックグラウンドムービー。原題"13 JOURS EN FRANCE"(フランスの13日間)から、よく「白い恋人たち」という邦題ひねり出したものだ、実際。

 大会のあまりの素朴ぶりにショックを受け、アルペン競技完全制覇したキリー選手のマテリアルに時代を感じ(板がとんでも無く長い。 たしか、アルペン完全制覇は、ザイラーとキリーだけでその後は誰もいないはず。)、日本選手団の中にいしだあゆみの姉(注記) がいるかどうかは解らず。
(注記:NHKの朝ドラ「てるてる家族」、もしくはなかにし礼の「てるてる坊主の照子さん」 に詳しい・・はず。)

 そういえば、倉本聰の「時計」も、主人公の母親はグルノーブルのフィギュア選手で、いしだあゆみが演じていたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贋作敵情視察2:絵本と湯飲み編

(♪えーびばーでぃーえびばでぃえむはうすおぶらぶ ほぅ!)

 1年以上のご無沙汰でした。 グッズでクラブの動向を探ろうとする恒例企画(年1回で、何が恒例なのかはさておいて) 「贋作敵情視察」 の時間がやって参りました。

 前に出したFC東京の絵本編、内容が明らかに。さらに、 G大阪&川崎編が追加されていた。

 これで浦和編を出すと・・ギド&ゲルトは確定で、P18で「ぼく」に声かけするのが2人。P34で寄ってくる選手が3人。 誰が良いのかな?(都築&闘莉王は確定としても、達也だと主人公の「ぼく」を喰っちゃいそうだし・・。)

 G大阪編だと「ぼく」の台詞が
「今日はスクールのれんしゅうびや」
と、似非大阪人になるのはなんでやろ?

 ついでに川崎編は、当然というか我那覇が「なんくるないさー」 というのはお約束か?さりとて、浦和の選手決めぜりふとして、我らが山田キャプテン登場させて「あのー」 を乱発、というのもどうかと思うが。

 


 

 続いては、これ。

千葉湯のみ500個完売!犬偏で創作

 こりゃあ面白い!犬へんに親=おしむ、 犬へんに魂=りんかいだましい、ですか。我々だと、赤へんに菱=うらわれっず、赤へんに魔=さぽおたぁ、赤へんに走=ひらかわ・・ 位しか思いつきませぬな。

 しかし、アレはないのか?犬へんに商で、もおのき
(注記:モオノキ=ジェフ市原・ 千葉のオフィシャルショップの隠語。)

 と思ったら、なのはなユナイテッド・ くりくらさまが、全ての文字をアップされておりまして、

犬編に小屋=しょっぷ

 くりくらさまならずとも、それにしても、これは~~~!wwwww

と言いたくもなりますな。

 犬編に志=うぃんばいおおる なら 赤編に志=うぃいあぁれっず で対抗するしかないか。

 さて、そろそろ時間となりました。「贋作敵情視察」ではこの辺で。次回はまた来年か?みしゃらーい!

(♪かもんなーふぃーまーそー えっびばでぃはうすおぶ・・ズドガーン!!!!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【日本代表】5人そろって、行ってくるンジャー!

坪井慶介、三都主、そして長谷部、小野。さらにこの人もついに招集。

06.02.03 都築龍太選手が、日本代表アメリカ遠征メンバーに追加召集


遅きに失してるわぃ!

 ととりあえず言ってみたものの、

「けが人が出て代表に選ばれたという事ですが、 自分にとってチャンスであることに変わりはない。 最後のチャンスだと思うので、 頑張ります。」

この「最後」とは、独W杯への 「最後のチャンス」なのか、 日本代表としての「最後のチャンス」なのかは不明なれど、長谷部同様、 もらったチャンスは生かさない法はない。 クリアミスはかっさらってカウンターにしない法はない。

(ケガしない程度に)頑張れー!・・・ ・しかし、 23人中5人が浦和からかよ・・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »