« さらば、千島徹。しかし愛媛は遠い。 | トップページ | 【雑誌】SOCCERZ~岡野雅行特集 »

観客(さぽ)に三畏あり。紋章を畏(おそ)れ、大人を畏れ、選手を畏る。

 日本代表は、今更何も言うまでもなくドルトムントに潰えました。

 ドーハに泣き、霞ヶ丘でごく細い蜘蛛の糸が見えジョホールバルに繋がり、ナントで叩きつぶされ、埼玉での初勝ち点に歓喜し、 横浜の初勝利に歓喜し、そして、仙台に泣いた。

 今回は一体何だったんだろう?ドルトムントの結果を踏まえて泣けたか?否。じゃあ何の感情も起こさなかったか?それも否。 さんざ悪態をついておいて、何を今更なんだけど・・あそこまで格好悪い姿を晒したヒデの絵を見るに付け・・やはり悔しい。

 選手のせい?監督の采配や選手起用のせい?協会のせい?単なる祭りにしてしまった、サポやファンのせい?広告代理店のせい?

 特定の選手に批難や水やタマゴをぶつければ解決?監督と、キャプテンの首を取れば解決?サポやファンを遠ざければ解決? スポンサー様や放送から完全に手を引いて、W杯の予選の結果が一般紙のベタ記事扱いに留まっていた昔に戻れば解決?

 拙速に単純な結論を急ぐことは、簡単だけど自滅への道を突き進むことになる危険もあるし、今は何とも言えん。

 ただ言えるのは、これだけ。
「観客(さぽ)に三畏あり。紋章を畏(おそ)れ、大人を畏れ、選手を畏る。」

これ、
「君子に三畏あり。天命を畏(おそ)れ、大人を畏れ、聖人の言を畏る。」
のパロディだけど、「サポが畏敬を払うべきは、(チーム)エンブレム。徳のある人物(つまらん台詞に耳を貸す必要はない)。そして、選手だ。 」位の意味に取っていただければ幸い。

 悲しいかな現在は、

  • エンブレム(チームとしての誇り・存在理由等々全て含む)を軽んじて、単にサムライブルーに寄っかかるだけのファン
  • 自分の愛するクラブ>>代表、という美名に借りた、その実は単なる代表へのネグレクトやっただけのサポ
  • 選手に対する最低限の畏敬も払わない、持ち上げとハシゴ外しに終始する報道

ハッキリ言って、全てバラバラ。

 勿論協会や選手にとっては「紋章と大人と観客(さぽ)」であることを解らぬほどの人物はいない・・と信じるし信じたい。

 いや、協会もアホじゃないことを、オレは信じる。

 98年のフリューゲルスの崩壊や、ヴェルディ、ベルマーレの資本引き上げ、ジェフの親会社の揺さぶりも乗り切って、 「それでもあれがあったからこそ、Jバブルから目を覚ますことが出来た」と、今言えるように、 「それでもドルトムントでの屈辱があったからこそ」と言える日が必ずやある。

 あと、kojya さまのエントリ

強いですねブラジル。
あれに2―0で勝つと思っていたなんてホント馬鹿ですよ。
馬鹿でよかった。
あれを倒すという、目標が出来た。

 目標はオレにはもう一つ。八咫烏の紋章の上に輝く星があるユニを見る。もし、オレの寿命が尽きたら、 間に合えば余裕で10は若いkojya さまに、さもなくば子か孫か・・とにかく墓前にでも飾ってもらいたい。あの一言付で。

「お前、なんてモノを見逃したんだ?」

 そして、もう一つ。"MATCH MUST GO ON!!" 試合は続く。Jも。ブンデスやプレミア、リーガエスパニョーラ他諸々も。アジア杯予選も。北京予選も、 南アフリカ予選も。

 ご静聴ありがとうございました。

|

« さらば、千島徹。しかし愛媛は遠い。 | トップページ | 【雑誌】SOCCERZ~岡野雅行特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観客(さぽ)に三畏あり。紋章を畏(おそ)れ、大人を畏れ、選手を畏る。:

» 浦和がJ2降格に学んだように [ urawa stray sheep]
J2に降格した時の気持ち・・・ あの時は本当に悔しく、悲しく、正にやるせない気持ちだった でも、後になって考えてみると、あの時があったからこそ今のレッズがあり あの時が、始めてフロントと選手とサポが共に自分達の未来を真剣に考えだそうした時だったように思う 日本のW杯が終わった 開幕前の僕の予想は3連敗か2敗1分だと思っていた それはあまりにも、この4年間のジーコジャパンの通ってきた過程が脆弱で稚拙に思えたし、少なくとも僕には、W杯という大会を勝ち抜こうとする上で”正しいプロセス”... [続きを読む]

受信: 2006.06.24 07:06

« さらば、千島徹。しかし愛媛は遠い。 | トップページ | 【雑誌】SOCCERZ~岡野雅行特集 »