« 【BS1】川崎 0-2 浦和 | トップページ | 【BSi】浦和 1-0 大分:親友兼師匠兼ライバルの幻影 »

他山の石~大炎上

 約2年前。後藤健生とかいうサッカー記者が、スカパー!のコラムでとんでも無い記事を書いたことがあった。

浦和の「圧倒的な攻撃力」の大部分は外人部隊によるものである。なにしろ、 日本国籍を持っている三都主と闘莉王の2人を含めると、新潟戦には5人の"外人"が出場していた(当時のエントリ

と、エメ・ネネ・アルピーまではともかく、三都主・闘莉王まで一緒くたに「外人部隊」呼ばわりしたことについて、 RHBの中の人たちを大炎上させ、抗議した末の言い訳が、左翼知識人呼ばわりした挙げ句、

そうではなく、その選手が日本のサッカー文化の中で育ってきたのか、 日本サッカーの育成システムの中で育ってきたのかどうかで区別したかったわけだ。

だが、「サッカー文化」 の観点だけで考えればハーフナーは完全に日本のクラブで育った選手だ。三都主と闘莉王はブラジルのサッカー文化の中で育ったが、 高校生の年代で日本にやってきたのだから、日本の育成システムで育った選手でもある。エメはプロとして日本にやってきた選手だから、 サッカー文化の面でも、育成の面でもブラジルの選手だ。(当時のエントリ

と、今度は三都主・闘莉王を外すという全くワケのわからない苦しい言い訳に終始した。この言い分では、「高校中退して、 ブラジルのサッカー文化でもまれ、ブラジルの育成システムで育ったカズは外人」となってしまうが。

 この後、再びRHBの中の人たちを大炎上させ、そのためかコラムは携帯のみとなって存続していた。

 だが。これらのエントリはもう読めない。W杯に伴うポッドキャスティング放送で、千葉を激怒させるコメントを一時流してしまい (その証拠) 、その影響で、後藤氏はスカパー!での仕事を失った、と、考えられる。まあ、浦和の一件(正確には二件)もあって「さもありなん」 以上の感想をもてない。
(その内容は、不特定多数に見ていただくためのこのBlogでは、書くのに差し障り大あり。)


 

 さて、昨日の勝利でホクホクしながらJBA巡回していると、◆ML4h/9a1iMさまのある川崎サポのブログに、こんな人でも市議になれるんだ・ ・・という、とんだエントリがありまして、その当該市議さんのBlogを見たが・・・・こりゃあ拙すぎ。

 午前中の視察で、鷺沼配水地に。 ここの地上部は公園や学校のグランドやフットサル場(6面)になってます。鷺沼周辺の人はご存知でしょうが。

 フットサル場でママさんチームらしき方々が楽しそうに雨の中、ボールを追っていました。

 女性のサッカーを見るたびに、何時も思うんです。「なんで、こんなにスピードもパワーも技術もないのに正式オリンピック種目なのかって?」 いくらでも他に、競技人口も、はたまた、男子に負けぬ迫力あるスポーツはあると思うのだ。不思議だ~。

 念のために書きます。これは川崎市議浅野文直氏のエントリです。個人のチラシの裏ならともかく、 品性を思いっきり疑わざるを得ない文体に、何度もプロフィール欄読み返ししましたが、間違いなさそうです。

  • 鷺沼のフットサル場は、川崎フロンターレの管理する施設で、 それこそ100年構想に基づくコミュニティの場として活用されている。活用されていないのなら、 いくらでも批判対象にしてもかまわないが、そういうわけでもない。
  • そのママさんフットサルチームが存在すること自体、コミュニティの場として成立している証拠。
  • で、唐突に女子サッカーに話が飛ぶ。
  • そして、「スピードもパワーも技術もない」というが、特になでしこリーグもなでしこジャパンも見た様子がない。これじゃ、 ママさんバレーを見て、「Vリーグや柳本ジャパンなんて・・・・。」と言うのと全く同レベル。
  • 女子サッカーの競技人口は古い資料だが、約2万人。 余談ながらアメリカが多い。
  • そしてなんと言っても。過去の国際試合成績やランキングでは、男子のそれを見事に凌駕している(・・・・事実だ。)

と突っ込みたいところだらけ。案の定炎上に追い込まれ、詫びを入れた模様だが、

 7月19日のブログ前段の表記におきまして、 女子サッカー関係者並びに女子スポーツ界全般に対しまして、不愉快な思いをさせました事を深くお詫び申し上げます。

 今後は、表現には一層の注意を払うと共に、注意深くエビデンス等の検証を重ねてまいりたいと存じます。

 尚、当該文章の削除につきましては法曹関係者と相談の後に削除したいと思います。

 エビデンス・・証拠・根拠という意味でしょうか?全然詫び入れていねぇ・・・・。

 この議員先生を、 後藤氏共々心の中の引き出しにラベリングしておくことにする。「唾棄すべき人物」と。

|

« 【BS1】川崎 0-2 浦和 | トップページ | 【BSi】浦和 1-0 大分:親友兼師匠兼ライバルの幻影 »

コメント

はじめまして。
トラックバックをいただきました『ある川崎サポのブログ』の◆ML4h/9a1iM です。
辺鄙なブログまで来ていただきまして恐縮です。
自分は川崎市民ではないのですが(都民ですが瓦斯でも蟲でもありません)、こんな人間が大好きなフロンターレを抱える川崎市の議会にいると思うと、とても腹立たしくなり、あのエントリを立てた次第です。
この議員の話が広がることで、各自治体の議員さんたちにも『人の振り見て我が振りなおせ』になるといいんですが・・・ならないんでしょうね。

あ、一昨日はおめでとうございました。
10月の埼スタでの対戦も楽しみにしています。
(美園からスタまでの屋台村が好きなんです)

投稿: ◆ML4h/9a1iM | 2006.07.24 23:22

こんばんは。
一昨日の等々力で後藤を見ました。
たぶん間違いないです。
だからなんなんだって感じですが、サカマガだかサカダイだかで記事書いたりするのかもって思うと懲りてないなって。
達也の復活を変な美談にだけはしないで欲しい。
あいつにだけは。

投稿: オトコマエ13 | 2006.07.25 00:20

前に、何かの試合の解説で、反町さん(現五輪代表監督、元新潟監督)が、

「浦和にはブラジル人が5人いる」

って言っていましたよw
まぁ、当たらずとも遠からずなんだし、そんなに目くじら立てるほどでもないんじゃ。。。

投稿: ケソ | 2006.07.25 02:49

◆ML4h/9a1iMさま
> こんな人間が大好きなフロンターレを抱える川崎市の議会にいると思うと、
> とても腹立たしくなり、あのエントリを立てた次第です。
 正直私も驚愕しました。あれだけ知性感じさせないエントリ続けられる議員さんがいたもんだ・・と。

> 10月の埼スタでの対戦も楽しみにしています。
> (美園からスタまでの屋台村が好きなんです) 
 ありがとうございます。負け惜しみになるけど、川崎ナビスコ杯獲っちゃえ!&
リーグ戦こちらもお待ちしております。
(ただ、何か様や家本主審はカンベン願いたいです。)

オトコマエ13さま
・・私もしばらく後藤氏の文章は読みたくありませんなぁ。
 チームや選手への最低限のリスペクト無き毒舌は、見て痛いだけ、と痛感させるに十分の事件&発言でした。

ケソさま
(ケソさまのBlogエントリを拝見した上で、その芸風のエントリです)
 あの後藤氏の発言の元となった、浦和対新潟戦、外国籍選手を4人投入してきたのは、その反町監督。
http://www.albirex.co.jp/data2004/kiroku/0918.htm

 相手監督のヤッカミは、こちらの蜜の味。
 的確に戦力となる選手をスカウティングした強化担当のスタッフに感謝して、自分の愛するクラブの応援が出来る喜び、たまりません。

投稿: たけやす | 2006.07.25 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/11083937

この記事へのトラックバック一覧です: 他山の石~大炎上:

» こんな人でも市議になれるんだ・・・ [ある川崎サポのブログ]
俺、野球も結構好きだけど、こういうこと書く香具師って許せない。 普通のブログで吠えてるだけならいいんだが、これって川崎市議のブログだよな。 内容も文章自体も議員のブログと思えない。 炎上してるんで削除するかもわかんないし、一応文章コピペしておく。 =====..... [続きを読む]

受信: 2006.07.24 23:30

» なでしこW杯へあと1勝/女子W杯予選 [関東佐藤組]
 宮間あや選手の思い切った飛び込みが良かったですね。それと柳田美幸選手のFKも正確さとなめらかさが感じられました。また、宮間あや選手はFKの名手とばかり思っておりましたので、その彼女がFKの受け側となって頭でゴールを決めるとは意外でした。  中国からの白星は9年ぶりなんですか。正直申し上げて全く存じません。だいぶ苦労していたんですね。優勝を目指して頑張って下さい。... [続きを読む]

受信: 2006.07.25 00:00

» 川崎市議会議員のブログ [今日の○○○]
反響があまりにありすぎて、すでに削除されお詫びのコメントになっています。 浅野文直って川崎市議会議員が、女性がサッカーを やってることに侮辱的なブログを掲載していました。 この人の感覚で言うと、ママさんサッカーやっちゃいけないんでしょうね。 力強さや技術がない... [続きを読む]

受信: 2006.07.26 22:51

« 【BS1】川崎 0-2 浦和 | トップページ | 【BSi】浦和 1-0 大分:親友兼師匠兼ライバルの幻影 »