« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

【NHKBS】浦和1-0清水 気になって気になって・・。

浦和  1- 0  清水
前半16分【浦和】 ワシントン

 完全にホームとアウェイ、主体と客体が入れ替わったような。DF6枚並べて必死に守りきり、の前試合と良い勝負の必死の守り。 決定力は・・というか、達也が強引な撃ちに行かなくなったのがなんというか。シュートの数も清水に1本多いだけ。 ついつい愚痴も並べたくもなるが・・とはいえ、勝ち点3はでかい。

 それにしても。最初は何かとも思いましたよ。紙吹雪の残骸か(埼スタでは厳禁)なんかのゴミが巻き上がったのかと思ったら・・波戸、 いや鳩!

 約5万のコールにも、側を平川だったか・・が疾走しようとも、我関せずとピッチにいる鳩が、どうしても気になって気になって・・ 何度もタンカ送りになる選手が出ようとも、鳩を追っ払う時間が欲しいと、気になって気になって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続:坊主三人衆、寄居に現る

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

坊主三人衆、寄居に現る(第52代 寄居の交通安全人形)

 国道140号線、寄居の警察署前に、もはやおなじみの交通安全人形が登場した。

 松坂を起用するも、交通違反やらかしてあっという間に撤去、と言うのが最大のトホホニュースであった。題材は大河や (利家とまつ や、功名が辻)スポーツ選手(田村(当時)選手もあったなぁ)、変わったところではオーケストラや、 マジレンジャーなんてのもあったらしい。

 で、52体目が浦和のドイツ行ってきた「坊主三人」なんだそうで・・・・。

 


というわけで・・寄居町にやってきたぜ~!!

 

遠景

  なにやら三叉路の真ん中で、ゆっくりとぐるぐる回ってるような。あれは?

ボウズ三人衆キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!

ボウズ3人集

  ボールが、+チームガイストと、ロテイロと、テルスター? 

 パクリと言われるのは間違いないけど、敢えて使います。使わせていただきます。

  DA・I・KO・U・HU・ N☆

(どう見ても、僕の見た秩序。 の完璧にパクリです。)

坪井

 んで、頭部。なんでも使い回しが激しいので似ている・・かどうかは・・判断を保留します。

 

 

 

 

 

 

 

 

三都主アレサンドロ小野伸二

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ジョン=カビラ 旅に出る(!?)

 私も愛聴している、J-WAVEのJリーグFrom the PITCH。あの猛烈に濃いキャラと強力なテンション。そして深い知識とは言わずとも、 少なくともサッカーという競技に対して最低限の畏敬を持っている点で、好んで聴いていたのだが・・。

(私は、J-WAVEの番組に対しては、本当は猛烈に口が辛くなる。開局当初の"more music,less talk"の姿勢が度を超しすぎて、まともに話せないラジオのパーソナリティーが増えすぎて、今の惨状がある・・。と、ルミちゃん音頭& ヒランヤ&恐怖のヤッちゃんネタで笑い転げた過去がある、というと、歳がばれそう。)

この度、私は旅にでることにしました。
10月からジョンカビラはながいお休みをいただくことになりました。
レギュラー番組は全てお休みとなります
。(公式

 中田英寿かよっ??と言おうとは思ったが、 よく読んだら数年来の計画を実行に移すつもりとのこと。お疲れ様でした・・というべきなんだろうけど、10月からどうしよう・・・・。

<追記>

 Jリーグ podcastで検索をかけたら、こんな番組も引っかかった。 水内猛もいろんな事やってるなぁ・・とちょっとだけ驚き。これから聴いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌のブルーユニ&来年は、是非とも!

 9月20日に行われるU-21日本代表候補大阪合宿のメンバーが決定しましたので、お知らせします。(JFA公式)

DF 細貝 萌       浦和レッズ

 うおっしゃぁ!しかし登録はDF。天皇杯の活躍が評価されたものと素直に喜ぼう。ばんざーい!
(でも「選出」というだけなんだよなぁ・・今のところ)


 

元浦和エメルソン健在、 カタールの開幕戦で2ゴール
2006年09月16日16時15分(asahi com)

9月8日、所属する昨季王者アル・サドの開幕戦。30度を超える蒸し暑い夜に、 おなじみの快足が本領を見せた。後半なかば、ドリブルで中央を突破し、GKの右上を抜いて1点。5分後には左サイドでDFをかわし、 狭い角度から決めた。

んで、年齢詐称疑惑も、疑惑どころか・・

取材にエメルソンは「今月で28歳になった」と素直に答えた。

・・なんとまあ。ま、それでもいいか。これで相当に厳しい自力+他力本願+運任せ、と、 確率は猛烈に低いながらゼロではない「あれ」の可能性が出来た。

「ACL決勝リーグに出場する。そうすれば、くじ運によっては、アルサドと当たれる。 エメとマッチアップ出来る。それも、望みどおり埼玉スタジアムで」・・と言いたいが、問題は平日開催だ、という事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【BSi】浦和2-1広島:三十路ーズの力

浦和 2-1 広島
 
前半35分【浦和】  闘莉王
前半39分【広島】  ウェズレイ
後半41分【浦和】  山田

 すっきりとした形ではないが、勝てて何よりというか・・永井・達也・黒部が不発だったというよりは、どうして止められたんだか。 やっぱり前半15分で決められないと、焦って自分たちで自分たちを見失う悪い癖がついてしまったんだろうか。 闘莉王のそれこそワールドクラスのミドルが決まって、さあてこれからと言うときに、ビチブーにしてやられ・・

 正直何度引き分けを覚悟したか見当がつかない。それを救ったのが、サブに入っていた暢久。・・ というか救えるサブのメンバーが浦和の真骨頂なのかも。

だが甘んじることなく、 スーパーサブのベテラン岡野に途中出場の心得を聞いていた。返ってきた答えは「慣れしかないよ」。昨年まで通算出場313試合中、 17試合しか途中出場の経験がなかった。サブ選手の難しさとありがたみを知った。

 やはり岡野・・。試合の展望眼を身につけてるのも大きいし、選手の精神的支柱としては絶対だ。それこそ「野人組」の存在はでかい。 というか、もう一度いなくなったときが正直恐ろしい。暢久もこれを機にサブの心得を会得することでムラっけが少しでも消え・・ るわけはないか。そしてなんと言っても、「ベンチに一人、いててよかった内舘秀樹」。 最後はベテラン勝負になるのかもしれない・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゴミ箱から再び取り出すハメになるネタ。

 やあ、みんな!慶祝・家本更迭!!

 ゴミ箱といっても、さいたまダービーの対大宮煽りゲーフラではない。
 マリノスサポにとっては、一番唾棄すべき浦和サポごときにこのネタを書かれるのは癪だろうけど、書く。

Jリーグ観戦:議員ら、うちわに「自民」 横浜マ抗議へ

 こりゃ拙いだろ。しかも、当日欠席したとはいえ、「あの」 川崎市の議員氏も体調不良さえなければあの場にいたかもやしれぬ。
 オレの考えは、前の騒動の時に書いたのを再掲するが、

浦和のエンブレムが背負うのは、フットボールクラブとしてのプライドだけで十分。政治だの思想 (チームとしてのスタイルを超えるモノ)だのは背負い切れない。背負わせるべきでもない。

(略)

 ・・・・。つか、正直なところ。

サッカー場で浦和レッズ以外のこと、考えるの、タリー(`~´)

「浦和」を「横浜FM」に変えても答えは変わらない・・と思う。だいぶメールでの問い合わせ等々動かれてるみたいなので、 オレが口を挟むまでもない・・・・うちに解決策をマリノスフロントが出すことを祈る。


 

 サッカー批評とエルゴラと、ほぼ同時に「8/9の川淵にレッドカードデモ」の回顧?記事が載った。前者が宇都宮氏の記事、 後者がえのきど氏議長形式の2回記事の1回目。まだ結論が出ないし、即刻出す気もないと先にエントリしたとおりで、 考えるとっかかりとして読もうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【BSi】大宮0-2浦和 

大宮 0-2  浦和
前半44分【浦和】 ワシントン
後半44分【浦和】 永井

 な゛ーがーい゛ー!!

 後半開始早々のアレを決めてい・・たらればたらればたられば・・・・。

 後半の30分前後は完全に脚止まってたし、シュートもなし。大宮の決定力不足に救われたようなものだけど、 毎度毎度試合展開に救われることはない、とキモに銘じなくてはならない。

 後は控え組の奮起か。シトンのゴールは酒井の打ってきたシュートが生んだチャンス。相馬のあれが入ってい・・ たらればたらればたられば・・・・。

 とにかく代表組しばしお休み(除:達也&啓太)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【アジア杯予選】イエメン 0-1 日本

イエメン 0-1 日本
我那覇和樹 (後半46分)

 体調不良と、このblog以外にちょっと準備をしていることがありまして、しばらくご無沙汰してました。

 


 


 感想

  • 大熊コーチの声がでかい。
  • 国歌斉唱の君が代が、妙なテンポ。
  • 入場曲=FIFAアンセムがf/oではなくて、いきなり切れた。
  • イエメンのカメラマン、あまり上手くないでしょ?正直。
  • ピッチがでこぼこ。変なバウンドをしょっちゅうしているように見受けられる。
  • ハンドマイクブーニングで、サイレンを使うとは。
  • 達也、ひっかき回すんだけど、DFに身体入れられてそれっきり、のパターンに嵌る。
  • 坪井のオーバーラップという、凄いものを見てしまった。
  • あーっ、あれが決まってたらればたらればたられば・・・・・。

とはいえ、今日のスポナビの宇都宮さんじゃないけど、 まだ予選のうちに駄目出しをしておいた方が楽。全体練習もまともにしていないし、やむを得ない部分もあるか・・。

 後は、山岸の代表ユニ姿を見たいので、はやいとこ突破決めてしまいたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »