« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

冷静に、しかし心は熱く

 今までエントリをさぼって何をやっていたか。

 27日。降格のあの悔しさを思い出し、しみじみ感慨にふけり、達也の誕生日を祝う。ヨメ曰く。「24に見えない・・・・。」
 28・29日。仕事多忙にかまける。

 今日。

 JBAが、最終決戦仕様に変更されていて、 ビビる。りんじさま、感謝。
 巡回中に、ぷにろぐのともぴさまのエントリに反応。

バイトでワインの在庫チェックをしていたら、こんな名前のワインが。

マルケス・デ・ トゥリア

ちなみにスペイン産の白ワイン 810円。安いです。
買ってガッツリ飲み干すか、それともビンを叩き割るか、
さあ あなたならどっち( ̄ー+ ̄)

 調べました。どうやらバレンシアの地名から取ったらしいワインだと言うことと、 赤もあるということと。(証拠しかも、ここによれば 「情熱的なワイン。」
 オレに祝杯として飲めと言わんばかりではないですか~。

 こういうビンで、輸入量も結構多く、けっこう値頃感もあるようですなぁ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【現地参戦】FC東京0-0浦和:これもサッカー神のなせる御技か?

 

 飛田給は調布なのに、なんで三鷹市???どうなってるんだ、この運営は一体?と悪態から始まる。
地図・ マーカーの位置が、オレが行った最後尾地点)ここまで、味スタまで1キロ以上は余裕であるぞ・・・。

 結局かろうじて選手紹介までには間に合うけど・・選手紹介の方法が、まるで昔のJWAVEのそれみたく、「のりひろやまぎし・・・ ひできうちだて・・」式なのはどうも慣れん。


 

 試合は、結局意識空回りが響いて、結局決めきれなかった。決められないときはこんなモンだろうけど、勿論今まで勝ち点3取れたのが、 全てうまくいった試合ではないのは承知してるが。

 どうやら最後はパワープレーよりも、セーフティーファーストを選択したんだろうけど。でもあれでは浦和ではない。 あれで胴上げしちまったら、サッカーなのに"It's not cricket(それはクリケットじゃない=英国慣用句で「ズルをしている」 の意味)"という誹りものだろ。

 包帯巻状態にまでなったギシが20発を防いでくれたのは、本当に助かった・・もし負けが付いていたら、 次節最終決戦のアドバンテージが減るところだった。

 しかし・・オレ自身も今日は失態だった。正直浮き足立ってしまった・・ 他所はどーあれ目の前の選手を応援しないで何をやっていたんだか。オマケにPRIDE of URAWAんときは、目の前真っ白。 多分貧血やったな。手すり無かったらひっくり返っていたかも。・・って、知ってたんかい?万博の経過?

 結果はどうあれ三浦文丈選手の引退セレモニーは穢すマネは、こっちにも矜持って物がありますし・・ 優勝のがしてセレモニーぶっ潰したなんて言われたら、恥。試合は終わってるし(監督挨拶に反応したこっちも、 単純だと言われても文句言えない)お疲れ様でした。


 

 さて、優勝の条件は「2点差以下の負け試合以上」とはいうが、忘れよう。浮き足だった結果が、「どこが浦和やねん」 な試合やっちまった原因なんだし。

勝とう。
埼玉スタジアム2002は、浦和の強い味方。
誰にも文句を言わせない結果を残そう。
そしてワシントンに、得点王ゴールドシューズを!
(現在、マグノアウベスに1点差の2位)

 でも、チケ無いので旧浦和市内でPV出来るとこか、スポーツバー探して応援することにします。
(チケットゲッター喜ばす行為は、これこそプライドに反する)

 コールリーダーの台詞じゃないけど「ここに来れなかった、何万、何十万、何百万もの浦和ファンやサポの分も!」

 よろしくお願いしますです。

stn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王新宿

京王新宿 埼玉高速情報。 FCサポ目視にて3名確認したのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、飛田給へ

途中、浦和サポに何人かあった。 今、湘南新宿ライン。 今日は暢久に、2年待たされた「皿」を掲げさせる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと14時間弱

 あと14時間ちょいか・・・・。

 アルパイ兄い。「約束」を果たすのに2年かかっちまったけど、きっと果たす。今、3番受け継いだ細貝も、 戦況によっては投入されるだろうし。

 エメ。あの時、河合踏みつぶして、最後の最後にピッチに居られなかった無念、もし覚えていたら、きちんと晴らす。忘れていたら・・ ACL決勝リーグで相まみえられるよう、くじ運の神とアルサドと浦和を信じる。

 マリッチ。袖の八咫烏は守る。リボンの色とマークが変わるかもしれないけど。

 それでは皆さん。飛田給で。

http://www.youtube.com/watch?v=UHfEp91Z-88

stn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地参戦】浦和 3-0 甲府:CHECK MATE!!&RECORD BREAKER!!

浦和  3-0  甲府
 
後半01分【浦和】  ワシントン
後半19分【浦和】  山田
後半23分【浦和】  ワシントン

 前半の胃炎状態は何とたとえればよいのやら。PK2回外し。今し方思い出したけど、そういえばヴェルディ時代「負ければ自動降格」 の柏戦、もはや大勢は決したとはいえ、終了間際に取ったPKを外したこともあったような・・ワシントン。

「どーせぇーと?」

 ハーフタイムで食料調達に走るべく階段降りたときの、オレの悪態。

(場所は南)

 おかげで、シトンヘッド一発目は、今度はミネストローネ皿越し。いやー長かった。 これでアスピリンもバファリンもエキセドリンも不要。しかしTVで確認したけど、見事な押しくらまんじゅう状態というか、 組体操のタワー1段目状態というか。

 こうなりゃあ、あとはプレッシャー開放&確変スタート。

 それにしても。ああ暢久よ、キャプテンよ。この写真の顔と眼光はどうだ! (`~´)のAAがちっとも似合わなくなってきてどうしよう?!

 


 

 そしてそしてそして。去年大分に負けたのを最後に、横浜戦△以来の「埼スタ不敗神話」 継続中。ついに21試合負けナシのJ新記録まで達成。アウェイで不本意な結果になっても、俺達にはホームが、埼スタが、 駒場があるじゃないか、と言える。これがどれだけ心強いか。

決戦は11月26日。ジャパンカップが怖くはあるが、飛田給にて。暢久、 手を切るなよな。

stn

続きを読む "【現地参戦】浦和 3-0 甲府:CHECK MATE!!&RECORD BREAKER!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【NHK1】名古屋1-0浦和:東海シリーズ全敗

名古屋  1- 0  浦和
 確かに打たれたシュートは4発。枠に行ったのはギシ真っ正面の2発込みの3発。 その意味では3トップを押さえる4バックは成功したとは言える。しかしその一発が致命傷・・・。

 オマケにパワープレーで何をやりたいのかさっぱり解らない。交代が的確だったかどうかはともかく、 浮き足だったのは監督自身と言われても何とも。

 SPORTS YEAR!で、信藤さんに指摘された「各駅停車パス」という弱点がもろに出たし・・参ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U21やらフル代表やら

 U21は、なぜか韓国経由で見ていました。
 ソリマチとホンミョンボとナゴヤグランパスエイトはかろうじて解ったけど、字幕スーパーは、ハングルをそれこそひらがなに当てはめ。 ロゼッタストーン解読したシャンポリオンの気持ちがちょっとだけ解ったような気がする。

 韓国にも、角沢さんや松木さん・・とまでは言わないが、佐藤文康アナと金田さんのような人がやっていたような気が。ただ、 全部は見きれず萌の出来がいかほどかはコメントできません。無念。


 アジア杯1次予選最終戦は、気がついたら始まっていて闘莉王の頭と我那覇の1点目を見てません。

 

 で・・・・やっぱこの一言。

 高松選手、ごめんなさい。 ・・・・闘莉王、当分の間PK禁止!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない・3

 シリーズ化させる気か(笑)

スタンドは常時ガラガラ
一般サポーターのサッカー観戦熱が一気に冷め

 まー確かに、J2はまずいっすね。競技場の都合で金曜日開催があったり、 札幌のハム優勝やなかなか昇格に結びつかない仙台に業を煮やしたとか、いろいろと原因はありそうですが・・って?

3万9026人収容のスタジアムは空席が目立ち、試合も鹿島が0―4で完敗。レオナルドは 「熱いものが欠けていた。ここには思い出が詰まっている。10年前は常勝軍団という自信を持ってプレーした。 早く鹿島のアイデンティティーを取り戻して欲しい」とコメント。悄然(しょうぜん)とスタジアムを去っていった。

観客動員ネタに使われた、レオ様の発言がなんともはや。

鹿島の場合、 昨季は1試合平均1万8641人だったが、今季は1万人を下回ることも珍しくない(13節・川崎戦7427人、22節・京都戦9142人)。

 えーと第13節は07/19 (水)、第22節は09/10(日)のナイトゲーム。どーやって平日に鹿島まで行けと?試合後どうやって京都へ帰れ、と?それから、去年の第5節対大宮戦の平日ゲームも4桁 (正確には7,076人)でしたが・・?

 加え、平均で -3,057 ▼が出たとはいえ、こういう書き方をしたらどうしましょう?

 千葉の場合、昨季は1試合平均で9,535人だったが、今季は1万人を切ったのは2試合だけ(3節・ 福岡8,567人、7節C大阪8,770人)。フクアリ効果とオシムジャパン効果がありありと出た形で、「入場者数が減ってる」というのは、 どこのスットコドッコイでしょうか?

 さあ、妄想は浦和と新潟にも飛び火するぞ!

大入り満員が自慢の浦和、新潟にも観客動員に陰りが見えてきた。
 浦和の本拠地・埼玉スタジアムの収容人員は6万3700人。今季は19節・新潟戦3万4417人、23節・ 広島戦3万9123人と4万人を割り込む回数が増えてきた。
「人気カードになると5万人超えがザラですが、新潟の場合、13節・浦和戦(3万8592人)に26節・横浜M戦(3万5603人) と全国区人気チームを相手に4万人を下回り、新潟のチーム幹部も“人気にアグラをかいていてはダメだ”と危機感を募らせている」 (マスコミ関係者)

 第19節は、 平日開催だったな。確か駒場ではなくて埼スタ使ったのは、来年のACL睨んでのものだったはず。対広島戦は、去年は35,658人。 おおっ、4000人アップ! 去年は3万人台試合が4回だったが今年はその2戦だけ。天変地異でも来ない限り、甲府・ G大阪戦で4万切る可能性はないから・・ 「観客動員に陰り」「4万人割れの回数が増えた」 とはどこのスットコドッコイでしょう?

 新潟の場合でも、 そもそもビッグスワンは約42,300人しか入らん事を考えねばなるまい。 第13節対浦和戦はこれも平日開催だし(達也復帰戦)、26節は大雨の影響だ。 確かに平均でマイナスが出たが、これは天候や対浦和戦平日開催などが響いていて、誤差の範疇。

04年・1万4800人、 05年・1万2527人と「右肩下がり」の広島は、15節・甲府戦が5545人、9節・C大阪戦が6794人、7節・ 川崎戦7418人と5万人収容の広島ビッグアーチは閑古鳥が鳴きっ放し。
「今年はワールドカップイヤーでしたがジーコ日本があっけなく1次リーグで敗退して、 直前のブームに踊らされていた一般サポーターの熱も一気に冷めたのが大きい。また、オシム日本も代表メンバーの知名度が低く、 集客に結びついていない。これから先も、大きなイベントがないために、劇的な観客アップは望めない」(サッカー記者)

 えーと、15節は平日開催。7節(4/8)・9節(4/22)はワールドカップ前の試合で、 どーして

ジーコ日本があっけなく1次リーグで敗退して、 直前のブームに踊らされていた一般サポーターの熱も一気に冷めたのが大きい。

んでしょうか?この記者の分析能力に疑問符が飛びまくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更に笑うしかない【ニュースのドジ】

今野の昨季のV阻止弾 (05年12月3日・長居スタジアム)

 C大阪が勝てば優勝が決まる最終戦。1-2で迎えた後半44分、 ゴール前の今野は、味方のシュートのこぼれ球に反応し、胸トラップから左足シュート。起死回生の同点ゴールで2-2ドローにとなり、 ほぼ手にしていたC大阪の優勝を阻止した。試合後、C大阪FW大久保は「今ちゃん(今野)、空気読めよ」と漏らした。

 昨日の川崎の優勝可能性と試合そのものの、粉砕についてのサンスポの記事だけど・・ 2005年は大久保はどこにいた?幽霊か?それともマジョルカからレンタル復帰か?証拠


 ニッカンもセレッソの記事で、

 

C大阪が6戦ぶり黒星/J1

が白星になっていたし・・まだ浦和の「ナイキユニ4年で16円契約」の方が笑いが取れたが、これでは・・。


 

んで、本題はこっちだ。

大手企業がJリーグのスポンサーから手を引き始めた

 今季Jリーグ開幕で、サッカー関係者の間に動揺が走った。
 ユニホームの胸スポンサーで清水の「JAL」、C大阪の「日本ハム」が撤退し、それぞれ親会社の「鈴与」、「ヤンマー」 に変わったからだ。

 えーと、大阪サッカークラブ株式会社の出資企業のメインは、 日本ハムとヤンマーで、同等程度だったかな・・?確か。

 その一方で今季から新規参入したスポンサーがある。大分の「マルハン」 (パチンコ事業)だ。
「Jリーグのオフィシャルスポンサー9社の中にパチンコ機器メーカー・平和がある。パチンコ関連企業はカネがあっても、 スポンサーとして受け入れ先が少なかった。だが、今ではJリーグも受け入れている」(前出の記者)

 笑うところか?ここ!まず、マルハンの参入は2005年7月。 浦和の今現在ホーム最後の敗北試合=シャムスカ就任試合の時点でも、胸スポンサーは付いていたぞ。

マルハンと大分を結びつけたのはJリーグといわれている。
「マルハンは年間売り上げ1兆6000億円と業績好調。Jリーグに“チームのスポンサーになってもいい”と話を持ちかけた。 この申し出にJリーグが飛びつき、大企業のバックアップがなく、胸スポンサーも決まっていなかった大分をプッシュしたといわれる。ただ、 マルハンの韓昌祐会長は大分と縁もゆかりもなく、大分県内にパチンコ店は1店舗だけ。 本当は関東の人気チームのスポンサーになりたいと考えていたようです」(関係者)
横浜M、浦和がターゲットといわれ、大分は1年で見限られる可能性があるともっぱらだ。

 もう一回笑うところか?ここ。大分サポのかたのコラムを参照すると、

 2005年7月に2006シーズン終了までの“特例” として承認され今までやってきたが、来季についてはどうなるのか分からない状況である。
(略)
「大分トリニータから『もう支援は要らない』と言われるまで応援し続けます」

とまで言ってくれたマルハンの韓会長の想い、そして昨年の経営危機時の「マルハンシート創設」などの経緯

 勿論マルハンにも、パチンコ業界というダーティーイメージを払拭し、株式上場をしたい、というビジネス面。 があることは想像は付くが、

1)マルハンのサポートは特例、であるとJリーグ側から通告済み
2)しかし、会長はサポートをやめる気がちゃんちゃら無いことと、年間シート相当数を向こう6年間買い上げていること

=大分を見限る・・?アホか。

そこまでしてくれるスポンサー様を強奪したら、冗談抜きで別府温泉に行けなくなる。

 鳥栖はソフトバンクの孫社長が地元出身で、 来季からのスポンサー内定を取り付けた。ところが、先日のシステムダウン不始末などで社内が混乱。「サッカーにかまけている場合ではない」 と契約見直しの声が上がっているという。

 ありゃー、いなくなっちゃうんですね。浦和の「ボーダフォン」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地】鴎キラー その名は山田暢久

  • 都築龍太~ららららら~♪ホーム大宮戦以来のリーグ戦戦線復帰。
  • ビジュアルサポートが、SC側でちょっと驚いた(取ったチケがSCだったけど、 限りなくホームG裏側)。
  • やっぱり雨の後で、転ける選手続出。主審もついでに転ける。 オマケにMDPまでも騙された4バックのおかげか?、完全に試合グダグダ。
  • ワシントン対策本部風に言えば) ワ級主砲発射時のアンカーに問題があったか、一発の空砲が記録されるのみ。出場試合では、5/3に千葉に作戦負けした時以来(!)で、 ついに、というか、一日一善、一試合一得点が崩れる。
  • 久保にハユマに奥までもベンチかよ・・人のことは言えないけどな。
  • ロスタイム中は胃が痛くなった。試合終了後シトンが怒っていたが、あとで録画見直ししたら「攻めさせろ!」ということか。
  • 今日はまさに暢久様々。

浦和 1-0 横浜FM
前半33分 山田

 それにしても、スタジアムが4度沸いたが、暢久のゴールシーンと、試合終了。そしてハーフタイムと、試合終了後。特に、これは一体?

 ハーフタイム時 東京1-3川崎F
「G大阪も負けてるけど、まー世の中そんなにうまくいくわけ無いか。」
  ↓
 試合終了後   東京5-4川崎F
「えーっ!!!!??」
録画でもNHKのアナが声裏返らせたほどの驚き。G大阪も負けたので、結局3節前の状況に戻ってしまった。試合を3つ消化して、 残り4試合という状況なので意味が大違いだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない

 ここに来て、ゲンダイの妄想系記事の出力が上がってる。

横浜FCのJ1昇格にJリーグがストップをかけている

●1シーズン戦う体力ない
 にわかに信じられない衝撃情報がJ関係者の間で飛び交う。J2で優勝争いを演じる横浜FCが、Jリーグから「J1昇格は認めない」 と通告されたというのだ。
(略)

 これに対応しそうなのが、この記事。

J1目指す横浜FCにチェアマンが懸念

 Jリーグの鬼武健二チェアマンは17日、 来季のJ1昇格を狙うJ2横浜FCの財政や集客状況、ホームタウンの横浜市の支援体制などについて懸念を示した。横浜FCは現在3位で、 自動昇格の条件となる2位以内を目指している。

 鬼武チェアマンは「最初から駄目とは考えていないが、問題点は指摘する」 と必要があれば条件整備を求めていく考えを示した。

[2006年10月17日20時41分]

 なーんだ。先代の鈴木チェアマンが「お金に五月蠅い」方だったので(大分や鳥栖、草津への支援策の提案は功績だけど 「浦和サポは乱暴者だけ (サッカー批評誌)」発言は腹が立つ)その路線継続か。

 甲府の小瀬停電や、愛媛の競技場施設VIP席などの不備(「ズーパー- 友近聡朗の百年構想」に概略有り)にも、上げないぞ発言はやってるが、ちゃんと対応策作らせて昇格させている前例がある。

年間予算は6億円と少ない。専用練習場もクラブハウスもなく、 横浜市内を転々としながら練習を行う貧乏クラブである。選手層も薄く、主力は三浦知、山口、小村、城ら「ドーハ組」のロートルばかりだ。

 練習場ジプシークラブは枚挙に暇がない。新潟の昇格前年に、 練習場所が無くて「ここなら足腰が鍛えられるし、シャワーもある」と、季節外れの海水浴場でランニングさせた話もありますし。

 主力選手だけど、ここは大笑いするところでしょうか?

 山口・小村・城の代表デビューは1995年。崔成勇(チェ・ソンヨン) の韓国代表デビューもアトランタ五輪のころ、と、これも城とほぼ同時期で・・ ドーハの悲劇は1993年。ここにも高校履修偽装問題の影響か? 今年1月時点で闘莉王を代表デビューさせた記事以来の大笑いで(概要)、 これでこの記事を信用しろって、無理がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍】カトリーヌあやこの新刊~

カトリーヌあやこが見た!0勝2敗1分。 カトリーヌあやこが見た!0勝2敗1分。
カトリーヌあやこ

幻冬舎コミックス 2006-08
売り上げランキング : 32188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 感想はただ一言。

「闘莉王の効果線が抜け毛みたいで吹いた。」

 

stn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【天皇杯】ジャイアントキリングもアップセットも、とりあえず無し

本日の私のパソのデスクトップ。
(これで解るのは、firefox使いだと言うことかな?)

と言うわけで、ここまでアップセットはとりあえず無し。

※横浜FMが愛媛に延長戦まで追い詰められた。南、流血もあったようだが、かなり当たっていたとか。
※磐田が柏にPK戦まで以下同文。
※清水が栃木SCに4失点・・右サイドがヨワヨワという弱点がさらけ出され・・西部も頑張ってはいたんだろうが・・。
※大宮がYKKAPに同点にされる
※甲府、山形に辛勝。宮沢が山形に行っていたのは、知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地参戦】浦和5-0静岡FC

 天皇杯の場合、楽しみに待っている事がある。応援しているクラブがJ1の場合、自分たちがそれにならなければ、という条件が付くが。

「ジャイアントキリング」もしくは「アップセット」をやらかすこと。

 ここ数年に限定しても、
※2001年の当時J2大宮が東海大学に2-0負け
※2003年、横浜FMが、市立船橋高校にPK戦まで詰め寄られる
(その市立船橋高校は、当時JFLザスパ草津や阪南大学を倒してるので、これもか?)
※2004年、当時JFLザスパ草津が、横浜FMを倒す
(今年の天皇杯プログラム最後のページは、この試合で喜ぶ小島のオヤジさんの写真だった)

 浦和も2002・2003とそれぞれ当時J2の福岡・湘南に負け1戦目でさようなら、をやらかしてるので、 あまり他所のクラブを比較対象にするのは、やめておく。

 さて今回の緒戦は・・静岡FC。水戸を倒してやってきたとは言え、 地域リーグとあまりの情報不足でブーニングのしどころが解らない変な入り方。

(HOUSE of LOVEのずどがーん!はあったとはいえ・・それにリザーブの大山君の名前を間違えたような気がするが・・ 気のせいか・・?)

浦和 5-0 静岡FC
  
前半04分 田中 達也 
前半22分 長谷部 誠 
後半01分 ワシントン  
後半12分 田中 達也 
後半44分 ワシントン

 もちろん、多少の緩んだ空気がそこかしこにあるのもヤムを得ないか。オレ自身も後半1分のシトンゴールは、 カレー皿越しに見てましたし(これは伏線です。良く覚えておくように!)。

 しかしまあ・・静岡FCは本気だった。少なくとも「せめて一太刀」と目の色変えて攻める攻める。とにかく選手が飛ぶ飛ぶ。 (妖星さま曰く、 「いっぱいいっぱいで走ってるので、ブレーキが利かない状態」)ついでにアレを殴るのは・・それはやめて(そのあと、 その選手がボール持つ度にブーニングが飛ぶ飛ぶ)。

 おかげで、スイッチが見事に入った。シトンの前半部分の不調もなんのその。BSの人間力さまのいうとおり 「シトンと達也のアベックゴール」がリーグ戦でも決まるようになれば、面白いのだが・・。本当は5点ですまなかっただろう事は、 キーパー天晴ということです。啓太・暢久・野人が「狙いすぎシュート」外したのもあったけど。 (ついでに宇宙開発に乗っちゃったのが啓太と闘莉王)

 あとは、堀之内の交代がケガによる、というのが気がかりなのと、萌や大山君、カニの出番が無かったのがちと惜しい。


 

(ネタ編)

 オレの出遅れかもしれないけど・・少なくとも初めて見た。レッドカレーに続くカレーネタ。 2色カレーでレッドカレーのタマゴが上下逆にセットされている。そしてこの配置・・何かに見えてきませんか?

 というわけで、「エンブレムカレー(¥800)」の勝手な広告をさせていただきました。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナビスコ杯決勝】アマルは空を跳ぶ

鹿島 0-2  千葉

後半35分【千葉】 水野
後半37分【千葉】 阿部

 オヤジは跳べなかったけど、息子はしっかと胴上げされていた。

 見れば見るほど、「ああ・・あの場に行きたかった」というのが募るが・・まあまた来年だ。 観客動員もフクアリ効果でばっちり増えてきたし、JRもひと頃に比べジェフの広告のリキの入れ方が上がったし・・ こうなると怖いチームがまた出来た。(今頃、鹿島サポは、千駄ヶ谷駅の

を見て歯噛み中と思う。)

では以下雑文開始

1)そういえば、決勝での「ゴール!」コールも3年前のエメルソン以来(!)だな。
2)鹿島の交代のタイミング、もしも1分違ってたら・・?
3)G裏の電光広告板、まさか浦和から借りた・・?
4)ビジュアルサポート合戦が、ナビスコ杯決勝の風物詩になりつつあるのは面白いな。
5)敢えて煽る「柳沢、恐るるに足らず!」 本日のシュート数=0・・ではなぁ。
6)りんじさま、仕事早すぎ。


もうナビスコカップが、飾られとる!  ↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和ユニ2題

1)4年間16円

異例の4年間で総額16億円契約。このJ史上最高額はクラブの総合力を証明する。 数多くの日本代表選手を擁し、今季の集客目標は75万人。毎年のユニホーム売り上げ数は2万枚を超える。いずれの数字もJ最高だ。 (記事

 レプリカ15,000×20,000=300,000,000・・さんおくえん・・年に3億円がレプリカユニのお代。

 これじゃ、ナイキが手放さないのも当然か・・。4年間で16億円払っても、12億円は買い戻されるワケだから・・。

 ところで、肝心の記事最初は誤植で「4年間16円」だったとか。安っ!


 

2)どうする、どうなる胸スポンサー

 ネタ元がZAKZAKだけに不安だけど、これは無署名記事。久保武司の署名記事ではないので、 ヨタ度はそれよりも低い、と判断しよう。

ソフトバンク“広告騒動”…浦和イレブン困惑

 「vodafone(ボーダフォン)」 のロゴ付きユニホームを着る浦和イレブンが困惑している。

 「また不祥事らしいですね。お金があるとよくないですね。 ありすぎるのもよくない」と浦和のある選手。ボーダフォンはソフトバンクに買収され、10月に社名変更。ところが、そのソフトバンクが “予想外”の「0円広告騒動」を繰り広げている。

 2年間10億円で結んだボーダフォンとのスポンサー契約は、今季で切れるが、 来季以降のスポンサー契約については白紙。普通なら「vodafone」→ 「SoftBank」の変更でスンナリと済みそうなものだが、 浦和の幹部は「ソフトバンクが引き継ぐかどうかも含めて、何も決まっていない」と話す。

 浦和はリーグ戦5試合を残して首位。初のリーグ制覇が目前に迫っている。当然、 その広告価値も絶大で、来季の胸スポンサーがどう変わるかは、レプリカユニホームを着るサポーターにとっても気になるところ。

 このままソフトバンクの騒動が収まらなければ、“予想外” のスポンサー変更も起きそうだ。

「不祥事」発言した「浦和のある選手」って誰やねん?と言うのが先ず気になる所。

普通なら「vodafone」→ 「SoftBank」の変更でスンナリと済みそうなものだが

 

 

 

 久保の署名記事だとこうなる。

赤がアブない…スポンサー変更「レッズ」カラー変更?
孫オーナーの好きな色は黒&黄色

 来季からは浦和ブラックダイヤモンズ?  サッカーJ1で首位に立っている浦和レッドダイヤモンズのチームカラーの「赤」が消滅の危機に瀕している。(夕刊フジ編集委員・ 久保武司

 これ、真面目に書いた記事なのか、理解不能。ソフトバンクに浦和の株式は行っていないので、 そんな発言権はあるわけが無いのだが。プロ野球など実業団系のスポーツと一緒にするな・・と。

 来季の胸スポンサーがどう変わるかは、レプリカユニホームを着るサポーターにとっても気になるところ。

 確かに気がかりではあるが、お金に五月蠅いフロントが、 結局スポンサーが見つけられないで空白状態で開幕と言うことは無い、と踏んでいる。ただ・・

浦和の幹部は「ソフトバンクが引き継ぐかどうかも含めて、何も決まっていない」と話す。

てのは、要は「2年前同様、入札にかけてから決めるので、その結果はわかるわけがない」 という意味での発言ではないかいな、と。

stn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »