« 【書籍】カトリーヌあやこの新刊~ | トップページ | 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 »

【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない

 ここに来て、ゲンダイの妄想系記事の出力が上がってる。

横浜FCのJ1昇格にJリーグがストップをかけている

●1シーズン戦う体力ない
 にわかに信じられない衝撃情報がJ関係者の間で飛び交う。J2で優勝争いを演じる横浜FCが、Jリーグから「J1昇格は認めない」 と通告されたというのだ。
(略)

 これに対応しそうなのが、この記事。

J1目指す横浜FCにチェアマンが懸念

 Jリーグの鬼武健二チェアマンは17日、 来季のJ1昇格を狙うJ2横浜FCの財政や集客状況、ホームタウンの横浜市の支援体制などについて懸念を示した。横浜FCは現在3位で、 自動昇格の条件となる2位以内を目指している。

 鬼武チェアマンは「最初から駄目とは考えていないが、問題点は指摘する」 と必要があれば条件整備を求めていく考えを示した。

[2006年10月17日20時41分]

 なーんだ。先代の鈴木チェアマンが「お金に五月蠅い」方だったので(大分や鳥栖、草津への支援策の提案は功績だけど 「浦和サポは乱暴者だけ (サッカー批評誌)」発言は腹が立つ)その路線継続か。

 甲府の小瀬停電や、愛媛の競技場施設VIP席などの不備(「ズーパー- 友近聡朗の百年構想」に概略有り)にも、上げないぞ発言はやってるが、ちゃんと対応策作らせて昇格させている前例がある。

年間予算は6億円と少ない。専用練習場もクラブハウスもなく、 横浜市内を転々としながら練習を行う貧乏クラブである。選手層も薄く、主力は三浦知、山口、小村、城ら「ドーハ組」のロートルばかりだ。

 練習場ジプシークラブは枚挙に暇がない。新潟の昇格前年に、 練習場所が無くて「ここなら足腰が鍛えられるし、シャワーもある」と、季節外れの海水浴場でランニングさせた話もありますし。

 主力選手だけど、ここは大笑いするところでしょうか?

 山口・小村・城の代表デビューは1995年。崔成勇(チェ・ソンヨン) の韓国代表デビューもアトランタ五輪のころ、と、これも城とほぼ同時期で・・ ドーハの悲劇は1993年。ここにも高校履修偽装問題の影響か? 今年1月時点で闘莉王を代表デビューさせた記事以来の大笑いで(概要)、 これでこの記事を信用しろって、無理がある。

|

« 【書籍】カトリーヌあやこの新刊~ | トップページ | 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/12640242

この記事へのトラックバック一覧です: 【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない:

« 【書籍】カトリーヌあやこの新刊~ | トップページ | 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 »