« 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 | トップページ | 【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない・3 »

更に笑うしかない【ニュースのドジ】

今野の昨季のV阻止弾 (05年12月3日・長居スタジアム)

 C大阪が勝てば優勝が決まる最終戦。1-2で迎えた後半44分、 ゴール前の今野は、味方のシュートのこぼれ球に反応し、胸トラップから左足シュート。起死回生の同点ゴールで2-2ドローにとなり、 ほぼ手にしていたC大阪の優勝を阻止した。試合後、C大阪FW大久保は「今ちゃん(今野)、空気読めよ」と漏らした。

 昨日の川崎の優勝可能性と試合そのものの、粉砕についてのサンスポの記事だけど・・ 2005年は大久保はどこにいた?幽霊か?それともマジョルカからレンタル復帰か?証拠


 ニッカンもセレッソの記事で、

 

C大阪が6戦ぶり黒星/J1

が白星になっていたし・・まだ浦和の「ナイキユニ4年で16円契約」の方が笑いが取れたが、これでは・・。


 

んで、本題はこっちだ。

大手企業がJリーグのスポンサーから手を引き始めた

 今季Jリーグ開幕で、サッカー関係者の間に動揺が走った。
 ユニホームの胸スポンサーで清水の「JAL」、C大阪の「日本ハム」が撤退し、それぞれ親会社の「鈴与」、「ヤンマー」 に変わったからだ。

 えーと、大阪サッカークラブ株式会社の出資企業のメインは、 日本ハムとヤンマーで、同等程度だったかな・・?確か。

 その一方で今季から新規参入したスポンサーがある。大分の「マルハン」 (パチンコ事業)だ。
「Jリーグのオフィシャルスポンサー9社の中にパチンコ機器メーカー・平和がある。パチンコ関連企業はカネがあっても、 スポンサーとして受け入れ先が少なかった。だが、今ではJリーグも受け入れている」(前出の記者)

 笑うところか?ここ!まず、マルハンの参入は2005年7月。 浦和の今現在ホーム最後の敗北試合=シャムスカ就任試合の時点でも、胸スポンサーは付いていたぞ。

マルハンと大分を結びつけたのはJリーグといわれている。
「マルハンは年間売り上げ1兆6000億円と業績好調。Jリーグに“チームのスポンサーになってもいい”と話を持ちかけた。 この申し出にJリーグが飛びつき、大企業のバックアップがなく、胸スポンサーも決まっていなかった大分をプッシュしたといわれる。ただ、 マルハンの韓昌祐会長は大分と縁もゆかりもなく、大分県内にパチンコ店は1店舗だけ。 本当は関東の人気チームのスポンサーになりたいと考えていたようです」(関係者)
横浜M、浦和がターゲットといわれ、大分は1年で見限られる可能性があるともっぱらだ。

 もう一回笑うところか?ここ。大分サポのかたのコラムを参照すると、

 2005年7月に2006シーズン終了までの“特例” として承認され今までやってきたが、来季についてはどうなるのか分からない状況である。
(略)
「大分トリニータから『もう支援は要らない』と言われるまで応援し続けます」

とまで言ってくれたマルハンの韓会長の想い、そして昨年の経営危機時の「マルハンシート創設」などの経緯

 勿論マルハンにも、パチンコ業界というダーティーイメージを払拭し、株式上場をしたい、というビジネス面。 があることは想像は付くが、

1)マルハンのサポートは特例、であるとJリーグ側から通告済み
2)しかし、会長はサポートをやめる気がちゃんちゃら無いことと、年間シート相当数を向こう6年間買い上げていること

=大分を見限る・・?アホか。

そこまでしてくれるスポンサー様を強奪したら、冗談抜きで別府温泉に行けなくなる。

 鳥栖はソフトバンクの孫社長が地元出身で、 来季からのスポンサー内定を取り付けた。ところが、先日のシステムダウン不始末などで社内が混乱。「サッカーにかまけている場合ではない」 と契約見直しの声が上がっているという。

 ありゃー、いなくなっちゃうんですね。浦和の「ボーダフォン」。

|

« 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 | トップページ | 【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない・3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/12654217

この記事へのトラックバック一覧です: 更に笑うしかない【ニュースのドジ】:

« 【現地】鴎キラー その名は山田暢久 | トップページ | 【日刊ゲンダイ】もう笑うしかない・3 »