« シアワセサガシ | トップページ | 【現地】浦和 2-1 鹿島:もーいくつ寝ると »

【現地参戦】浦和3-3(10PK9)磐田 2006埼玉スタジアム不敗伝説完結

「お父さん。サンタさんだ!サンタさんがいるよ」
「そうっかぁ。クリスマスが近いからなぁ。」
「あー。お父さん。あそこにもサンタさんがいっぱい。でもちょっと変だなぁ。帽子もおひげもないし、背中に『11』とか『17』 とか書いてあるよ?」
「坊や。あれは、サンタさんじゃなくてウィーアーの皆さん、だよ。」


 

 正直に告白します。前半の時点で、国立を諦める覚悟をしてしまいました。46分には目の前が真っ暗。不敗伝説ももはやここまでか、 と。

浦和  3 10(PK)9  3  磐田

前半31分(磐田)前田
後半1分(磐田)福西
後半9分(浦和)永井
後半18分(浦和)小野
後半35分(浦和)小野
後半36分(磐田)犬塚

 ハーフタイムから、おのしんじーおーおーコールが終わったら、あとは20分間ノンストップ怒りの「あれーあれーうらわー」。今日は、 「ギドのとりあえずラスト埼スタを見届けよう」と指定席で大人しくしていたんだけど、オレも参加。
(本当はメインを買うはずが、購入時点でいつもの癖で、バクスタを選んでしまうドジを踏む。おかげで、永井・ 相馬の足攣り現場がほぼ一直線上)

 更に延長終了までの怒濤のPride of URAWAで・・絶対今日自由席だったら酸欠確定。PK戦時点の「都築チャント (つーづきりょーた、らららららー)」で、見事に酸欠・・・・。1/2からのオフには身体を鍛えようと思った瞬間。

 PK戦だけは絶対嫌だ~暢久・長谷部のあの場面が・・、これで冷静で居られたら「闘莉王とシトンにも、絶対蹴らすな!」 という冗談言って気を引き締めることもできたはずだけど。

●都築龍太選手(浦和):
レフェリーがPK 戦の前に『早く動いたらやり直しにするから』といっていたので、相手が蹴ってから反応するようにしていた。

と、都築が猛烈に冷静だったのが幸いだった。現地では、スポットへ蹴るはずがまるで届かないので、極度の緊張状態だったのでは? と焦ったけど。

 次戦は長谷部がいない。ネネが突如でなくなってしまった原因の「ケガ」はどの程度か?次は鹿島だけど、もう埼スタの魔力は使えない。 勿論10個目の星(ビッグスター)は元旦の霞ヶ丘で取る気で居るだろう。何とか立て直せるだけ立て直せねば・・。

 そして首尾良く鹿島を倒したら、元旦。G大阪は「2/25のスーパーカップと12/2の目の前優勝」 の2つの借りを返しに来るだろう。西谷擁する札幌なら、J2の意地をぶつけてくるだろう。

 兎にも角にも、ギドに渡す今年付の搭乗券は、ねぇ!と言うべく、頑張ろう。

 We are DIAMONDS唄って、いつものゴミ集めの時に、レノンの"Happy Xmas (War Is Over)"が流れ、ふと北側のベンチが視界に入った。

 来年、あのベンチ前で仁王立ちになって腕を組み、広げ、そして判定にキレ、得点に派手に喜ぶ、ギド=ブッフバルトは居ないんだ・・・ 。そう思ったら、ちょっと「うるっ」ときた。


追記1 オレの気のせいかもしれないが、16番レプリカの人が相馬帽子(参考) を被って通り過ぎていったような・・。

 

追記2 延長戦終了後、「奴」はやって来た。清水戦でスペースを埋めた、「鳩」。もっと早くきてくれりゃあ良かったのに。

追記3 試合終了して、人が減り出すと、頭の上から飛んだ烏の泣き声。奴らは食べ残しでも狙う気何だろうか?と言うわけで、 ゴミ拾おう。

追記4 タローズバスのレディア& フレンディアバス、初めて見た。

|

« シアワセサガシ | トップページ | 【現地】浦和 2-1 鹿島:もーいくつ寝ると »

コメント

お疲れ様でした m(_ _)m
試合後の「鳩」、私も気がつきました。
試合終わってからじゃ、“鳩プレス”も効きませんよね。もっと早く来なくっちゃ!(笑)。
しかし鳩くんたち、「静岡」勢相手だと飛来するんでしょうか???

投稿: nigoe | 2006.12.24 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/13174924

この記事へのトラックバック一覧です: 【現地参戦】浦和3-3(10PK9)磐田 2006埼玉スタジアム不敗伝説完結:

» 浦和 × 磐田 [みのる日記]
第86回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会 準々決勝: 浦和レッズ 3-3(PK10-9) ジュビロ磐田 (2006/12/23) ■ 天皇杯では不振の続く浦和と磐田 2006年度も早いもので、あと1週間で1年の終わりを迎えます。国内では年末でおなじみの天皇杯が開催されていて、この日はその準々決勝が行われました。 今回はその中で、念願のリーグ制覇を成し遂げたJ1チャンピオンの浦和と、なんだかんだ言って最終的に5位にまで順位を上げ... [続きを読む]

受信: 2006.12.25 03:20

« シアワセサガシ | トップページ | 【現地】浦和 2-1 鹿島:もーいくつ寝ると »