« 天皇杯前の小ネタ アウォーズと日本心臓財団 | トップページ | 永井王子の遠征先の香り »

「G手法」とまで煽られては、黙っては居られん。

 移籍情報や契約情報はオフィシャル待ち、という姿勢だが、この記事には正直頭に来たので、 反論してみる。

浦和が巨人化?!

 何度でも書こう。「巨人化」と書かれてしまったが、 「強化すべき点について獲得したい選手に、糸目を付けない」のと 「強打者故欲しがる」のとはまるで違う。

 実名出して当該クラブには申し訳ないが、我那覇とマグノアウベスにオファーを出すようなマネ(川口と西川、でも可) を浦和がやらかしたら、その時こそ「巨人化」と書き立てて欲しい。

Jリーグを初制覇した浦和は、優勝資金で“オシムチルドレンの申し子”千葉MF阿部に4億円のオファーを出した。

 残念でした。藤口社長の談話を信じると、 2億円は

浦和には優勝賞金2億円が転がり込むが、元来予算に組み込まれないお金。藤口社長は「クラブには賞金の1割も残らないよ」 と太っ腹宣言した。
 まずは選手に還元する。選手、監督らとは契約時点で順位プレミアム条項を盛り込んでおり、貢献度によって分配。大半はこれに消えるため、 藤口社長は「プレミアムがない3位(8000万円)の方が、クラブに入るお金は多いよ」とうれしい悲鳴を上げた。

と、見事に残っていないらしい。

生え抜きよりも他チームからの即戦力重視の補強はまるで巨人の手法。

あ、それ? んじゃ、34節のメンバーから参りましょうか。赤字が生え抜き選手。

山岸
内舘
闘莉王←水戸
ネネ←ビトゥーリア
平川
啓太
長谷部
三都主←清水
暢久
ポンテ←レバークーゼン
シトン←東京V

都築←G大阪
坪井
相馬←東京V
小野←フェイエノールト(出戻り)
永井←カールスルーエ(出戻り)
達也
岡野←神戸(出戻り)

 外国籍選手除く8人中6人が生え抜きですが、何か?(永井も出戻り扱いしたが、 「留学」という感覚だしなぁ・・ある意味一番えげつなかったのは、違約金払ってまで呼び戻した野人か?)

ある選手は「チーム力はアップするが、 自分も磨いていかないと試合に出られなくなる」と危機感を募らせ

 相馬をゲットしたら三都主が若返ったとか、 暢久ですらスタメン落ちの恐怖を味わったとか、は優勝臨時増刊をてきとーに読めば出てくるワケで、危機感も当然かと。

闘莉王も、「話はつかないかも」と長期化を予想する。

 RPに寄れば、闘莉王の今日の交渉は 「話を聞いただけ」、とある。

 ついでに言えば、浦和の巨大資金を元にG手法と言うことらしいが・・10ヶ月決算で56億円の営業収入があるのは公開済だが、 広告収入は実は5位。損失補填契約が切られてるため、泣きつけるスポンサー様はいないわけですわ。

 事務局だよりさまの図で説明すれば、

入場者収入の増加
↓         
経営の安定     
↓         
豊富な資金 → 地元へ還元     
↓         
戦力強化  
↓     
多数の観客動員 → 多くのスポンサーを獲得

入場者収入の増加

(以下∞)

 更に「多数の観客動員」のラインから、「選手獲得時のアドバンテージ」ってのもあるんですわ。
「あの観客の中に身を投じたい」といった意味のことを言ったのが坪井だし、ワシントンも似たようなことを言っていた。 プレミア等を渡り歩いたアルパイをして「試合中も足を止めて、ずっと見ていたい」と言わしめ・・・。

 結論。真っ当に稼いだカネについてとやかく言うな。

|

« 天皇杯前の小ネタ アウォーズと日本心臓財団 | トップページ | 永井王子の遠征先の香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/13059489

この記事へのトラックバック一覧です: 「G手法」とまで煽られては、黙っては居られん。:

« 天皇杯前の小ネタ アウォーズと日本心臓財団 | トップページ | 永井王子の遠征先の香り »