« マフラー余話 | トップページ | 【現地参戦・ゼロックス杯】浦和0-4G大阪 ダイヤモンドは砕けまくり »

ワシントン企画~その後

 明日のゼロックス杯参戦・・は確定したものの、レプリカ間に合わず(今日発送・・orz)記念T参戦と言うことに・・とほほ。

 さて、今日「心臓財団 季報」が届いておりました。その中に、シトン企画(ゴールを決める事に貯金して、心臓財団へ募金) の事が載っておりました。

<以下引用>

昨年末、多数の浦和レッズ・サポーターの皆さまから、 突然たくさんの寄付が当財団にありました。驚いて事務局が調査してみると、あるサポーターの提案により、 浦和レッズのFWワシントン選手が心臓病を克服して活躍している選手であることから、ゴールをあげる度に貯金して、総額を心臓病の啓発活動・ 研究助成をしている当財団に寄附しようという企画が、シーズン当初にインターネット上で呼びかけられていたことがわかりました。そして、 シーズン終了後に、企画に賛同した多くのサポーターから寄附が寄せられたのです。

このような無記名の一般多数からの寄附は初めてのことでしたので、 財団事務局でも戸惑ったのですが、何とか寄附をしていただいたサポーターの皆様に感謝の気持ちを伝えたく、 財団ホームページのトップにお礼の言葉を掲げました。また、お礼はワシントン選手に、というサポーターからの声に応え、 ワシントン選手に感謝状を贈りました。

インターネット上でも浦和サポーター関連のページで話題になり、 新聞記事にもなりましたので、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれません。

何より嬉しかったことは、このような企画をきっかけに、 多くの若い人たちが当財団に興味を持ち、活動内容を知っていただくことで、心臓病の予防に対する知識を得たのではないかと言うことです。

2月1日現在、142名の方より、総額1,420, 906円の寄附をいただきました。貴重な寄付金を有意義に活用させていただきたいと思います。

 


 

 それにしても、無記名の一般多数・・元々、突然埼玉から寄付金がどさどさと来たら驚くだろうな、という「悪意のない冗談」 がきっかけだし・・。それに、オイラは決して若くはないのだが。研究助成金を贈呈された方々の年齢がみんな俺より若い。

 さて。巻末の寄附欄、シトン企画の桁が・・やっぱり飛び抜けてるな。

 あれ、ちょっとまて・・?

静岡県静岡市の

鈴木 啓太?

ケータ、キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━(のか)!!!!

KO・U・HU・N☆

(と、これだけ煽っておいて「実は同姓同名でした」の可能性も大あり。その時は・・笑い飛ばして。お願い。)

|

« マフラー余話 | トップページ | 【現地参戦・ゼロックス杯】浦和0-4G大阪 ダイヤモンドは砕けまくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/14021685

この記事へのトラックバック一覧です: ワシントン企画~その後:

« マフラー余話 | トップページ | 【現地参戦・ゼロックス杯】浦和0-4G大阪 ダイヤモンドは砕けまくり »