« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

【オールスター】コノミチハイツカキタミチ

 楽天球宴ジャックで赤っ恥… 投票1位納得は山崎だけ

 5ポジション1位の巨人がセ首位の面目を保てば、7ポジション1位のパ5位楽天は赤っ恥。 球宴のファン投票中間発表最終回の結果だ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)


 

 内容は読んでいないけど、だいたい想像は出来た。

 「組織票」と言われるし、「楽天ファンはオールスターを何だと思っているんだ。本当にそんなチームを見たいのか」、 とも言われ、ついでに最終発表でポジションが急激に減ってれば、まさに浦和サポがオールスターに猛烈に冷淡になった一件と一致するな。

 おそらくは。どうにか最下位も脱出したし、なんと言ってもフルキャストスタジアム宮城が第2戦の会場。とくれば、マー君や山崎や、 兎にも角にもなじみのある楽天の選手をチョイスしまくった。その結果だと思うが。

  赤っ恥・・?なに、ゆうとんねん!
 オールスターのファン投票ってなんなの?人気投票じゃないの? 見たい選手の名前を書いて投票したらそれが上位になった。これに監督推薦なんかが付け加わって、メンバーが固まるんだから。 別に楽天ファンがチームのメンバーを決めている訳じゃない。

 地域密着とは、こういう事・・オールスターの場所で投票行動が変わることもおおいにありうる。(数年前のビッグスワンの時は、 これでもか、と言わんばかりに新潟の選手が登場していたな)

 

 え?オールスター?何にもやってません。なでしこのほうは、投票しておいたけど。(WESTの選手知識がボロボロで、 結局TASAKIとINACのオールスター状態で投票してもうた。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地参戦】浦和L 0-3 ベレーザ:上手なゴミ袋のかぶり方

 昔々。私がかつて、有明の盆と暮れのお祭りに参加していた頃。

 台風さえもよけさせる狂気の力も、ついに途絶えた。雨にやられた入場待ちの参加者どもが持ち出したのは、ゴミ袋。
傘を使えるほどのスペースも無し。そして。今日カッパを忘れたオレも、ゴミ袋を被るハメに。

MOCなでしこリーグ第7節 @鴻巣
浦和L 0 0-2 3 日テレ・ベレーザ
0-1
(得点者無し) '17
'36
'46

大野
オウンゴール

 先制点が全てだった・・。序盤は五分五分でいけるかな~と思ったんだけどな・・。雨が強くなってからボール回しの勢いも落ちたし、 中盤でのボール争いは全部負け。攻めても緑色のユニがわらわら~状態で、どうにもならず、よく3点で収まったな・・ と認めなくてはならない程の力負け。無念。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【BSi】清水 0-1 浦和:

ちぇ。FC東京使えん!

2007 J1 17節 日本平
清水 0 0-1 1 浦和
0-0
(なし) '24 阿部

 と言うわけで、東海シリーズ第2戦も撃破。

 出来れば達也のあれが決まって、シトンのヘッドが決まって・・たらればたられば。

 中断前ラストは磐田アウェイと、東海シリーズラスト。ポンテがいないのと、闘莉王の怪我の度合いが不安ではある。

続きを読む "【BSi】清水 0-1 浦和:"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑談】テレビはスポーツの恋人、なのか?

清水戦前に雑談申し訳ない。 GW頃になるが、「経済界」という雑誌で、 あの萩原日本テレビフットボールクラブ社長のすっげー持論が爆発してるというので読んでみた。
他サポ抱腹絶倒。

  • 放映権料・商品化権料をリーグ一括管理ではなくて、運営会社(クラブ)に渡せ。配分に競争はない。
    • えーと。Jの放映権・商品化権一括管理は、NFLを範としたもので、チケ慢性欠乏状態であることも手伝って、 全チーム黒。
  • 黒字化は無理だ。企業名が無くては媒体価値を見いだせない。川淵のバカが・・
    • 浦和は?
  • J1・J2の2部制度反対。収入は1/3、経費変わらず。
    • 世界一過酷なリーグと言われるJ2をこれ以上苦しめる気か・・?
スポーツと国力―巨人はなぜ勝てない
スポーツと国力―巨人はなぜ勝てない

大坪 正則

朝日新聞社出版局 2007-03
売り上げランキング : 28302

おすすめ平均 star
star スポーツビジネスを学ぶ入門書に最適
star コンパクトです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この本に一カ所、「テレビはスポーツの恋人」という章があり、NBAの「テレビは最も重要なパートナー」という発言を元に、 挙げ句見る権利のためなら試合時間の変更も辞さず、という論には首を捻らせていただいた。

 そして、海老沢氏のこの発言には、 膝を叩かせていただきましたとも。

アナウンサーの間の抜けた絶叫と解説者のおしゃべりだ。 彼らはそれで試合の何を伝えようとしているのだろう。どんなに人為を加えても、試合はけっしてその試合以上のものにはならない。むしろ、 人為を加えれば加えるほど、人為と現実の試合の乖離は大きくなっていくばかりだというのに。

しかし、彼らは試合に想像力と忍耐力を注ぐことはせず、 安易な人為を加えることばかり考えている。

 王子の濫造(まあ、ここでも冗談レベルで「永井王子」と書いたことはあるが)、盗聴、極度の特定選手への煽り(俺達の上野さんが、 テレ玉で)、競技への最低限の尊重無きコメンテーター等々「人為」が鼻につきだしている。最後に、

こんなことを続けていたら、スポーツばかりでなく、 いずれテレビそのものも死んでしまうということになぜ気づかないのだろう。

ときっつい事を書かれてしまったが、宜なるかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地参戦】浦和 2-0 神戸:#17

 神戸の三浦淳宏謹慎処分で出てきたのが「17」ボード。
 思えば。浦和も17には縁が大あり。レディアの背番号が17。(11人+ベンチ当時5人の16に続くという解釈。) コンパックデカユニも17。スタメン発表前の「気合い入れソング」HOUSE of Loveも、 EAST17。そしてなんと言っても。現在移籍騒動の渦中にある長谷部の背番号も17・・・。

2007 J1 16節 駒場
浦和 2 2-0 0 神戸
0-0
闘莉王
ポンテ
'38
'44
(無し)
 
 改めて思う。駒場は小さくなってしまった。ただ、どんなに浦和がでかくなろうとも、ここが聖地であることは、言うまでもない。 席はSA(年チケ融通していただきました)。目線の延長線上には・・確か10数年前、オジェックがボールを取りに走るも、 雨水に脚を取られてすっころんだあたりのトラックが。
 
 さて試合。神戸の関係者・サポーターは榎本に足を向けて寝てはならぬ。正直もう少しボコりたかった・・。
 雰囲気だが、さながら(田中)達也のソロライブ。"Cum on "SUPER TATSUYA""のパワープレー。
 
 後半の息切れが惜しいが、相馬のケガ→緊急交代が響いた、という事にしておきましょう。シトンのPKは・・モウカンベンシテ (東京ヴェルディ時代の対柏戦足し合わせて、何度外した?)。そして復活したのは、田中は田中でも闘莉王。 そういえばこれがリーグ今季初ゴールだったか。
 
 次は東海シリーズ第2弾vs清水戦・・・・長谷部の出場停止が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CS】FC東京 0-2 浦和:達也、待っていたぞ!

 チケさえあれば・・でもあの空席は一体?
 
2007 J1 15節 味スタ
FC東京 0 0-1 2 浦和
0-1
(得点者無し) '03
'65
達也
OG(ルーカス)

 A3の疲労。FC東京に最後に負けたのは何時だっけ?状態とはいえ、それだけに怖い。
・・・・と思っていたのもたったの3分で霧消。

 達也国内復活試合であっさりとゴール。嗅覚はほぼ元通り。これでチームは勇気百倍。シュート数はFC22発-浦和8発と、 数字だけでは押し込まれているように見えるけど、都築のファインセーブは一つもなし=怖いシュートが無し。宇宙開発だけは結構あった。

 それにしても。やっぱり味スタの芝生は滑る。FC東京側のフリーキックの時もキッカーが滑る。阿部も滑る。しかし一番心配なのは、 平山と競り合った挙げ句着地ミスって×印出した闘莉王・・大したこと無ければいいが。
(追記 どうやらねんざだとか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

誠に申し訳ござませんが、トラックバックを承認制とさせていただいております。
明らかな宣伝・エントリに関係のないものでない限り公開いたします。

ご迷惑をおかけします。

|

ACL組み合わせ抽選結果~

AFCオフィシャル来ました。

AFCチャンピオンズリーグ2007準々決勝組合せ (左側のチームが第1戦のホームチーム)

QF1:セパハン(IRイラン)対川崎(日本)

QF2:城南(韓国)対アル・カラマー(シリア)

QF3:アル・ワーダ(UAE)対アル・ヒラル(サウジアラビア)

QF4:浦和(日本)対全北(韓国)

 これは、盧延潤(ノ=ジュンユン)氏が

で、述べた

「(もしも浦和サポがやってきたら)ショックを受けるでしょう。 韓国のサポたちも黙ってはいられなくなる」が本当になる・・かどうか。1戦目がホームだが、シトンが出場停止(確か)だけに、 何とか勝利しておいて、少しでもアドバンテージ欲しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セル帰化とギド就任

 セルの帰化話にしっかり乗り遅れ。

 さてこれからが始まりだな・・。

 


 

 ドイツブンデスで、このたび2部降格確定のアレマニア=アーヘン。そこの新監督がギドだとか。
 しかし、オフィシャルのこの写真は、 吹くな。

 ただ、今度のブンデス2部だけど・・SCパーダーボルン07にクルプニ(クルプニコビッチ)、ホッフェンハイムにマリッチ、 ケルンにアルパイがいるという結構日本でのプレー経験有りの選手がいたりするような・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【TV】A3 城南一和天馬0-1浦和:都築様々

 まずは。後半だけとはいえ、生中継に踏み切っていただいたテレ東に感謝します。

A3 第2戦
城南一和天馬 0 0-1 1 浦和紅宝石
0-0
(なし) '39 ワシントン

 後半の失速ぶりと、終了間際の乱闘の後味の悪さと、ネネのケガが気になるが、何はともあれ海外戦初勝利。

 達也の暴走→キーパー1対1、おっしゃあ、もらったあ!追加点・・・あれ?てのはあったけど、芝が相当に長い状態では、 ドリブラーでは正直辛い。(浦和・城南共々グラウンダーがまるで上手くいっていない)

 後半の猛攻を何とかしのぎきったものの、運に助けられた面も少なくなく・・宇宙開発にバーに、 あちらのストライカー=ジョアン"モタ"ダモタネトの不調に助けられた一面もある。
(最後は大荒れ。ロスタイム5分なのに4分半で切ったのは、主審も相当に腹に据えかねたという図かも。)

 都築のPK帳消しファインセーブ。これが最大の勝因だった・・・。

 そしてなんと言っても。ノイズマイクの調子の悪い国内アウェー級の浦和チャントには勇気づけられましたとも。

 まだ肝心の中国どうし(山東vs上海)の結果が解らないので、タイトル云々は言える状態ではないけど、次の上海戦、 旧申花系と旧連合系のサポを統合させたあとの戦績が・・ちと怖い。

続きを読む "【TV】A3 城南一和天馬0-1浦和:都築様々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ 万博を赤く染める!

 前のエントリの続き。日本活動蹴球倶楽部さまの依頼、 受けましょう。

----------------------------------------------------------------------

一般発売に先立ち、下記の日程でチケットが先行発売されます。
さすがの赤い人たちも、ここには手が出せません。
と、ヤッコさんたち思っているようです!
今のうちに買ってしまいましょう!よろしくお願いします!

6/6(水)10:00~ファンクラブ先行販売(ローソンのみ8日まで)
6/9(土)11:00~16:30万博の総合案内所(当日は横浜FC戦です)

※お一人様4枚まで
※6/9万博で購入すると缶バッチプレゼント(1個/枚)
※6/9 10:00~一般販売

※浦和サポーターでブログをお持ちの方は
 タイトルと本文コピーしてご自身のブログにも登録してください!

----------------------------------------------------------------------
 実際には、私は染めることは叶いませんが・・浦和の赤い悪魔の底力において、「そうはさせない!」と言っておきますか。

  • 2003年ナビスコ杯決勝でチケット押さえまくって、新聞沙汰。
  • 2004年ナビスコ杯決勝において、FC東京サポを大量チケット難民に陥れる。
  • 同年チャンピオンシップ第1戦のチケットを押さえるために、横浜FMのファンクラブに急遽入会。 アウェーチケットを押さえまくる。

等々、チケを取ることに関しては苦労を苦労と思わない輩が大量におります。そこまで言うのなら、受けて立つ!・・ tごいう人がどれだけ出るやら。

 正直。ついにぶつかってきたか、という楽しみが出来ましたとも。甲府も後援会主導ながら、

甲府 国立を青く染めよう!

とブチあげてきた。前に川崎のJ1復帰ポスターネタをやったことがあったけど、こういう「仲良くケンカする」ネタなら大歓迎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【J.B.Antenna】こりゃ、たまげたなぁ・・(G大阪blogキャンペーン)

こういう方法もあったんだな・・いや正直驚いたなぁ・・。 Gamba_yobikake2 6/3になると同時に、7/14のナビスコ杯対浦和戦のチケの先行販売を促す、統一記事をどーんとアップした、という図か・・。 ガンバボーイまでこれに乗ってるのが、更に凄い・・いや、揶揄とか上から目線とかではなくて、正直に「こういう方法もありかぁ~」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【現地観戦】東京V 0-1 愛媛:MOMはゴール枠

このままでは、本当に浦和系なのか不思議がられても文句が言えないので、このへんで。

2007 J2 第19節 @味スタ
東京V 0 0-0 1 愛媛
0-1
(得点者無し) '49 青野

 広い・・。思えば、前に飛田給行ったのが11/ 26、対FC東京戦。あの時は優勝決定するか試合&ホーム側チケット持った「明らかな浦和サポ」をアウエーに流したおかげで、 大混雑(41,528人だったな、あの試合は。今日は、4,885人

 いよいよ心配なのが、東京V。いや、選手ではなくて、G裏の看板の枚数(上の写真でも、 所々歯抜け状態になってることがお解りでしょうか?)と、マッチデーの紙の枚数(紙一枚2折り。昨年は8Pの冊子体だったのに)。

 実は見事に遅刻気味で、手伝いも出来ずに何とか千羽鶴を何とか折る。とても鶴には見えないのがナサケナや。鶴折り特設ブース (G裏にてレジャーシート上でとりまとめしていました)で、誰かの携帯電話の呼び出し音が。

♪(←ファーストインプレッション)
「何で、ここでファーストインプレッションが?」
「何でそれが、ファーストインプレッションだと解る?」
(お節介な注記:浦和の入場時BGMのタイトル。)


 さて、肝心の試合。判断材料はこの試合だけなので、悪しからず。
 フッキ怖い、ディエゴそれなりに怖い、バウル&富沢堅い、服部時々消えてた、名波全く消えてた。

 と言っても、愛媛側も4バックで必死で守るが、連携は上手くいかず。それ以上だったのが、味スタの芝の状態! スカパー!の解説によれば(実況は、俺達の上野さん)、「目が詰みすぎ」とのことだけど、とにかく転ける、コケる。鏡か?あのピッチは?
  いや、これがアウェーチーム不利にさせるべく、わざと、というんならともかく、後で書くけどホーム=ヴェルディの選手まで滑るって、 どういう事?スパイク(のポイント)のチョイスを完全に間違えたな・・。

  • 愛媛GK佐藤のキックが(軸ぶれからか)そのままラインを割るわ、果てはヴェルディ側にパスするわ。
    (廣山へ渡って1対1は、攻めてくるのこっちだけに焦りましたよ・・正直。)
  • やっべー!フッキに抜けられた~1対1だぁ~!と次の瞬間、フッキが芝で滑って事なきを得る。
  • 挙げ句選手にブレーキがかからず、東京V選手同士がぶつかって、挙げ句ノイズマイクに「いてぇ!」と拾われる。
    (一番凄かったのは、愛媛監督のもっちーさん(望月監督)の檄。声ノイズマイクにガンガンと入ってきてた。 大熊コーチとどっちが凄いだろうか・・?)

 そしてなんと言っても!東京ヴェルディの攻撃を間一髪ではね返したのは、ゴール枠。3発ははね返したな。

 後半早々の青野ミドル。あれが、愛媛唯一と言っても良いチャンスだったかも。キーパー動けずのナイスゴール。大山投入で追加点か・・ とは上手くいかず、オマケに愛媛GK佐藤のケガが不安。(脚を捻ったらしく、その治療のおかげでロスタイム6分という凄い表示を見た。)

 それにしても。変わって入ったGK羽田の声援の凄まじいこと。経歴を今見たら、「愛媛をJにあげるために」 移籍したような履歴で(実際は知らないけど)、しかも愛媛県出身とあっては。
(野人投入の時の駒場の雰囲気に近い、と言えば解るかなと)

 勝利の挨拶。菅沼に抜けられたり、戦力の取り替えが激しかったりしたおかげで、正直去年のようなチームではなかったけど、 これもあり。

続きを読む "【現地観戦】東京V 0-1 愛媛:MOMはゴール枠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地府中

現在地府中 乗換えないと、「飛田給とまんねー!!」に、なってまうからな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・【愛媛】ちっしーの大怪我と千羽鶴プロジェクト(続々・以下略)

 6/2 13:00キックオフ 東京ヴェルディvs愛媛FC。愛媛サポートクラブさまの斡旋による事前割引販売は約300枚の予約があったそうで、 なにより。

 そして、千島早期回復千羽鶴プロジェクトですが、愛媛サポートクラブさまも行うそうで、 先述のDiablo Rojoさまのプロジェクトと合わせて、私からもお願いいたします。

↑Diablo Rojoさまのプロジェクトエントリにリンクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »