« All Come Together! 2007 | トップページ | 【ACL SF 2nd 予告】Knocking on Heaven's Door! »

【BSi】千葉 2-4 浦和:鬼門粉砕、あるいは、決めるときに決められないときの、バチ

 危なかった。
 千葉に4-3で逆転されてもおかしくなかった。
 大虐殺も可能だったかもしれないが。

J1 07 29節
ジェフ市原・千葉 2 0-2 4 浦和レッズ
2-2



レイナウド
羽生直剛

'28
'38
'49
'59
'77
'89
ワシントン
ワシントン
ポンテ


田中達也

 3-0の後の、啓太の大外し&達也のポスト直撃と、「おーし!もらったぁ!!」なチャンスを潰しては、ワンガリ・ マータイさんならずとも、モッタイナイというしかあるまいて。

 とにかく収穫は勝ち点3だけど、シトンのケガの程度やエーコの試合への入りが上手くいっていなかったことや、 暢久の不調が続いていることや、都築・暢久まで累積出場停止へのリーチがかかったことや。

(ここまでの累計)
 闘莉王・暢久・堀之内・シトン・都築=3枚
 ポンテ=7枚


 

 言いたい放題言ったけど、今までG大阪先勝→プレッシャー→浦和勝つ、の、図式が、今節は逆転。プレッシャーを与えるのに成功、か。

|

« All Come Together! 2007 | トップページ | 【ACL SF 2nd 予告】Knocking on Heaven's Door! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9446/16821086

この記事へのトラックバック一覧です: 【BSi】千葉 2-4 浦和:鬼門粉砕、あるいは、決めるときに決められないときの、バチ:

« All Come Together! 2007 | トップページ | 【ACL SF 2nd 予告】Knocking on Heaven's Door! »